0点 合計 0円 (税込)

カートの中を見る

カートを閉じる

ログイン

商品番号からご注文

エイジング悩みから美肌を守るために 満足のいくハリツヤ肌のカギ

シワ・たるみは年齢のせいとあきらめていませんか?
ファンケルは女性ホルモン「エストロゲン」と美肌の関係に着目。肌に運ばれてきたエストロゲンをキャッチする「エストロゲン受容体」へのアプローチが、ハリツヤを生み出すカギとなることを見出しました。
そして、「エストロゲン受容体」が美肌スイッチを入れるのをサポートをするのが新成分「ローズリッチプラセンタ」です。

シワは40代から急激に深くなる!

40歳を過ぎると、真皮内でハリを保つ働きをしているコラーゲンが、硬くなったり細くなったり、もろくなったりと質がぐっと低下します。すると肌は弾力を失い、シワも深くなってしまうのです。
右のグラフのように40歳を過ぎたあたりがターニングポイントであり、個人差が広がることがわかります。

シワの深さと年齢との関係

その理由は、肌の奥で老化したコラーゲンが蓄積しているから

年齢を重ねると、古くなったコラーゲンを捨てる力が低下。古いコラーゲンが残っていると新しいコラーゲンを産み出せないので、コラーゲン全体の質が低下してしまいます。これが、シワ・たるみの原因となるのです。エイジング悩みを忘れる肌への第一歩は、古いコラーゲンを捨てる力を高め、コラーゲンの巡りを促すことです。

年齢とコラーゲン量の関係

加齢とともに、新鮮なコラーゲンが減少し、古いコラーゲンが増加します。

コラーゲンの巡りと肌内部の状態 コラーゲンが溜まった肌

古いコラーゲンが排出されず溜まっているから新しいコラーゲンが産み出されにくい。

新しいコラーゲン コラーゲンの巡りが良い肌 古いコラーゲン

古いコラーゲンがスムーズに捨てられ、新しいコラーゲンで肌内部が満たされています。

肌をいつも新鮮なコラーゲンで満たすためには、古いコラーゲンを捨て、新しいコラーゲンを産み出すことが大切です。

カギとなる「エストロゲン受容体」に着目

古いコラーゲンを捨てることが大切と考えたファンケルは、「エストロゲン受容体」の重要性に着目しました。美肌に大きく影響する女性ホルモン「エストロゲン」は卵巣で生成され、血液で全身に運ばれ肌に届きます。そして肌の中にある「エストロゲン受容体」と結合することで、はじめて肌機能のスイッチが入り、ハリツヤを産み出すのです。だから、ハリツヤ肌のためには、「エストロゲン受容体」へアプローチすることが大切なのです。

  • 「エストロゲン受容体」の働き
  • 「エストロゲン受容体」と「捨てる力」「エストロゲン受容体」は、コラーゲンの産生機能を活性化する。

[エストロゲン受容体]にアプローチする注目の独自成分 ローズリッチプラセンタ

「ローズリッチプラセンタ」は希少なダマスクスローズの胎座(人間でいう胎盤)と花びらから抽出される成分。アミノ酸や糖類などの栄養を多く含み、「エストロゲン受容体」にアプローチする効果が期待できます。また、肌老化の原因となる紫外線等のストレスから肌を守るという、ファンケル独自の画期的な働きを実現しました。

水に挿しただけのバラは10日後にしおれてしまったが、女性ホルモンも加えたバラは元気な状態をキープ。女性ホルモンには、生命や美しさを保つ働きがあることがわかる。

肌が傷を修復するメカニズムに着目 美容液(BC ビューティ コンセントレート)のアイテム機能

ファンケルは、「細胞活性化タンパク」が加齢によって減少するということを発見。
このタンパクに関わることが期待される「ビタミンB2リッチ酵母」を新たに開発しました。

ビタミンB2リッチ酵母

「細胞活性化タンパク〈IL-1RA〉」は、傷が治るときに増加し、その修復を促進するタンパク。そのタンパクに関わることが期待される「ビタミンB2リッチ酵母」は、コラーゲンを効率的に増やします。

I 型コラーゲン量比

無添加の重要性を再認識

防腐剤は「エストロゲン受容体」にもダメージを与えることがわかったため、無添加であることの重要性が改めて明らかになりました。しかも、防腐剤はハリの低下とも密接な関係が…

肌ストレス成分(防腐剤)を添加するとハリが低下

  • 防腐剤無添加 キュッとハリが生まれる肌ストレスがないと肌の細胞が元気でコラーゲンがキュッと引きしまっている。
  • 防腐剤配合 ゆるんでハリが保てない肌ストレスがかかると細胞がダメージを受け、コラーゲンを引きしめる力が低下。

*写真・イラストはイメージです。データはすべてファンケル総合研究所調べ。

無添加

*ファンケルの無添加:防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使っていません。