ファンデーションのタイプ別 簡単キレイ!基本のベースメイク テクニック

肌の悩みを隠そうとすると、厚塗りになってしまいがちなベースメイク。カバー力があるのにナチュラルに仕上がるファンケルのベースメイクで、つややかで澄んだ肌に仕上げましょう!
固形ファンデーション編 「パウダーファンデーション ブライトアップUV」でつくる するりとしたなめらかさが心地よい、明るくつややかなシルキー肌
液状ファンデーション編

STEP1 メイク下地 ヨレやくすみを防ぐ「スキンケアベース ブライトアップUV」で、ワントーン明るい肌への下地づくり。

中指と薬指の全体を使い、顔の内側から外側へ向けて放射線状に薄くのばしていきます。額は中心から左右に向けてのばし、フェイスラインに沿って薄くなるように広げます。上から下へ鼻筋と小鼻の部分にものばします。

皮脂が気になる小鼻まわりは、指の腹でトントンとなじませて密着させておくと、もちが高まります。
まぶたの上や目の下のキワも忘れずに。目元の皮膚はとても薄くシワになりやすいため、ごく少量を薬指でやさしくなじませましょう。

気になる悩みに プラス コンシーラーテクニック

シミ、ほくろなど部分的にカバー スポッツカバーコンシーラー

ピンポイントで気になる部分には、ブライトケア成分配合の「スポッツカバーコンシーラー」を。カバーしたい部分よりやや広めにつけて、指先で輪郭をトントンとやさしくたたきながら、まわりの肌になじませます。

クマやくすみなど広範囲をカバー スティックコンシーラー

広い範囲をカバーしたい場合は、目元のケア成分も配合された「スティックコンシーラー」を。5mmほど繰り出し、気になる部分に少量塗ります。やさしく薬指でトントンとぼかしながらなじませましょう。

STEP2 ファンデーション 粉っぽくならずにきれいになじむ「パウダーファンデーション ブライトアップUV」で、イキイキとした輝きを。

頬の広い部分から、軽いタッチで放射線状にすべらせ、次に口のまわりにむかってのばします。額は、中心から左右にのばし、次にフェイスラインに沿ってぼかしていきます。最後に、上から下へ鼻筋と小鼻の部分にのばします。

ヨレやすい小鼻など細かい部分は、パフを折り曲げてトントンと押さえるようにして、ていねいにファンデーションを密着させます。

厚塗りになるとヨレやシワになりやすいまぶたと目の下は、パフに残ったファンデーションで軽く押さえる程度に。

最後に、パフの使っていない面で首筋や生え際をぼかしましょう。フェイスラインをていねいにぼかすと、ナチュラルな仕上がりになります。

素肌そのものまで美しく見える、カバー力と軽やかさを備えた くずれ知らずのツヤ肌が完成!

ワントーン明るい、
つややかなシルキー肌に。
紫外線ストレスから肌を守り、
テカリやヨレのない透明感の
ある肌が一日中続きます。

  • 液状ファンデーション編

使用したアイテムはこちら!

スキンケアベース ブライトアップUV

紫外線から肌を守る、みずみずしい使用感のリキッド状メイク下地。

1,749円(税込)

パウダーファンデーション ブライトアップUV [レフィル]

なめらかなパウダーで、明るくスベスベなキメ美肌へ。紫外線もカット。

2,623円(税込)

肌悩みに応じてプラスするコンシーラー

スポッツカバーコンシーラー

シミ・ニキビ跡をピンポイントでカバー。ブライトニングケア成分も配合。

1,944円(税込)

スティックコンシーラー[レフィル]

広範囲のクマ・くすみなどをなめらかにカバー。目元のケア成分も配合。

1,296円(税込)

前のページへ戻る

化粧品トップへ戻る



このページの先頭へ戻る