FANCLの青汁シリーズケール畑の夏便りFANCLの青汁シリーズケール畑の夏便り

たっぷり太陽の光を浴び、大地の栄養を吸収し、日ごとに大きく成長していくケール。そのおいしい葉を狙って、いろんな天敵がやってきます。野鳥、青虫、蝶々、そして時には野生動物まで。この季節になると、私たちは、葉のチェックと害虫の駆除で大忙し。小さな虫まで、一匹ずつ手で取り除いているからです。化学農薬も使わず、大切に育てたケールが、緑の葉にしっかり栄養を蓄えたら、さぁ、収穫です。たっぷり太陽の光を浴び、大地の栄養を吸収し、日ごとに大きく成長していくケール。そのおいしい葉を狙って、いろんな天敵がやってきます。野鳥、青虫、蝶々、そして時には野生動物まで。この季節になると、私たちは、葉のチェックと害虫の駆除で大忙し。小さな虫まで、一匹ずつ手で取り除いているからです。化学農薬も使わず、大切に育てたケールが、緑の葉にしっかり栄養を蓄えたら、さぁ、収穫です。

40~50日でおいしく成長する、ケールの生命力。

ケールの種は約2mmほどの小さな粒ですが、その生命力はパワフル。春に約5~10cmの苗を畑に定植し、40~50日後には収穫できる状態にまで育ちます。葉のサイズは長さ約40~50cm。背丈は、高いもので翌春には約140cmにも!ケールの緑の濃さは、豊富な栄養の証。成長した葉から順に、初夏から翌春まで収穫が続きます。

ケール農家 トミさんのこぼれ話ケール農家 トミさんのこぼれ話

この時期の葉はとても大きく、大きいものは全長70cm以上になります。朝早くに収穫を終わらせ、日中は害虫駆除、雑草処理、追肥などを行っています。
3歳の息子は畑も青汁も大好き。カタツムリや青虫を捕まえて遊んでいます。青汁を牛乳に混ぜて毎日飲んで「とぉちゃんのケール美味しいね!」と言ってくれる時は本当に嬉しいです。

ケール農家 トミさん 暑い日も寒い日もケールと向き合う。愛媛県の畑で今日も愛情いっぱいにケールを育てています。

大地のパワーを、ヒトのチカラに。

粉末青汁

冷凍青汁