全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

どうやってクレンジングしてる?日焼け止めの正しい落とし方

シミやそばかす、肌の老化を招く紫外線は女性の大敵です。そんな紫外線から肌を守ってくれる日焼け止めは頼もしい味方ですが、実は肌にあまり良くない成分も含まれているのです。そのためクレンジングで落ち切らず肌に残ったままになっていると、肌荒れを引き起こしたり、毛穴が詰まりニキビや黒ずみの原因になることもあります。すっきりきれいに落とすケア方法とは?

日焼け止めはいつ落とすのがいいの?

強烈な日差しから肌を守る日焼け止め。上手に利用するためには、朝に塗った日焼け止めを「いつ落とすか」ということが重要なポイントです。しっかり塗った日焼け止めも必要なくなったら汚れと同じです。塗っている時間が長ければ長いほど肌に負担となり、ニキビや吹き出物の原因になってしまいます。家に帰ったらできるだけすぐ、日焼け止めを落としましょう。

日焼け止めの正しいクレンジングの仕方は?

日焼け止めには、落とし方の表示があります。石鹸で落とせるもの、クレンジングが必要なものが表示されているので、まずは表示を確認しましょう。一般的にはSPF値の低い日焼け止めであれば、洗顔料などを泡立てて、こすらないようになじませて洗い流すだけでOKです。値の高いものや、ウォータープルーフタイプは耐久性に優れ、肌への密着度も高いため、普通の石鹸や洗顔フォームなどの水性の洗顔料で洗っただけでは落としきれません。専用クレンジング料やクレンジング力の強いオイルクレンジングをたっぷり手にとり、ゆっくりと日焼け止めとなじませた後、落とします。落ちないからといってゴシゴシこすらず、丁寧に優しくなでるように落としてあげましょう。そして、その後は洗顔を行います。石けんなどが残らないようにすすぎもしっかり行ってください。

日焼け止めのクレンジングで注意すべきポイントは?

【ゴシゴシ洗いはNG】
強い力でゴシゴシと摩擦をかけてしまってはいけません。肌表面に、刺激を与えないためにも優しく丁寧に洗いましょう。とくに体はゴシゴシ洗う習慣がある人が多いようです。ボディタオルやスポンジで力が入りすぎてしまう場合には手で優しく洗うといいでしょう。物足りなく感じるかもしれませんが、日焼け止めは、力を入れれば落ちるというわけではありません。

【見落としがちな部分に気を付ける】
小鼻周り・フェイスラインは見落としやすい部分のため、意識してクレンジングや洗顔を行うようにしましょう。

【保湿ケアをしっかりと行う】
日焼け止めは低刺激のものでも、肌への乾燥を招きます。クレンジング後は、顔も体も必ず保湿を行うようにしましょう。顔は保湿成分を含む化粧水、乳液を使用することをオススメします。体もボディローションやクリームを使用し保湿しましょう。

日焼け止めを落とすのに向いているクレンジング料のタイプは?

各メーカー製品によって異なるので、必ずパッケージの表示を確認しましょう。指定がなければ、洗浄力が強いオイルタイプのクレンジング料が良いでしょう。とくにウォータープルーフなど落ちにくい処方の日焼け止めは、ある程度の洗浄力があるオイルクレンジングを使用することをおすすめします。日焼け止めは低刺激のものでも肌に負担をかけ、乾燥を招いてしまうので、うるおいを残して洗い上げるタイプのクレンジングは、夏の必需品です。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

ファンケル特集コラム