すこやかHappyダイエット特集 太らない食べ方をみつける 食べ方チェック

知らないあいだについたあなたの食べ方のクセをチェックして、
タイプ別に賢いダイエットのコツをアドバイスします!

Eタイプ: 濃い味付けでないと満足できない人は塩分過剰に要注意

ごはんにふりかけ、おかずにソースやしょう油をたっぷり、料理もレシピ以上に塩を利かせるなど、濃い味にしないと満足しなくなっていませんか。素材の味がわからなくなるほど調味料を足した濃い味付けにすると、よく噛まずに飲み込むことから、早食い、かつ食べすぎになりがち。塩分の多い食事を続けていると、腎臓に負担がかかり、むくみやすくなったり、代謝 が低下し、太りやすい体になる危険性があります。

スパイスや薬味で味わいも代謝もUP

だしやスパイス、薬味で調味を補う
味つけを濃くする前にしっかりだしをとりましょう。また、カレー粉などのスパイスや、にんにく、しょうが、しそなどの薬味を多用すれば、余分な塩分や糖分を加えなくても満足のいく味わいになります。
代謝を高める薬味や調味料を
体温が上がれば代謝もよくなり、太りにくい体につながります。毛細血管を拡張し、脂肪燃焼にも役立つカプサイシンを含むトウガラシや、血液の流れをスムーズにして代謝を上げるお酢などを積極的にとり入れましょう。

「カリウム」で摂りすぎた塩分を排出

カリウムは、腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制し、尿へのナトリウム排出を促進するので、摂りすぎた塩分を排出するのに役立ちます。私たちの体はカリウムとナトリウムが作用し合いながら、細胞の浸透圧を維持したり、水分を保持したりしているので、代謝がスムーズに行われる体づくりにはカリウムが不可欠。また、筋肉の収縮に関係する酵素の活性を調節し、末梢神経を拡張して、筋肉の働きをよくするので、脂肪燃焼を促進し、ダイエットに役立ちます。

多く含む食材…長芋、アボカド、刻み昆布、トマトジュース、バナナなど

チェック結果に戻る

その他のタイプも見る

  • Aタイプ: 炭水化物過多
  • Bタイプ: 脂質過多
  • Cタイプ: たんぱく質過多
  • Dタイプ: 野菜不足
  • Eタイプ: 塩分過剰

前のページへ戻る

健康食品トップへ戻る



このページの先頭へ戻る