全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

美肌づくりの源!? コラーゲンとは?

肌の弾力やハリがなくなるのは、コラーゲンが不足しているせいだとよく聞きます。成分を補うためのスキンケア商品などの情報はいろいろありますが、どれを選べばいいのか、また、どのようにコラーゲンを補給すればいいのかについて、悩んでしまうことも多いでしょう。正しくコラーゲンを補給し美肌になるために、まずは基礎知識を身につけましょう。

コラーゲンの基礎知識、役割と肌への効果とは?

コラーゲンとはタンパク質の一つで、真皮や靭帯、腱、骨、軟骨などを構成しています。体内に存在している、タンパク質の30%ほどがコラーゲンだと言われ、非常に大きな数値を占めているので体内で減少すると人体や肌に影響を与えてしまいます。

人間の体は約60兆個の細胞から成り立っていると言われていますが、それらの細胞はつながっています。細胞と細胞の間にはコラーゲンなどがあり、細胞をつなぎとめる働きをしているのです。

コラーゲンは線維芽細胞という細胞から新しく作り出され、古くなったものは酵素などにより分解されていきます。約2〜6年かけて、ゆっくりと新陳代謝をしていますが、40代を過ぎるとコラーゲンが新しく作られることはほとんどなくなり、次第に量が減っていくことで肌はハリをなくし、たるみやシワを作っていくのです。

美肌に大切だと言われる意味

皮膚は、大きく分けると表皮と真皮に分けることができます。表皮は角質層と基底層などからできていて、その下で基底層を支えているのが真皮です。

コラーゲンは、真皮の中に網目のように張り巡らされ、水分を保って肌の弾力を作っています。美肌にとってコラーゲンが必要だと言われるのは、肌のハリをキープし、みずみずしさをもたらしてくれるものだからです。コラーゲンが減少すると、肌は弾力を失い、シワやたるみ、乾燥といった肌トラブルを起こしやすくなります。

また、コラーゲンは体にとっても必要なものです。減少すると、膝などの関節のクッション的役割をする軟骨がすり減り、膝に負担がかかって、痛みなどのトラブルが発生したり、血流が悪くなった結果、動脈硬化などの病気を引き起こしたりします。そのほか、骨のコラーゲンが失われると、骨がもろくなり骨折しやすくなる、というように多くのトラブルを引き起こしてしまうのです。

数が減ってしまう原因は?

コラーゲンが減少する主な原因は、加齢ではないかと考えられています。体内で常に新陳代謝を繰り返して作られるものの、年齢とともに新陳代謝機能が衰えて、数が減少してしまいます。40代になると、17〜18歳の頃と比べて約半分以下になってしまうのです。

また、加齢のせいばかりではなく、紫外線による酸化も原因の一つと言われています。紫外線の影響で肌が乾燥し、水分が失われることで新陳代謝が妨げられ、コラーゲンの生成に影響を及ぼします。

酸化に加えてだけではなく、糖化もコラーゲンを減少させる要因の一つと言われています。甘い物に多く含まれる糖分や炭水化物の主成分である糖質が代謝されずに体内に残ってしまうと、タンパク質や脂質と結びつき、老化の原因となる物質を作り出します。

コラーゲンは、肌だけでなく、関節や血管、骨についても重要な働きを担うものです。コラーゲンが減少すると、肌の柔らかさやみずみずしさが失われ、老け顔になってしまいます。コラーゲン不足を感じている方は、ファンケルの「HTCコラーゲンシリーズ」を使ってみてはどうでしょう。紫外線から肌を守ることに着目し、注目成分のリンゴポリフェノールが配合されています。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

ファンケル特集コラム