体と心の元気を守るビタミン・ミネラルの総合力

日焼け対策にビタミンC、汗をかいたらミネラル補給と、ビタミン・ミネラルの役割を「ピンポイント」で知っていても、バランス良く摂ることの重要性は見逃しがちです。その重要性について、佐藤 務先生にうかがいました。

監修
佐藤 務(さとう つとむ)先生

稲毛病院整形外科・健康支援科部長。
1997年に「ビタミン外来」を開設。サプリメントの利用で数々の疾患を改善してきた実績を持つ。著書に『代謝革命 50歳からでも脳と心が成長する栄養学』(講談社)など。

ビタミン・ミネラルは生命活動の潤滑油!

食事で摂ったたんぱく質、脂質、糖質の三大栄養素は、皮膚、骨、ホルモンといった体の各組織や、生命活動を維持するためのエネルギーへと変換されていきます。これを一般に代謝といいます。
この代謝がスムーズに行われているか否かが元気と不調の分かれ道。そして、代謝の効率を左右する「潤滑油」の働きをもつのがビタミン・ミネラルです
車を走らせるのに潤滑油がなくてはならないように、スムーズな代謝にもビタミン・ミネラルは必要不可欠。しかも体内に溜めておくことができないので、必要な量を継続して摂ることが重要です。

代謝を整えることが、健康づくりの第一歩。

人体で行われるすべての代謝は、「意識できる代謝」と「無意識下の代謝」に大別され、ビタミン・ミネラルは、そのどちらの代謝にも深く関わっています。
このうち、細胞の新陳代謝やホルモンなどの形成にあたる「無意識下の代謝」こそが、健康づくりの要です。
大きな果実を収穫するには土づくりが大事なように、ビタミン・ミネラルをきちんと摂取して、目に見えない部分から丁寧に整えていきましょう。

「無意識化の代謝」が健康の要!

「体と心に関わる代謝の種類」 意識できる代謝:1エネルギー代謝 2社会的な心の代謝/無意識下の代謝:3 新陳代謝 4本能的な心の代謝

体と心の両方で活躍するマルチな栄養素!

代謝は体だけでなく脳、すなわち心でも行われており、ビタミン・ミネラルは心にとっても代謝の潤滑油であることはご存じでしょうか。感情のコントロールが下手になった、落ち込みやすくなった…といった精神状態の不具合は、心の代謝の停滞、つまりビタミン・ミネラル不足が原因かもしれないのです。
真の健康とは、ビタミン・ミネラルが行き渡り、体と心の代謝もきちんと行われている状態です。では、あなたの体と心の代謝レベルは? 佐藤先生が提唱されているチェックリストで、セルフチェックをしてみましょう。

体と心にビタミン・ミネラル 足りていますか?

”簡単な質問に答えるだけ” Dr.佐藤 務式「体と心の代謝チェック」

チェック数を各欄に記入

代謝判定−ビタミン・ミネラルは足りている?− 【判定上の注意】

このページを見た方は、こちらの商品もチェックしています


このページの先頭へ戻る