FANCLの青汁シリーズケール畑の秋便り

収穫と植え付けが同時に進む、秋のケール畑。

成長が速く、収穫期が長いケールの植え付けは、年に2回。いつも新鮮でおいしい青汁をお届けできるよう、別々の畑で時期をずらして栽培し、ほぼ通年収穫しています。
11月くらいまでは、手摘みの収穫と植え付けに加え、手作業で虫との戦いも続く、いちばん忙しい季節。手間を惜しまず、愛情をこめて育てたケールの栄養素は、緑黄色野菜の中でもトップクラスです。

栄養素がこんなに!栄養素がこんなに!

ケール農家 トミさんのこぼれ話ケール農家 トミさんのこぼれ話

秋植えは9月1日に定植しました。
近年は残暑が酷いため、マルチを利用しケールを守り、生育の向上を目指します。一方、春植えは、今は我慢の時期で、繁盛期( 5月末~7月)を終え涼しくなるまで生育が鈍化します。株を弱らせないため、除草、追肥を行い、畑を整理整頓!こちらも目が離せません。

ケール農家 トミさん 暑い日も寒い日もケールと向き合う。愛媛県の畑で今日も愛情いっぱいにケールを育てています。

大地のパワーを、ヒトのチカラに。

粉末青汁

冷凍青汁