全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

間違ったやり方ではニキビが増える・・・効果的なクレンジング方法とは?

朝晩きちんと洗顔して、夜はしっかりクレンジングでメイクを落としているつもりなのに、いつまでもニキビが治らない・・・そんな悩みの原因は、もしかしたらクレンジングのせいかもしれません。お肌へのやさしさときちんとしたメイク落としを両立させるクレンジングや気をつけたいポイントをお伝えします。

メイクはしっかり落としているのに、ニキビが治らない

ニキビにとってメイクは良くないとわかっているから、クレンジングはしっかり行っているつもり。それなのに、ニキビが増えたり、大きくなったりしていませんか?また、フェイスラインから耳前あたりにかけてだけ、ニキビがひどくなっていたり、小鼻の脇を中心に角栓ができてしまったり・・・・・・間違ったクレンジングをしていると、メイクを落としきれずにニキビを悪化させてしまうことがあります。心当たりがあるなら、クレンジング方法を一度見直してみましょう。

ニキビを悪化させないために、効果的なクレンジング

それでは、ニキビ改善に効果的なクレンジングを考えていきましょう。皮脂腺に老廃物や汚れが詰まることで、皮脂の分泌が妨げられるのがニキビの状態。時には炎症を起こしていることもあります。また、本来、皮膚表面に分泌されるはずの皮脂が皮下に留まっていることから、皮膚表面は乾燥しやすい敏感な状態になっています。そのため、ニキビ改善に効果的なクレンジングは、こするなど物理的な刺激を与えずメイク料を溶かし、肌に残さず洗い落とすことが大切です。

また、皮脂腺や毛穴に入り込んだメイクを落とそうと、クレンジング料をすり込むように使う方がいますが、ニキビ跡を作らないためにも避けた方がよいです。肌に刺激を与えず確実にメイクを落とすには、十分な量のクレンジング料を「なじませる」ことが大切です。その後ダブル洗顔をしますが、この時、うつむいて洗顔することで、フェイスラインはすすぎ残しをしやすくなります。この周辺にニキビができやすい人は、すすぎをていねいに行うようにしましょう。

そして、メイク落としのすべての手順は、できるだけ手早く、確実に行なうことが大切です。クレンジングに時間がかかるほど、肌が刺激を受ける時間が長くなり、ニキビを悪化させてしまうことがあります。

ニキビのあるお肌にやさしいクレンジングとは

「肌にやさしくダブル洗顔不要」と思って使ったクレンジング料なのに、なんだかニキビがひどくなった・・・そんな経験はありませんか?メイクをきちんと落とせないクレンジング料は、決して肌にやさしくありません。クレンジングとしてしっかりメイクを落とせるものは、十分な質と量のオイルを配合しています。また、「オイルフリー」となっていても、オイルより刺激の強いエタノール(アルコール)が配合されている場合もありますので、注意が必要です。

また、「落ちないメイク」のために使われている鉱物油が、クレンジング料にも配合されていることがあります。ミネラルオイルが主成分のクレンジングでは、ダブル洗顔時に洗顔料や石鹸で落としにくいものがあり、肌に残って皮脂腺をふさいでしまうこともあります。「ダブル洗顔したのに、すっきりしない」「石鹸で洗い流したのに、べたつく」と感じる時は、鉱物油が使われていないかどうかチェックしてみましょう。

ニキビ肌は刺激に敏感。こすらずやさしくしっかりとメイクを落とすことが大切です。刺激が少なくきちんとメイクを落とせるクレンジング料で、ダブル洗顔をするのが効果的といえるでしょう。ファンケルのマイルドクレンジングオイルなら、メイクにそっとなじませるだけで汚れが浮き上がるので、ニキビ肌をこすらず手早くメイク落としができます。また、鉱物油(ミネラルオイル)不使用で、ダブル洗顔できちんとすすいだあとは肌に残りません。また、エタノール(アルコール)も配合されていないので、皮膚の水分を過剰に奪うことなく、ハードなメイクもしっかり落とせる、頼りになるクレンジングオイルなのです。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

ファンケル特集コラム