全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

コラーゲンの過剰摂取は肌荒れの原因になる?

肌の弾力やハリを保つコラーゲンは、年齢とともに減少し肌の衰えを顕著にします。体の中にある成分を増やし、ふっくらとしたハリのある肌を目指すには、どのようなスキンケアをすればよいのでしょうか? また、コラーゲンを増やす方法に加え、摂りすぎは思わぬ副作用を起こすこともあるので、適切な摂取方法も併せて紹介します。

コラーゲンを増やすさまざまな方法やアイテム

コラーゲンを増やす方法にはさまざまなものがあります。

・サプリメント
サプリメントは身近な方法の一つです。一緒に摂るとよいとされるビタミンCも入ったサプリメントもあり、体の内側からコラーゲンの生成をサポートしてくれます。
・食事による摂取
コラーゲンを多く含む食品を食べるという方法があります。ただし、直接的に成分が増えるわけではないので、アミノ酸のバランスが取れた食品を過不足なく摂取することが必要です。
・スキンケア
コラーゲンを増やす働きがあると言われる、レチノールやナイアシンなどの成分を配合したスキンケアアイテムを使用する方法です。また、ピーリングを行い、肌の新陳代謝を高めるのもコラーゲンの減少を抑えると考えられています。

他にも、目元や額など部分的にハリを取り戻すことができる「コラーゲン注射」や、専用の光を肌に当て、コラーゲンの合成を促す「フォトフェイシャル」という方法もあります。

コラーゲンの過剰摂取による副作用とは?

コラーゲンを増やしたいと考えるなら、サプリメントが一番手軽な方法と言えるでしょう。しかし、摂りすぎには副作用の可能性もあるので、過剰摂取は禁物です。サプリメントを摂れば摂るほど効果があるわけではなく、必要量以上を摂取しても余剰分はアミノ酸に分解され、体外に排出されてしまいます。また、過剰摂取すると、タンパク質であるコラーゲンを分解する肝臓に負担がかかり、体調不良になってしまうかもしれません。

直接肌に注入するコラーゲン注射にも、副作用があることを知っておきましょう。赤く腫れたり、硬くなったり、アレルギー反応が起きることもあります。さらに、コラーゲンを注入した部位の血液循環が悪くなり、皮膚壊死などの副作用を起こす可能性もあるようです。このような副作用を回避するためにも、コラーゲン注射は実績と経験が豊富な、信頼できる美容外科で行うようにしましょう。

ファンケルでは、肌に弾力とハリを与えるスキンケアアイテムを取り揃えています。手軽に使える「エイジングケアマスク」には、吸収されやすい低分子化したコラーゲンを配合。さらにコラーゲンを循環させるための栄養素であるアミノ酸やビタミン類、ミネラルも加えているので、効率よく肌に吸収されます。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

ファンケル特集コラム