全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

脳のアンチエイジング術脳のアンチエイジング術

物事をうまく運ぶためのコツは
「感情」と「思考」のコントロール

感情と思考の関わりは“ガスコンロとやかん” 良い思考のためには、感情をうまく調整することが大切

さらに、脳のコンディションのために知っておきたいのが、脳番地同士の関係性です。特に感情系と思考系は密接に関わっています。
「感情が不安定だと、思考もそれに揺さぶられて良い考えが浮かばなくなってしまいます。つまり感情をうまくコントロールすることで、思考もうまく運ぶのです。
例えば、感情を抑えれば落ち着いて思考をめぐらせることができ、逆に感情を高めれば思考を大いに盛り上げることができます」。
ただし、「怒り」など激しい感情は思考を乱してしまうため注意が必要。怒ることは、老化物質とされる活性酸素を増やすことにもつながります。
「すぐにイライラして物事がうまくいかないという人は、感情系が先立って思考系がスムーズに働いていない証拠。感情系脳番地を鍛えて、意識的に気持ちと思考のバランスをとることを心掛けましょう」。

感情と思考の関わりは“ガスコンロとやかん” 良い思考のためには、感情をうまく調整することが大切

健やかな脳に大切なのは
酸素と抗酸化対策

「やることが多すぎて頭が働かない」といったケースなど、脳の働きを鈍らせる原因は加齢だけではありません。脳の成長を促すためには、普段から脳を健やかな状態に保っておくことも重要です。
脳は体重の約2%の重さですが、体全体で使う酸素の約20%を消費する臓器です。酷使して低酸素状態にならないように気を付けましょう」。
脳の酸素が不足すると脳細胞のエネルギーが足りなくなり、脳の働きが乱れることにもつながります。日頃から血液のめぐりを良くして、酸素を細胞のすみずみに届けることを意識しましょう。
また、頭の使い過ぎや過度なストレスは、活性酸素を多く生み出します。
「脳への負担を軽くするためにも、脳を使うときにはストレスと感じないように楽しく行う工夫をしたり、活性酸素への対策をすることがポイントです」。

脳のコンディションを整える注目成分 1血液のめぐりを良くする DHA(ドコサヘキサエン酸) 血管壁の細胞や赤血球を柔軟にして脳への血流を促進 いちょう葉エキス 血管を拡張して脳への血流を促進 2老化物質を溜めない いちょう葉エキス 血液の活性酸素を除去する抗酸化作用

日常のこんな「困った」解消に苦手番地を鍛えて脳を活性化!

「脳の苦手度チェック」で当てはまるものをチェックし、多く当てはまる脳番地から「脳トレ」で強化していきましょう。
「脳は生きている限り成長する臓器」と加藤先生。いくつになっても脳をいきいきと成長させていきましょう。

脳の苦手度チェック チェックが多いほどその番地が不得意ということになります。

  • 感情系脳番地

    • □趣味を楽しめない
    • □あまり笑わない
    • □イライラすることが多い
    不安定だと感情表現が乏しかったり、感情の起伏が激しくなる傾向が。
    おすすめ脳トレ1・4
  • 思考系脳番地

    • □何かをやり始めてもやりとげられない
    • □やらなければならないことがあっても手につかない
    • □選択や決断ができない
    考えがまとまりにくく、意思決定力も弱くなりがち。
    おすすめ脳トレ1・5
  • 理解系脳番地

    • □整理整頓ができない
    • □話があちこちに飛ぶ
    • □空気が読めないタイプと言われる
    物事を理解しにくくなるほか、「ガンコな人」になることも。
    おすすめ脳トレ2・5
  • 伝達系脳番地

    • □世間話ができない
    • □会話中などにジェスチャーがない
    • □みんなでいるよりひとりで過ごすほうが好き
    言いたいことがうまく伝わらない、といった状況に陥りがち。
    おすすめ脳トレ2
  • 聴覚系脳番地

    • □音楽はあまり聞かない
    • □聞き返すことが多い
    • □連絡はメールやSNSが中心
    耳からの情報に疎く、聞いたことが頭に残らないというケースも該当。
    おすすめ脳トレ3
  • 運動系脳番地

    • □運動をあまりしない
    • □ちょっとしたことでつまづく
    • □出不精である
    手足や口の動作にも関わるため、手先が不器用な人も要注意。
    おすすめ脳トレ3
  • 記憶系脳番地

    • □時間どおりに行動できない
    • □昨日食べたものをすぐに思い出せない
    • □人の名前を覚えるのが苦手
    情報を覚えることや、それを活用することが不得手。
    おすすめ脳トレ1〜5
  • 視覚系脳番地

    • □おしゃれに無頓着だ
    • □人ごみでぶつかりやすい
    • □お花見や花火大会などに足が向かない
    目からの情報収集力が弱いと、ものの善し悪しの判断がにぶることも。
    おすすめ脳トレ4

機能別おすすめ脳トレ

  • 脳トレ1 思考系 感情系 記憶系

    • 今日あったことを
      日記につける
    • 明日やりたいことをリストアップ

    たとえわずかな時間でも、その日の出来事を振り返ることで頭の中が整理され、思考と記憶に関わるエリアが活性化します。また、未来の楽しい行動をイメージすることは記憶系脳番地の刺激にもつながります。

  • 脳トレ2 伝達系 理解系 記憶系

    • 冷蔵庫にあるものをうまく活用して
      料理を作る

    段取りを考え、手先を使う料理は、脳トレに最適。特に材料の活用に頭を使ったり、食べる人や出来上がりをイメージしながら作るため、伝達系や理解系が活発に。しっかり味見もすることで記憶系脳番地も働きます。

  • 脳トレ3 聴覚系 運動系 記憶系

    • ラジオやテレビを
      聞きながら、
      楽しそうな単語や
      トピックをメモする

    聞いたことを書き留める行為は、聴覚からの情報を脳に入れ、取り出し、手を動かす、という一連の流れで行われます。そのため聴覚系だけでなく、運動系と記憶系も活性化。言葉を要約せずに語尾まで書くと、より強い刺激が得られます

  • 脳トレ4 視覚系 感情系 記憶系

    • 見たいテレビ番組を
      事前予約して
      視聴する

    見るという行為で視覚系が活発に働くのはもちろん、「見たい」という欲求が感情系を刺激。先の予定をつくることは「前向きな記憶」につながるため、記憶系脳番地も活発になります。

  • 脳トレ5 理解系 思考系 記憶系

    • 出かける前に、カバンの中身を整理整頓する

    カバンの中を見て必要なものと不要なものを選り分けることは、「現状」と「これから」の理解につながります。「出かける直前に」という時間制限が適度な緊張感を生み、理解系脳番地により強い刺激を与えます。


このページの先頭へ戻る