あなたの肌をもっちりハリ肌へ導くファンケル独自の成分「対話型コラーゲン」とは?

コラーゲンは年齢と共に減少。

コラーゲンは肌の中でスプリングのような役目を果たし、ハリ・弾力の決め手となっています。しかし35歳を過ぎた頃から急速に減少。これが、肌のハリが失われる原因になっています。

図:年齢とコラーゲン量の関係 ファンケル総合研究所調べ

肌のコラーゲンは約30種類!

一口に肌のコラーゲンといっても、その種類は約30ほど。中でも95%を占めているのが、主にハリを作る「I型コラーゲン」と、弾力を作る「III型コラーゲン」です。

図:皮膚のコラーゲン組成

発見!ハリ・弾力にはI型もIII型も必要。

弾力に働きかけるIII型コラーゲンは、ハリに働きかけるI型コラーゲンを支えています。そのため、ハリ・弾力を保つためには両方に働きかける必要があることがファンケルの研究でわかったのです。

「対話型コラーゲン」は肌と対話して、あなたの肌に必要なコラーゲンを!

そこでファンケルが独自に開発したのが、まるで対話するように肌と向き合い、I型もIII型も補うことができる 「対話型コラーゲン」です。肌が必要とするI型もIII型も総合的に作り出すので、今まで以上に肌のハリと弾力に働きかけます。

対話型コラーゲン

※「対話型コラーゲン」とは、ファンケル独自の成分「適応型コラーゲン」のことを指します。