全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

FANCL MAMA

Life〜ママの毎日をさらに楽しむための“ヒント”〜 for Work 復職

【1】 ワーキングマザー?専業主婦? まずは自治体の子育て課に連絡を

妊娠発覚時にはお仕事をしている人も多いでしょう。ただ、赤ちゃんが生まれたら、仕事を続けるか続けないか迷っている人もいるでしょう。誰だって、仕事を続けられるものなら続けたいけれど、赤ちゃんのお世話と仕事の両立に不安を抱くものです。

どうするか悩む自分の気持ちも大切ですが、本当に仕事を続けるなら、仕事中に赤ちゃんをどこに預けるかも、妊娠中から確認しておく必要があります。仕事中の赤ちゃんの預け先として一般的なのは保育園です。ただし、例えば0歳児の場合、どこの保育園も定員いっぱい。待機児が全国で1万人とも2万人ともいわれています。

そんなニュースを見ると、働けないのではと心配になると思いますが、妊娠中に自分の住む地区町村の子育て課にまずは連絡。赤ちゃんの預け先としてどんなサービスが提供されているか、空き状況はどうかなど、確認してみましょう。今は定員いっぱいでも、4月の新規募集なら、どこかの保育園に入れる、という可能性も結構あります。赤ちゃんが生まれた後に慌てるのも得策ではありません。続ける気持ちが少しでもあれば、まずは子育て課への連絡をしてみましょう。

仕事と育児の両立は大変だけれど、働くママのキラキラした姿はきっと赤ちゃんの心の奥底に残って、将来、自慢のママになること間違いなし。自分らしく、しなやかに生きる。働くママはそんなひとつの姿かもしれません。

for Work 復職 一覧へ戻る