ぼやけを暖和しはっきり見るチカラを助ける スペシャルサイトはこちらから ぼやけを暖和しはっきり見るチカラを助ける スペシャルサイトはこちらから

機能性表示食品 臨床試験成分文献評価済み

「えんきん」の科学的根拠などに関する情報を詳しく見る

商品の特長※写真・イラストはイメージです。

えんきん 臨床試験済 成分文献評価済

えんきんはますます頼れる機能性表示食品へ

  • ぼやけを緩和しはっきり見るチカラを助ける※2
  • 光の刺激から目を守るとされる黄斑部の色素を増やす※2
  • ※1:「手元のピント調節」機能
  • ※2:「ぼやけの緩和/黄斑部の色素をふやす」機能は、機能性関与成分(ルテイン)に関する成分文献評価(研究レビュー)です。

黄斑部とは?

開く
黄斑部 光の刺激から目を守るとされる。ルテインは構成成分のひとつ。
閉じる

コントラスト感度とは?

開く
コントラスト感度

*コントラスト感度の説明であり、本品の効果を示すものではありません。

閉じる

ぼやけ対策にルテインを摂りましょう。

目の“ぼやけ”の原因の1つは黄斑色素量の減少といわれています。
開く
データ① 黄斑色素量は加齢とともに減少する

日本人の黄斑色素量(ルテインとゼアキサンチンで構成)を測定したもの。加齢とともに減少することが 明らかになった。(出典:Obana et al. ARVO 2005 Annual Meeting, Pro&ram1572のデータをもとに編集室にて改編)

閉じる
黄斑色素を補うにはルテインがおすすめ
開く
データ② ルテインを摂取すると黄斑色素量が増える

日本人11名がルテインを1日10mg、3カ月間摂った結果、黄斑色素光学密度が40%超上昇したことが確認された。
※1 黄斑色素光学密度とは、黄斑色素の指標です。ルテインは黄斑色素の構成成分です。※2 対照群:ゼアキサンチン10mg/日/11名(出典:Jpn J Ophthalmol. 2012 Sep;56(5):488-96.のデータをもとに編集室にて改編)

閉じる

もちろん、ピント調節機能は臨床試験済み!!

  • ・手元のピント調節力機能を助けます。
  • ・目の使用による一時的な肩・首筋の負担を和らげます。

目の筋肉は、歳をとる。

文字が読みにくくなったら、そろそろ始めどきです。

年齢とともにピント調節力は急降下…!

\「えんきん」摂取4週間後の/近くのピント調整力についての臨床試験結果 近点調節力に改善がみられた \「えんきん」摂取4週間後の/目の使用による肩・首筋の状態についての臨床試験結果 目の利用による肩・首筋の状態が4週間で改善

対象者:日常的に目の疲れを感じている45~64歳の男女48名。
試験デザイン:無作為化プラセボ対照二重盲検並行群間比較試験。
試験方法:摂取前と摂取開始4週間後に検査。
対象商品:サプリメント:えんきん(機能成分有り)、もしくはプラセボ品(機能成分無し)。
摂取期間:4週間。
( Immunol Endocr Metab Agents Med Chem. 2014 14:114-125. )