全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

肌荒れや乾燥肌の人必見!気をつけるべきクレンジングのポイント

クレンジングをした後、肌が乾燥すると思ったことありませんか? 乾燥肌を放置すると、肌が刺激に対して敏感になり、赤みや肌荒れなどの症状をもたらすこともあります。乾燥肌を悪化させないためには、クレンジングを見直すことが大切です。では、一体どんなことに気をつければいいのでしょうか?

洗顔やクレンジングで肌が乾燥してしまう原因は?

最大の原因になるのが「こすり過ぎ」です。クレンジングや洗顔時に、指が肌に触れた状態で何度もクルクルと撫でまわしたりしていませんか? こすりすぎによる刺激は、角質層を傷つけて肌の保水能力を低下させるだけではなく、シミを発生させてしまうこともあります。また「洗い過ぎ」も、乾燥を引き起こす大きな原因と考えられています。洗浄力の強すぎるクレンジング料を使ったり、1日に何度も洗顔すると、乾燥から守るための皮脂まで洗い落とし、肌バリアが弱くなり、皮膚内部からの水分の蒸発を促してしまいます。そのような無防備な状態で、乾燥した空気や紫外線、化粧品の添加物にさらされることは肌にとっては大きな負担になります。

乾燥肌に悩んでいる人が選ぶべきクレンジングは?

乾燥肌の人は、「刺激」が少ないタイプのクレンジングを選ぶべきです。オイルタイプのクレンジング料は洗浄力が高いのが魅力ですが、肌を保護する皮脂を必要以上に洗い流してしまう界面活性料入りのものが多く、一般的には乾燥肌には合わないと考えられています。メイク落としは、必要な皮脂を奪いすぎてしまわないためにも、できるだけ短時間で行うのが大きなポイント! 肌に優しく、それでいてサッとメイクを落とせるファンケルの「マイルドクレンジングオイル」は、石油系界面活性料を一切使用していないので、乾燥や肌荒れが気になる人も安心して使えますよ。

クレンジングで気をつけるポイントは?

乾燥肌を悪化させないためには「こすらないでメイクを落とすこと」もとても重要です。ミルクやローションなど肌に優しいタイプのクレンジング料は刺激が少なく、洗浄力があまり高くないので、なかなかメイクが落ちず、肌をこすって角質層を傷つけてしまいがちです。また、洗い流す際のお湯の温度も実はとっても大切。何を隠そう、水で顔を洗うよりもお湯で洗い流すほうが何倍も肌表面の水分を蒸発させてしまうのです。ぬるま湯で洗顔すれば、お肌への刺激も少なく、毛穴の汚れもしっかり浮き出してくれますよ。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

ファンケル特集コラム