全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

発芽玄米と玄米を比較してみました。味や栄養価、お好みで選ぼう。

わずかな発芽が玄米よりおいしくさせる、なんていわれている発芽玄米。栄養価についてもさぐってみました。

発芽玄米と玄米、何が違う?

あなたは今日、どんなお米を食べましたか?今、一般的に食卓に並んでいるのは白米と呼ばれる白いお米です。実は白米が食卓の主流になったのは比較的最近の事、江戸時代の中期以降と言われています。ではそれまでは何を食べていたのかというと、実はそれまでは玄米食が当たり前でした。現代でも栄養や健康の為に玄米を食べている人は多くいます。そして新しいお米として注目されているのが、わずかに発芽させた玄米、「発芽玄米」なのです。

では、白米と玄米、そして玄米と発芽玄米は一体どのように異なるのでしょうか?何となく食べているお米について改めて違いについて説明していきましょう。まず、お米は稲穂を刈り入れるところから始まります。その稲穂から取り出したものを籾(もみ)と呼び、これを乾燥させ硬い籾殻を取り除いたものがお米です。一般的にはこれを玄米と呼んでいます。これを精米し、糠(ぬか)を取り除いたものを白米と呼んでいます。

では発芽玄米というのはどのようなものでしょうか?発芽玄米はわずかに0.5〜1oくらい発芽させた玄米の事。このわずかな発芽が普通の玄米や白米と大きな違いを生むのです。

発芽玄米と玄米の栄養価の違いは?

発芽玄米と玄米では一体何が異なるのでしょうか?大きな違いでいえば、まずは炊きあがりの際の味が大きく変わります。発芽玄米はこのほんのわずかな発芽があることにより、玄米食の難点のひとつであった硬さが減り、柔らかくもちもちとした食感になります。

そして何よりも顕著なのは栄養価です。発芽玄米で顕著に増加するのがGABA(ギャバ)です。GABA(ギャバ)は脳や脊髄で抑制性の神経伝達物質として働いています。リラックス効果があると言われています。その他、発芽玄米が優れている栄養素としてイノシトール、フェルラ酸、トコトリエノール、カリウム、マグネシウム、オリザノール、食物繊維などが玄米と比べて発芽玄米が優れている栄養素と言われています。

つくるのがちょっと面倒な酵素玄米と発芽玄米とは?酵素玄米の作り方

発芽玄米とともに最近注目されているのが「酵素玄米」です。酵素ダイエットや酵素ドリンク、植物酵素など「酵素」というキーワードで販売されている商品は多々ありますが、酵素玄米というのは具体的には、玄米を小豆と少量の塩で炊き、3日ほど保温しておいてから食べるものです。3日間保温することから別名、「寝かせ玄米」とも言われています。3日間置いておく理由は、何日も置くことによって玄米から水分が抜けて均一になりもちもちの食感が得られるためです。

実は発芽玄米や普通の玄米が体に良いと分かっていながらも、白米と比べると水が浸透しづらくパサつきやすいため苦手と思っている人も多くいます。そんな人でも食べやすいのが何を隠そうこの3日置いた酵素玄米なのです。ではその酵素玄米、一体どのようにして作れば良いのでしょうか?実は以下の要領で自分でも簡単に作ることができます。

必要なものは玄米4合、小豆50g、天日塩3g。玄米と小豆を軽く洗い3時間〜半日水につけておきます。その後玄米と水を600ml、天日塩、小豆を加えて均一になるまで混ぜ合わせます。それを炊飯器に移し炊きます。そしてここからが重要なのですが、炊飯器を保温にしたまま1日1回かき混ぜ、3日目から食べ始めます。炊きあがり1日目は薄いピンク色を呈していますが、3日目にはかなり濃くなります。食感も日にちが経つにつれてもちもち感がアップしもち米のようになります。便秘の解消や、免疫力のアップ、という効果も見られたそうです。酵素玄米は体力の低下する夏場でも、風邪の引きやすくなる冬場でも、発芽玄米の高い栄養価をさらにグレードアップし、あなたの健康を支えることになるでしょう。

玄米がわずかに発芽した発芽玄米は、高い栄養価が魅力です。さらに、わずかな発芽があることで、玄米食の難点だった硬さが減り、食べやすい点もおすすめの理由です。また、玄米を小豆と少量の塩で炊き、3日ほど保温してから食べる酵素玄米は、もちもちとした食感が楽しめます。それぞれの違いを理解して、自分の好みを見つけてみるのもいいものです。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

ファンケル特集コラム