化粧水、きちんと使えていますか?今の肌状態にあった化粧水を選ぶには

乾燥や外の刺激から肌を守るためには、正しい保湿ケアがマスト。特に保湿ケアの基本である化粧水は、自分に合ったものを選びつつ、正しく使用するのがポイントです! スキンケアの効果をしっかり感じるために、化粧水の役割や正しい使い方、選び方まで紹介します。

目次

うるおい成分を肌に届けてくれる

肌は乾燥すると、外の刺激に弱くなり、肌トラブルが起こるリスクがぐんと高くなります! 化粧水は、肌の水分をキープしつつ、外の刺激から肌を守るバリア機能を整えるために必要です。

角層を柔らかくする

化粧水は、肌の最も外側にある角層を柔らかくしてくれます。その結果、キメの整ったなめらかな肌に導いてくれます。

美容液や乳液の美容成分を浸透しやすくする

化粧水には、あとから使う美容液や乳液の美容成分が浸透しやすくなるように、肌状態を整える効果も。美容液や乳液の効果をしっかり発揮させるサポート役なのです。

間違った使い方をしていては化粧水の十分な効果が期待できません! 正しい使い方とその手順を、しっかりおさえましょう。

化粧水を浸透させる手順

化粧水は、次の手順で肌に浸透させます。

  1. ①清潔な手で化粧水をとる
  2. ②中指と薬指の腹を使い、顔の内側→外側、下→上に向かって、やさしくおさえるようになじませる
  3. ③最後に手のひら全体を使ってやさしくハンドプレスし、美容成分をしっかり浸透させる(両頬→額・あご→目もとの順に数秒間ずつおさえる)。

化粧水で与えたうるおいをしっかり保持するために、乳液でフタをすることも忘れずに。

化粧水をつける前後は、下記のポイントをチェック。より化粧水の美容効果が実感できるはず。

肌をこすらない!

肌を叩いたりこすったりするのはNG! 肌が刺激され、くすみや赤みなどの肌トラブルに繋がるおそれも。

化粧水をつけたまま放置しない!

化粧水をつけて放置すると、せっかく浸透させた水分や美容成分が蒸発します……! 化粧水をつけたら、時間を置かずに美容液や乳液でケアするのが◎

目尻など乾燥が気になるパーツには、重ねづけを

目尻や口の周りは乾燥しやすいため、重点的に保湿ケアを。中指と薬指の腹を使いながら、化粧水を重ねづけしましょう。

顔になじませるのは、下から上へ!

化粧水を顔になじませるときは、顔の下から上に向かってなじませること。持ち上げるようになじませていくことで、シワ・たるみ防止&ハリ肌キープを同時にかなえてくれます。

化粧水をつけたら、お肌を触ってもちもち度をチェック!

水分を含んだ肌は、柔らかくもちもちしています。触ってみて、手が肌にペタッと吸いついたら、化粧水の成分が角層へ浸透している証拠

コットンはNG!? 肌への摩擦に注意

コットンを使用している人も多いかと思います。でもコットンが思わぬ肌トラブルを引き起こすかもしれないことを知っていますか? コットンによる摩擦が肌の刺激になったり、こすることで角層がはがれてしまう原因になることも。コットンを使う場合は、力を入れすぎないよう心がけましょう

手で化粧水をつけるときは、力の入りにくい中指と薬指の腹で化粧水をそっとなじませるのがポイント。指先で肌に直接触れることで、「最近乾燥しやすいな」「毛穴が気になるな」など、季節や加齢によって日々変化する肌状態をチェックでき、対処しやすくなります。

プチプラからデパコスまで化粧水はいろんな種類があって、どれを買ったらいいのか迷ってしまいますよね。大事なのは肌悩みに合った化粧水を選ぶこと。そこで、お悩み別にどのようなタイプの化粧水を選ぶべきか、ご紹介します。

お悩み別におすすめの化粧水

エイジングサイン(シワ・たるみ)が気になる…

シワやたるみの原因は、加齢だけではありません。紫外線や肌の摩擦などによるストレスで、肌の弾力をキープするコラーゲンやエラスチンが減ったり質が低下したりすることも原因のひとつ。角層までしっかり保湿しつつ、質の高いコラーゲンを補える化粧水を選ぶとよいでしょう。

美白(シミ、くすみ)が気になる…

シミの原因となるメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ美白有効成分配合の化粧水がおすすめ! 肌がカサカサしていると透明感が失われるため、美白機能だけでなく保湿力もしっかりしたものを選ぶと◎

大人ニキビが気になる…

ニキビを防ぎながらニキビができにくい肌へと整えてくれる化粧水がおすすめ。また、ニキビをくり返す肌はバリア機能が低下していることも。殺菌剤不使用など、肌への負担が少ない化粧水でやさしくケアしましょう。

毛穴(キメ、テカリ、カサつき)が気になる…

皮脂が多く分泌されている場合、肌の表面はテカっていても、肌の奥は乾燥していることも。これはインナードライといい、毛穴開きの原因です。このようなお肌には、内側からみずみずしくうるおってくれる高保湿化粧水をチョイスしましょう。

お悩み別 ファンケルの化粧水一覧

化粧水を選ぶポイント

化粧水を購入する際には、次のポイントを確認します。

サンプルなどでお試しできるか

自分に合いそうだと感じても、実際に使ってみると「保湿力がもの足りない」「ピリピリする」など、思わぬ不満が出てくる可能性も。サンプルなどでお試しできれば、自分の肌に合った化粧水を購入できますね!

肌に合わなかった場合、返品可能かどうか

自分の肌に合わなかった場合に返品できるかどうかも大事なポイント。返品サービスが整っていると、安心して試せますね。返品できない場合、その化粧水を購入した費用はまるまる無駄になってしまいます……。

意外と見落としがち? 肌ストレスの影響とは?

肌に合ったスキンケアアイテムを選ぶ際は、美肌の妨げになる成分が入っていないか、確認することも重要です。成分によっては、肌ストレスをため、老化を早めてしまう原因になる恐れも……! それでは、どのような成分に気をつければよいのか、みていきましょう。

化粧品に含まれがちな添加物、実は美肌の天敵?

化粧品に含まれている防腐剤は、肌に蓄積し、老化を早める原因になることも! また、防腐剤には「美容成分の浸透を妨げる」、「ハリの低下を引き起こす」、といった問題点も。

他にも、化粧品には香料、石油系界面活性剤、合成色素などの添加物が含まれていることがあります。これらは肌への刺激となり、アレルギー反応や肌トラブルを引き起こすことも。こうした肌ストレスや外からの刺激や精神的ストレスを受け続けると、肌本来が持つ美しくなろうとする力が弱くなります。化粧水に何が入っているかを知ることも重要ですが、何が入っていないかを知ってスキンケアを選ぶことも、美肌づくりのために大切です。

美肌を育む、ファンケルの無添加スキンケア

ファンケルの化粧品は防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使用していません
「真の美しさは、素肌の健康から生まれる」という美の哲学のもと、全ての製品に肌ストレスとなる成分を一切配合していません。また品質を保持したまま使い切ってもらえるようにと、製造場所や容器にいたるまで、自社で厳しい基準を設けています。

このように肌に負担を一切与えないスキンケアアイテムで「アンチストレスケア」を毎日行うことで、肌機能は正常化し、美容効果は最大限に引き出されます。本当に必要な成分のみでつくられたスキンケアアイテムを使い続けていけば、未来でも美肌を保つことができるでしょう。

ファンケルの化粧水ラインナップ

ファンケルでは肌ストレスのことまで考えて30年以上研究開発を進めています。まるで美容液のように、たっぷり美容成分を配合しているため化粧液と呼んでいるのもポイント。肌悩みに応じて自分に合うものを選べます。

エンリッチ (エイジングケア)

ハリ・弾力不足が気になる方におすすめの、コラーゲンの質にまで着目した化粧水。ハリを保つために重要な独自成分「適応型コラーゲンα」が引き締まった弾力のある肌を叶えます。コラーゲンをキュッと束ね、ゆるみのない肌へと導きます。それに加え、常に新鮮なコラーゲンを維持する「月見草エキス」も配合。

エンリッチについて詳しくはこちら

モイストリファイン (保湿ケア)

保湿力に着目した化粧水で、肌の乾燥やキメの乱れが気になる方におすすめ。「モイストチャージコラーゲン」と「アクティブセラミド」が、肌の外側と内側にWではたらき、うるおいで満たし、キメの整ったなめらか肌に導きます。毛穴まわりの肌をキュッと引き締めるVPエキスも配合。

モイストリファインについて詳しくはこちら

ホワイトニング (※)(美白ケア)

「居座りジミ」やくすみに悩んでいる方に最適な化粧水。居座りジミの原因は、紫外線などの刺激で生まれる「メラノドロッパー」が肌の土台を破壊し、「メラノサイトの落下」を招くことで通常のターンオーバーでは排出されにくくなってしまうことによるもの。

ファンケルホワイトニングラインは、この居座りジミ発生のメカニズムに着目。新配合のサクラ葉エキスが、美白有効成分がしっかり届きやすい肌になるよう、うるおいで満たします。さらに「アクティブビタミンCα」配合で、酸化しやすいビタミンCを安定した状態で肌の奥まで届けてくれます。

(※)ホワイトニングとは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ効果のことをいいます。

ホワイトニングについて詳しくはこちら

アクネケア (ニキビケア)

繰り返すニキビの原因となる過剰な皮脂と角栓にアプローチする化粧水。角栓の原因である古い角層をやわらかくして取り除く成分を含みます。殺菌剤を使わず、代わりに3つの漢植物エキスやアケビアエキスを配合。肌のバリア機能を整えて、繰り返す大人ニキビを予防してくれます。

アクネケアについて詳しくはこちら

自分の肌に合ったものを正しく使えば、化粧水の効果はグングン高まります! たくさんの種類の化粧水が売られているため、迷ったら化粧品売場にいるビューティーアドバイザー(美容部員)や各メーカーの相談窓口に相談してみるのもおすすめ。
自分に合った化粧水をしっかり見極め、正しいつけ方を実践し、肌本来の美しさを引き出していきましょう!

お悩み別 ファンケルの化粧水一覧


Copyright © FANCL CORPORATION All rights reserved.