あなたの素肌の美しさをさらに引き出す 無添加美容法 素肌美メソッド ― 素肌美ストレッチ ―

化粧水をなじませた後、フェイシャル ストレッチジェルを使い、
皮膚と筋肉をやわらかくほぐし、血行を促進する美容法です。
肌のターンオーバーを整え、くすみ、むくみをオフ。フェイスラインをすっきり整えます。

素肌美ストレッチのポイント
・上方向へ動かすときは、気持ち良いと思える程度に力を入れて行い、
 下方向へ動かす時や、目の周りは力を入れずに行います。
・顔のイラストに印がついているところは、軽く力を入れて押すところ、
 上向き矢印は、矢印の方向に向かって引き上げるところです。
・1〜8までの全ステップを2〜3分を目安に行ってください。

[使用順序] メイク落とし ⇒ 洗顔料 ⇒ 化粧液 ⇒ フェイシャルストレッチジェル ⇒ エッセンス ⇒ 乳液・クリーム

−メソッドの前に− なじませる

化粧液で肌を整えた後、清潔な手のひらに適量出し、顔全体にやさしくなじませてから、素肌美ストレッチ1〜5を行ってください。

手のひらに5プッシュ出し、顔全体にやさしくなじませます。

1.額のシワを伸ばす


  • 右のこめかみを右手の中指で3〜5秒間押し、軽く引き上げて目尻を伸ばします。

  • 両手の人差し指、中指、薬指の腹を交互に使い、@〜Eの順に額を下から上にさすりながら移動します。

*一連の動作を左からも同様に行います。

2.目元のシワ、たるみを伸ばす


  • 眉頭の下のくぼみに中指を当て、軽く引き上げるように押します。


  • 眉の上を左右同時に通り、こめかみを軽く押し、引き上げます。

  • 指の力を抜きこめかみから目の下を通って、目頭を軽く押します。

*一連の動作を2回繰り返します。

3.鼻筋を整え、小鼻をひきしめる


  • 額に人差し指、中指、薬指を置き、鼻筋に向かってなでおろし、左右の手で交互に6回行います。

  • 中指の腹で小鼻の両脇を軽く押さえ、そのまま鼻先に向かって6回押し出します。

4.口角を引き上げる


  • 唇と鼻の間に中指と薬指を唇と平行に置き、ほお骨の下に向かって引き上げ、左右のほお骨の中央を中指でやや強めに押します。

  • 唇の下からも同様に行います。

*一連の動作を2回繰り返します。

5.頬のたるみを引き上げる


  • あごの先に中指と薬指を置き、指の腹を密着させながら、耳の下まで筋肉を持ち上げるようにすべらせます。

  • 口角から耳の横までと小鼻の横からこめかみも同様に行い、最後にこめかみを3〜5秒間押します。

*一連の動作を2回繰り返します。

メソッド6〜8の前に−さらになじませる

手のひらに5プッシュ出し、首からデコルテにかけてやさしくなじませます。
(量が多い場合は部位に合わせて調整してください。)

6.首のシワを伸ばす


  • あごを上げて片方の中指で耳の下を押します。両手で交互に6回引き上げながら反対側へ移動し、耳の下を押します。逆方向へも同様に行います。

  • 両耳の後ろに小指の側面を置き、首の側面を鎖骨に向かって強めにゆっくりすべらせます。この動作を2回繰り返します。

7.あごをシャープに


  • 右耳の下の右手の人差し指の側面をあてて、あごの下から上へ10回軽くたたきあげながら右に移動します。
    右から左へも同様に行います。

8.フェイスラインを引き上げる


  • 手のひら全体でフェイスラインを包み込み、こめかみに向かって引き上げて、上をむきます。そのまま、こめかみのくぼみを5秒間押し、この動作を2回繰り返して終了です。

その後、エッセンスを使用し、最後に乳液またはクリームでうるおいを閉じ込めてください。

おすすめアイテム

■こんな場合は「素肌美ストレッチ」をお休みしましょう。
食後2時間以内/肌状態が敏感な場合/発熱や痛みを伴う箇所がある場合/骨折などケガをしている場合/内臓に疾患 がある場合/感染症にかかっている場合/妊娠中の場合

前のページへ戻る

化粧品トップへ戻る



このページの先頭へ戻る