全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

美白に若返り…。コラーゲンが美肌に効果的と言われる理由とは?

ハリとうるおいのある美肌をキープしたい。多くの女性がそう願ってやみません。そんな美肌を保つ秘訣として、注目される成分がコラーゲンです。でも、コラーゲンとは一体どんなものなのでしょうか? なぜ美肌に効果的なのでしょうか?“若返りの成分”とも呼ばれるコラーゲンについて解説していきます。

そもそもコラーゲンとはどんなもの?

コラーゲンとは、体に存在するタンパク質の一種。人間の体の約20%はタンパク質でできており、そのうちの3分の1はコラーゲンが占めていると言われています。皮膚や骨など、全身のあらゆる場所に存在して細胞と細胞を結びつける役割を担っています。体内の細胞が正常に働き、全身が機能するために、なくてはならないものなのです。

コラーゲンは、27種類以上あると言われています。人間の体に多く存在するのはT型コラーゲン、もしくはU型コラーゲンで、美肌に関係があるとされるのは主に皮膚に多く存在するT型コラーゲン。内側から体を支える機能を持っており、肌のハリなどの形成にひと役買っているのです。

コラーゲンは体内にあるものですが、外部から摂取することもできます。コラーゲンを含むのは、牛すじ、手羽先、豚足、フカヒレ、うなぎなどの食材。タンパク質ではありますが、大豆などの植物性のタンパク質には存在せず、肉や魚などの限られた動物性タンパク質のみに含まれるので、食事で摂る際には注意が必要です。また、食事だけでなく、サプリメントで補うこともおすすめです。

コラーゲンは肌にどんな効果があるの?

肌は、表面から表皮層、真皮層、皮下組織という構造になっています。表皮層は一番外側の角質層と新しい皮膚を作る基底層からなりますが、基底層を支えているのが、その下に存在する真皮層。コラーゲンは、真皮層の部分に含まれており、なんと、真皮層の約70%を占めると言われています。繊維状のコラーゲンが網の目のように張り巡らされており、ヒアルロン酸やエラスチンといった、肌の内部に存在するうるおい成分を内側から支えます。コラーゲンが、肌の弾力やハリを保つと言われるのはそのためです。乾燥肌や肌のたるみが気になる人は、加齢やさまざまなダメージによりコラーゲンがうまく働かず、本来の機能を果たせていない、と考えられます。

コラーゲンが老化すると、肌も老化するって本当?

コラーゲンがうまく働かなくなる原因のひとつが“加齢”です。20歳ごろには何もしなくても良質なコラーゲンが体内にたくさん存在していたのが、30代半ばを境目にして、急激に減少していきます。若い頃は、プリプリのコラーゲンが守ってくれた肌も、年齢とともにその役割を果たせなくなってくるのです。

また、コラーゲンの大敵と言われるのが“紫外線”です。シミやくすみなど、多くの肌トラブルを引き起こす紫外線ですが、コラーゲンとも大きな関係があると言われています。正常なコラーゲンは、規則正しく真皮層に張り巡らされており、うるおいを保ちます。ところが、紫外線を多く浴びた肌は、ダメージを受けて束がバラバラになり、劣化してしまいます。紫外線の影響により、コラーゲンが“老化”してしまうのです。コラーゲンが老化すれば、おのずと肌機能も落ちてしまい、肌も老化します。コラーゲンの質の低下に大きく影響している紫外線。良質なコラーゲンを維持するためには、お肌を紫外線から守ることが必須になるのです。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

ファンケル特集コラム