全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

FANCL MAMA

Life〜ママの毎日をさらに楽しむための“ヒント”〜 for Baby 育児

【6】 パパを「イクメン」に育てる魔法の言葉

「赤ちゃんが泣いているのに、パパったらどうしてテレビを見て笑っていられるの!?」と、ブルーな気持ちになることはありませんか?

気が向いたときにだけ抱っこをしたり、あやしたりするパパの態度に、ついイラッとしてしまうのも分かります。しかし、実はパパも何かしなければと思いつつ、どうしたらいいのか分からないのかもしれません。パパだって、いきなりイクメンに変身できるわけではないのです。そこであなたが、パパをイクメンに育てることが大切。

ポイントはなるべく簡単なことから、上手にお願いすること。「紙おむつが隣の部屋のかごの中にあるから取ってきて〜」「ありがとう。助かるわ〜。さすが!」。とにかく、「さすが!」「赤ちゃんもパパのことが好きなのね!」「育児のセンスあるね」などの褒め言葉を並べると、パパも喜んで気分がよくなり、どんどん手伝いをしてくれるかも。逆に「早くしてよ」「違うじゃない!」「○○さんの旦那さんはもっと手伝ってくれてるわよ」などは禁句。

男の人は意外とシンプルな言葉やシチュエーションに弱いもの。そして、一度その楽しさが分かると、どんどんのめりこんでいきます。いつの間にか、「どう?僕がおむつ替えると、赤ちゃんはいつもニコニコするよ」などと言いはじめたら、しめたもの。「私がお風呂に入れても不満そうなの。あなたが入れないとダメなのかも」などと彼の気分を促せば、「僕も週3回は夜8時に帰ってくるぞ!」のように自分で目標をつくって、行動するようになるかも。パパのやる気を引き出して、どんどん家事・育児に巻き込みましょう。

3人の生活がますます楽しく、ハッピーになりますね。

for Baby 育児 一覧へ戻る