全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

コラーゲンを多く含む食品は何?

コラーゲンボールなど、コラーゲンをたくさん摂取できる食品を食べると、次の日、肌がプルプルになるのだとか。加齢とともに減少していくコラーゲンを補給するには、スキンケアももちろん大切ですが、食品からの摂取も重要です。では、コラーゲンを含む食品にはどのようなものがあるのでしょうか?

コラーゲンを多く含む食品

コラーゲンは動物性食品と海洋性食品に含まれています。特に、肉や魚の骨や内臓などは豊富だと言われています。肉類であれば、手羽先や牛タン、スペアリブ、レバー、軟骨、砂肝、牛すね肉など、魚介類であれば、ウナギやフカヒレ、カレイ、シシャモ、アジ、イワシ、エビ、イカ、タコ、ナマコ、アナゴ、アンコウなどに多いと言われています。

効率的かつ、おいしく摂れるとされているのがコラーゲン鍋です。鶏やフカヒレ、アンコウなど、コラーゲンが豊富な食品をじっくりと煮込んで、それらのコラーゲンが溶け出したスープを使って作る鍋です。

コラーゲンが豊富な食材を選んで鍋にするだけでもいいのですが、コラーゲンボールを入れると、よりしっかりと摂取することができます。コラーゲンボールは、豚足や牛スジなどの動物性食品や、カレイやウナギなどの海洋性の食品から、コラーゲンを抽出して固めたものです。料理に入れて熱で溶かすだけなので、手軽に摂ることが可能です。

コラーゲンを効果的に摂取する方法

コラーゲンは単体で摂っても充分に効果が得られないと言われています。効果を得るには、アミノ酸の一種であるプロリンや、脂溶性ビタミンのレチノール、ビタミンCなどと一緒に摂ることが重要だそうです。ビタミンCが豊富な野菜、さらに亜鉛を多く含むカニや牡蠣、鉄分を多く含むアサリなどと一緒に鍋にすると、充分に効果を得ることができます。

食べ物で肌がキレイになる?

コラーゲンを豊富に含むフカヒレやアンコウを食べると、体内でコラーゲンの数が増えるのでしょうか? 実は、食品だけでコラーゲンを増やすのは難しいと言われています。食べ物から摂取したコラーゲンが、そのまま美肌のために必要な栄養になるわけではありません。

食べ物から摂取したコラーゲンは、消化される過程でアミノ酸に変化して吸収されます。一度アミノ酸になったものが、コラーゲンとして働くことはできないのです。より効果的に補給したいなら、サプリメントで摂取するのもよいでしょう。

ファンケルには、30代半ばをピークに減少していく皮膚中のコラーゲン量に注目した「HTCコラーゲンDX」があります。紫外線によって劣化してしまう肌のコラーゲン量を、リンゴに含まれるポリフェノールを摂ることで守り、効率よく吸収される最小単位のコラーゲンによって、新しいコラーゲンをしっかり生み出します。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

ファンケル特集コラム