全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

今こそ知りたい、肌がキレイになるクレンジングとは?

「メイク落とさないで、すぐ寝たい・・・」そんなふうに思うこと、ありますよね。でも、もうちょっとだけがんばって、メイクはしっかり落としてから休みたいもの。なぜなら、クレンジングにはお肌を清潔にし、健康に導く役割があるからなのです。今回は改めてクレンジングの大切さをお伝えします。

洗顔料だけではだめ? クレンジングの意味と役割

クレンジングの基本的な役割は、メイクをしっかり落とすこと。しかし、崩れにくいメイクほど落ちにくいため、洗顔料や石鹸だけではなかなか落としきれません。そこで、化粧品に含まれている油分と、クレンジング料に含まれている油分やアルコールをなじませることで、メイクを落ちやすい状態にします。その後、メイクや汚れを含んだクレンジング料を取り去ることで肌を清潔にするのが、クレンジングをする目的なのです。

また、肌をざらつかせる角栓やニキビの皮脂詰まり、雑菌による炎症は、清潔な肌であればこそ防げるもの。汚れや古い角層を取り去って肌の新陳代謝が正しく行われるように整え、肌の健康を守るのも、クレンジングの大切な役割なのです。

クレンジングオイルの意味とは?クリーム、オイル、ミルクなど、クレンジングの種類を知りたい

「クレンジング」という言葉には「洗浄する」という意味があります。化粧品の場合、クレンジング〇〇と表示されていたら、〇〇の部分には汚れを落としたり、使用感を高めたりするために配合されている主な素材や質感が示されています。例えば「クレンジングオイル」なら、「素材としてオイルを使っています」ということになりますね。

一口に「クレンジング料」といっても、その主な素材にはいくつか種類があります。
代表的なものを見ていきましょう。

・オイル
そのほとんどが油分でできているため、ファンデーションはもちろんマスカラなどポイントメイクまで、しっかりと落とすことができます。

・クリーム
油分が多く、メイクになじみやすい性質で、いろいろなメイクを幅広く落とすことができます。その分、肌に残りやすいので、ダブル洗顔をしないとべたつきが残りがちです。

・ミルク
油分は控えめなものが多いようですが、それだけに製品によっては、ハードなメイクまで落としきれないものもあるようです。

・ローションリキッドやシートタイプ
水のようにサッパリとした感触のため「お肌にやさしい」と思われがちですが、実はエタノールが含まれていることも多く、洗浄力や刺激が強い製品もあります。

クレンジングできれいになるために必要なこと

クレンジングの目的と、素材による洗浄力の違いがわかったところで、きれいになるためのクレンジングについて考えてみましょう。

クレンジングは、メイクや汚れをしっかりと落とし、お肌を荒らさないことが大切です。お肌は決してこすらずに、クレンジング料をやさしくなじませましょう。ファンケルのオイルクレンジングなら、ミルクやリキッドのようなさっぱりとした使用感でありながら、洗浄力は十分。アルコールのようにピリッとした刺激もなく、そっとなじませるだけでアイメイクもきれいに落とせます。

クレンジング料を使ったあとは、洗顔料や石鹸で洗い流すダブル洗顔を行いましょう。清潔になった肌をいたわるように基礎のお手入れをして休めば、寝ている間に肌の新陳代謝が進んで、きれいなお肌に近づきますよ。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

ファンケル特集コラム