全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

いつ飲む?飲み方は?コラーゲンの効果的な摂り方

肌のハリや弾力の維持には欠かせないコラーゲン。サプリメントなどもたくさんありますが、本当に効果的なコラーゲンとはどんなものなのでしょうか? また、飲む時間、飲み方、必要量など、コラーゲンの摂り方にもポイントがあるようです。正しいコラーゲンの摂取方法を学んでいきましょう。

肌に効果的なコラーゲンは、どのように選べばいい?

せっかくコラーゲンを取っても、きちんと体内に留まってくれなければ意味がありません。コラーゲンのサプリメントを選ぶ際には、“体内に吸収されやすいかどうか”を基準にしましょう。ファンケルのHTCコラーゲンは、通常は1,000個以上連なっているコラーゲン分子を、コラーゲンの最小単位である“トリペプチド”に細かくカットしています。そのため効率よく肌に吸収されるので、小量でもきちんと効果をあげることができます。粒タイプならば1日6粒、ドリンクタイプならば50mlを1日1本、パウダータイプでは1日1本、たった3gを食事や飲み物に溶かして摂るのがおすすめです。毎日の生活の中で無理なく続けられます。

また、日々の食事からでもコラーゲンを摂ることができます。牛すじ、手羽先、豚足、フカヒレ、うなぎ、貝、海老などの食材にはコラーゲンが含まれると言われています。また、豚こま肉や鮭にも含まれるので、日常の食事でも摂り入れやすいはずです。しかし、1日に摂取することが望ましいコラーゲンは、食事だけでは必要量に達することが難しいのが現実です。食事に気をつけるとともに、サプリメントも一緒に摂ることが望ましいでしょう。

コラーゲンを摂るときに注意すべきことは?

コラーゲンをサプリメントで摂る際には、選んだ商品の定量を守って摂取することが大切です。最近では、1週間おきに飲むことをすすめているものもあるようですが、基本的には毎日、継続して摂ることで効果があがると言われているのがコラーゲンです。忙しい毎日の中で飲み忘れてしまわないように、「朝起きて1杯目に飲むドリンクにパウダータイプを入れて飲む」、「寝る前の水分補給はドリンクタイプのコラーゲンで」など、自分の生活に無理なく摂り入れて、習慣にすることがおすすめです。

また、基本的には自分が飲みやすい時間帯に摂ることが長く続けられるコツですが、できれば、夜寝る前の時間帯に摂取すると、より効果をあげることができます。成長ホルモンが活発に分泌されて、肌の代謝が高まる時間帯は、夜の10時〜深夜2時ごろ。肌が生まれ変わるゴールデンタイムと言われる時間帯です。10時前にコラーゲンを飲み、ゴールデンタイムにはきちんと睡眠を取ることで、コラーゲンをしっかり吸収することができます。翌朝にはハリと弾力のある肌が実感できるはずです。

コラーゲンと一緒に摂ると効果を高めてくれる成分とは?

コラーゲンをより効果的に体内に吸収するためには、コラーゲンの合成を助けたり、うるおい効果を高めてくれる成分を一緒に摂ることが望ましいでしょう。まず、コラーゲンを合成するために欠かせないのが“ビタミンC”です。コラーゲンは、ビタミンCの力がなければ完成せず、安定した強いコラーゲンを作り出すためにはビタミンCと一緒に摂取することが必要です。ビタミンCは多くの野菜や果物に含まれますが、体内で生成することはできないので、どうしても不足しがちです。そこで、サプリメントで摂取することがおすすめです。コラーゲンとビタミンCを併用することで、より高い効果が期待できます。

また、ヒアルロン酸やエラスチンもコラーゲンと一緒に摂りたい成分です。ヒアルロン酸やエラスチンは、優れた保水力を持ち、コラーゲンとともに肌の内部からうるおいやハリを高めてくれます。コラーゲンと一緒に摂ることで、お肌のみずみずしさが格段にアップします。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

ファンケル特集コラム