全国どこでも、3,000円(税込)以上送料無料

商品番号からご注文

FANCL MAMA

Life〜ママの毎日をさらに楽しむための“ヒント”〜 for Work 復職

【5】 ママだって働きたい! 再就職はじめの一歩

「一度は仕事を辞めたけれど、早いうちに再就職したい」と考えるママも多いのでは?ただ、「赤ちゃんの預け先は?」「子どものいる女性を雇う企業はあるの?」「赤ちゃんを連れて就活ができるの?」など、不安と疑問でなかなか行動に移せない気持ちもわかります。

でも、社会から長いあいだ離れてしまうと、ますます再就職は遠のいてしまいます。仕事を持って輝くママは、子どもから見ても自慢なはずです。また、人のお世話をする仕事、コミュニケーションを密にとる仕事など、育児経験のある女性の柔軟さや気の回り方などを求めている企業も多いのです。やりがいのある仕事を得て確実な収入を得ていくことは、ライフプラン上も安心感を持てるようになります。考えているだけでなく、とにかく行動して、自分に合った仕事を探してみることが一番大事。

最初にやるべきことは、自分の履歴書の用意。過去の職歴をもう一度見直し、自分のアピールポイントは何かを考えます。キャリアはあるけれど、それを裏打ちする資格は持っていないならば、育児の合間に勉強をして資格取得をするのも大きな武器に。特に資格がなくとも「以前の職場で研修を担当していた」「売り場の責任者で、こんな新しい商品を導入した」など実績があるものについては、プレゼンテーションの資料を作ることも効果があります。自分のアピールポイントを明確にすることこそ、就活で成功するための大きなポイントです。

次に活動中の赤ちゃんの預け先を確保。保育園はいっぱいでも、意外と一時保育は受け入れてくれるもの。就職が決まったら、預ける可能性のある保育園すべてに一時保育を申し込み、今のうちにどこがよいかシミュレーションをするよい機会ととらえましょう。なるべく両親などを頼らず、自分のためにも、赤ちゃんのためにも、預け先の利用に今のうちから慣れておくことが大切です。

実際に就活で成功したママに聞くと、ハローワークの活用は必須なようです。一度訪ねた後はインターネットで毎日求人票にアクセスし、希望の企業には電話で応募の依頼をします。毎回ハローワークに行かなくても、インターネットと電話で仕事探しができてしまいます。

最初は派遣会社に申し込んで、働き先を見つけるのもひとつの方法です。自分に合った働き方を、パパとも相談してみましょう。

for Work 復職 一覧へ戻る