届出表示

本品にはテアニン・ピペリン・クレアチン・プロテオグリカンが含まれるので、日常生活(立ち上がる、かがむ、起き上がる等)で生じる腰の不快感を軽減する機能があります。

届出番号
A238

機能性表示食品の届出情報詳細は下記、消費者庁のサイトよりご確認いただけます。

届出番号欄に「A238」と入力して検索してください。

8週間の摂取で
腰の不快感が軽減されました

腰の痛み等に関するアンケート(JLEQ※スコア)グラフイメージ
【対象者】腰の不快感を自覚する成人男女63名【試験デザイン】プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験【試験方法】摂取前、4週後、8週後の腰の違和感の程度を確認【対象商品】サプリメント:腰ラックス(機能成分有り)、もしくはプラセボ品(機能成分無し)【摂取期間】8週間

「腰ラックス」を摂取した34名、疑似食品を摂取した29名の結果を解析しました。JLEQ(※)スコアについて、「腰ラックス」摂取グループは「疑似食品」摂取グループに比べ、摂取8週後で有意に低下し、腰の不快感を改善することが確認されました。

【対象者】腰の不快感を自覚する成人男女63名【試験デザイン】プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験【試験方法】摂取前、4週後、8週後の腰の違和感の程度を確認【対象商品】サプリメント:腰ラックス(機能成分有り)、もしくはプラセボ品(機能成分無し)【摂取期間】8週間

※JLEQとは、腰機能に関する問診票で、「感じている痛み」、「日常生活の状態」、「普段の活動・運動機能」、「健康・精神状態」について、細かく尋ねる評価表です。

※研究レビューの対象となった論文のうち、代表的なものの一つです。

商品のご購入はこちら