全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

FANCL MAMA

Life〜ママの毎日をさらに楽しむための“ヒント”〜 for Work 復職

【3】 保育園の必須アイテム

「やっとの思いで手に入れた保育園の入園許可。次は保育園で赤ちゃんが過ごすための必須アイテムを準備する必要があります。

まずは入園許可が出たら説明会があるので、その日はほかの予定があっても変更して、必ず出席しましょう。見送りなどパパにも担当してもらうことが多いのでぜひ2人で参加を。最初が肝心です。2人で子どもの保育園生活を把握して、助け合う気持ちをまず持つことが大切ですね。

保育園でどんなものが必要かというと、たとえば0歳児の場合、
・上下セパレートの衣服(ロンパースはNGの場合も)
・お昼寝用のシーツ
・赤ちゃんの登園用リュック
・親用の大きなトートバッグ
・オムツ入れ
・歯みがきセット
・コップやフォーク
・小物を入れる巾着袋 etc.
数え上げればきりがありません。

普通の店ではなかなか売っていないアイテムも多く、なかには準備を怠っていたために、入園1週間前から徹夜を2日して赤ちゃんの必要アイテムを自分で作ったというツワモノママも。

近くの店に売っていなくともネット通販などで買いそろえられる場合もあり、保育園の先輩ママにいらなくなったものをいただくという手も。

それ以外にも、送迎に便利な“子どものせ自転車”、雨の日に大活躍の“ロングレインブーツ”、保育園用トートバッグを手に持つために、通勤用“斜めがけバッグ”など、ママもパパも保育園生活仕様のアイテムをそろえておくと便利です。
また「間に合わない〜!」ということがあっても慌てなくて大丈夫。保育園は最初の2〜3週間「ならし保育」の期間があるので、その間に準備できなかったアイテムを買いそろえていけば間に合います。
いよいよ保育園生活のスタートを迎えて、必須グッズに名前付けをしている瞬間などは、今までの育児タイムやこれからの職場復帰生活を思って、グッとくるものがあります。そんな時間を持てるのも赤ちゃんを迎えることができたから。きっといい思い出になるでしょう。

for Work 復職 一覧へ戻る