遺伝子とは

身体の設計図

遺伝子情報は、A(アデニン)、G(グアニン)、C(シトシン)、T(チミン)のたった4つの塩基配列で記録されており、30億の対になっています。この配列が基データとなり、たんぱく質がつくられます。このたんぱく質が、筋肉、骨、臓器などの材料となり、人体を構成しています。

遺伝子 たんぱく質 ヒト

遺伝子は両親由来

身体の設計図である遺伝子は、あなたの身体をつくる基データとして細胞の中に保存されています。基本的に遺伝子は、両親から1つずつ受け継ぎます。

AA 父親の遺伝子 aa 母親の遺伝子 Aa あなたの遺伝子

遺伝子多型(SNPスニップ)が違いを生む

人間の設計図(遺伝子の配列)は、99.9%が同じですが、残りの0.1%が個人の違いを生んでいます。この違いを遺伝子多型(SNP)といい、本検査ではこの違いを調べます。
人間の身体の中には約1000万種の遺伝子多型(SNP)があり、ごく僅かな違いの集まりにより、目・髪・皮膚の色、体格の大きさ等の個人差を生んでいます。
人間とチンパンジーでも、98%以上の遺伝子は同じですので、小さな違いの集まりが大きな違いを生んでいることがよくわかります。

僅かな違い(SNP)

→↓

SNPが個人差を生む