子供も飲んでも大丈夫? 野菜嫌いの子供にもおすすめ! 青汁のおいしい飲み方

手軽に野菜不足を補える青汁。「野菜嫌いのうちの子供に飲ませたい」と思う方もいるのではないでしょうか。そもそも、子どもが青汁を飲んでも問題ないのか気になりますよね。また、何歳から飲めるのかについてもチェックしておきたいところです。そこで今回は、子供が青汁を飲める年齢やメリットなどについて詳しくご紹介します。

目次

青汁を子供におすすめしたい理由や飲むメリットを詳しくみていきましょう。

子供に青汁をおすすめする理由

■野菜が苦手な子供の野菜不足をサポートできる

子供が野菜嫌いで困っている方もいるでしょう。青汁は、野菜が苦手な子供の野菜不足をサポートできます。青汁なら、牛乳やリンゴジュースなどで割ることで、簡単においしくできますよ。

■不足しがちな栄養素を補える

食事に偏りがあると、栄養が不足しがちです。また、野菜嫌いだと特定の栄養素が不足します。青汁を飲むことで、不足しがちな栄養を補えます。

青汁をそのまま飲むことが苦手な子供には、牛乳やジュースでアレンジするのがおすすめ。子供でも青汁をおいしく飲む方法をみていきましょう。

飲み方

■牛乳で割る

青汁は牛乳で割るとマイルドな味わいになります。甘さもプラスされるため、子供に喜ばれますよ。また、カルシウムを補えるところも◎

■フルーツジュースで割る

野菜と果物のジュースがあるように、青汁とフルーツジュースは相性バツグン。フルーツジュースでスッキリとした味わいに。子供もゴクゴク飲んでくれますよ。

■ヨーグルトとあわせる

ヨーグルトとあわせることで、よりマイルドな味わいになります。ヨーグルトに含まれる乳酸菌やカルシウムも補うことができます。

子供に青汁を飲ませるときは、飲んでもいい年齢と量に気をつけましょう。

子供が飲めるのは何歳から?

■離乳食を完了した1歳以降

子供が青汁を飲めるのは、個人差もありますが1歳以降です。ただし、体質、体調とあわせて摂る量に気をつけましょう。

■青汁によって推奨年齢が設定されている場合も

青汁によっては、推奨年齢が設定されていることも。商品パッケージなどを確認しましょう。

青汁を飲ませる量

■少量ずつ様子を見ながら始める

3歳未満の場合は、体質によってはお腹がゆるくなることがあるため、水で溶いた状態で、ごく少量から、様子を見て試すようにしてください。3歳以降も、まずは少量ずつ様子を見ながら始めることが大切です。1日の目安量を体重換算したうえで、体質、体調を見ながら飲むのがよいでしょう。

ここまで子供の青汁の飲み方や注意点について説明してきましたが、乳幼児の離乳食についてもご説明します。

■生後5か月以降の離乳食に野菜の一部として利用可能

離乳食は、生後5か月以降の離乳食に、野菜の一部として利用できます。ただし、保存料や香料、人工甘味料などの添加物が使用されていないものを選ぶようにしましょう。また1歳未満の子供には、絶対にはちみつや黒糖入りの青汁を与えないようにしてください。

■与え方のポイント

離乳食として与える場合は、水で溶いた粉末青汁をごく少量だけ、離乳食に混ぜることから始めてください。また、葉野菜の摂取状況や体質などに合わせて、様子を見ながら使用しましょう。

ファンケルの青汁は、子供でも飲みやすいことが特徴。その魅力と商品ラインナップをご紹介します。

ファンケルの青汁の特徴

ファンケルの青汁には、次のような特徴があります。

■国産ケール100%

ファンケルの青汁は、国産ケール100%配合です。厳しい基準をクリアした契約農家で栽培されたケールだけを使用しています。

■食塩、保存料、香料、砂糖、人工甘味料不使用

ファンケルの青汁には、食塩や保存料、香料、砂糖、人工甘味料が使用されていません。添加物や食塩などが気になる方にも、子供にも安心です。

■溶けやすさにこだわっているからシェイカーいらず

ファンケルの青汁は、溶けやすいことが特徴。シェイカーも必要ないため、子供が自分で作って飲むこともできます。

■独自製法により苦味が気にならずおいしい

ケールの苦味を抑える独自製法のため、スッキリした味わいを楽しめます。苦味は、大人や子供を問わず苦手なもの。苦味が抑えられているため、毎日続けやすいでしょう。

■ファンケルのミネラル農法

ファンケルの青汁に含まれるケールは、ミネラル農法によってカルシウムがアップしていることが特徴。厳しい基準をクリアした土壌で栽培された国産ケール100%の野菜力を楽しめます。

ファンケルの青汁

それでは、子供も飲めるファンケルの青汁のラインナップをご紹介します。

■1食分のケール青汁

不足しやすい1食分の緑黄色野菜量を使用。野菜は食べているけれど、野菜不足が気になる方をサポートします。国産ケール40g配合で、1食分を補えます。まずは青汁のサポート力を試してみたい方はこちらがおすすめ。

■1日分のケール青汁

不足しやすい1日分の緑黄色野菜量を使用。国産ケール120g使用で、野菜の王様の魅力がたっぷりと詰まっています。1日1杯からはじめる健康活動におすすめ。朝食のときや入浴後など、好きなタイミングで飲めるのが◎

■1食分のケール青汁 大豆プラス

1食分のケール青汁の野菜力に加えて、有機大豆とオリゴ糖の魅力が詰まった青汁。ケール生葉40g使用で、1食分の緑黄色野菜量を補うとともに、大豆の栄養も摂れます。

子供の野菜不足や野菜嫌いが気になる方も多いはず。そんなとき手軽に野菜量を補える青汁が役に立つことでしょう。牛乳やフルーツジュースで割ることで、子供もゴクゴク飲めるおいしさに。ファンケルの青汁は、香料や食塩、保存料が不使用。飲みやすく続けやすい青汁を取り入れて、子供の野菜不足を補いましょう。


Copyright © FANCL CORPORATION All rights reserved.