30代~40代で特に気になる…頬のたるみ毛穴対策とは?
原因とスキンケアのコツ

30代~40代から気になりはじめる頬のたるみ毛穴。早くから対策を始めることで、悩みが深刻になるのを防げます。毎日、正しくケアを続けることで、つるんとした肌をキープできるでしょう。たるみ毛穴には、スキンケアの基本となる日々の正しい洗顔や保湿ケアが効果的。今回は、頬のたるみ毛穴の原因とスキンケアのコツをご紹介します。

目次

たるみ毛穴とは、毛穴が縦に伸びていて、しずく型になっている毛穴のこと。特に鼻横の頬の部分が目立つことが多いです。

たるみ毛穴の特徴

10代~20代に気になりがちな開き毛穴は、丸く開いてみえます。一方、たるみ毛穴はしずく型で肌のたるみが原因のため、頬を持ち上げると毛穴が目立たなくなることが特徴です。
簡単にセルフチェックできるので、試してみてはいかがでしょうか。

たるみ毛穴の原因は肌のハリ不足

加齢や乾燥、紫外線などの影響で肌のコラーゲンやエラスチンなどの成分が減少・変形することで、肌のハリは失われていきます。そうなると肌がたるみ、毛穴が引っ張られて縦長になり、たるみ毛穴になってしまうのです。

頬のたるみ毛穴には、さまざまな角度からアプローチすることが大切!次のような対策を習慣づけましょう。

保湿ケア

日々の保湿ケアで肌をふっくらさせて、毛穴を目立ちにくくすることが大切。保湿不足は肌の弾力不足を加速させ、たるみ毛穴の原因に。保湿力が高い化粧水や乳液で、しっかり保湿しましょう。

スペシャルケアでエイジングサインにアプローチ

高保湿美容液によるスペシャルケアを習慣づけて、エイジングサインにアプローチしましょう。肌のコラーゲンに着目したアイテムを使えば、ハリのある肌へと導くことができます。

徹底した紫外線対策で肌の老化対策

紫外線は、肌の奥にあるコラーゲンを壊したり変形させたりして、たるみ毛穴を引き起こします。紫外線対策は夏だけでいいと思っている方も多いのではないでしょうか。紫外線は1年中降り注いでいるため、季節に関係なく対策が必要です。

日焼け止めを塗るだけではなく、ツバの広い帽子や日傘なども利用して、紫外線を徹底的にシャットアウトしましょう。

たるみ毛穴の対策として、日々のスキンケアを見直しましょう。次のようなスキンケアには気を付けるべきです。

肌の摩擦になるスクラブは避ける

角栓が毛穴に詰まったときは、スクラブ洗顔で汚れを落とそうとしがちです。スクラブ洗顔はさっぱりとした使用感のものが多く乾燥をすすめてしまうため、たるみ毛穴を悪化させる可能性があります。詰まり毛穴が気になる場合はスクラブ洗顔ではなく、たっぷりの泡で肌をこすらないようやさしく洗顔することが大切です!そして泡は、人肌程度のぬるま湯で丁寧に洗い流しましょう。

はがすタイプのパックなどは肌の負担になることも

はがすタイプのパックは、毛穴汚れを吸着して取り除くケアアイテムですが、肌と毛穴の負担になることも。正しい洗顔を習慣づけることで、はがすタイプのパックに頼ることなく、肌と毛穴に負担をかけずに毛穴汚れを取り除くことができます。

肌のバリア機能を低下させる洗浄力の高いクレンジングは避ける

洗浄力が高いクレンジングは、肌の皮脂を必要以上に洗い流してしまいます。皮脂は肌のバリア機能に深く関わっているため、洗い流しすぎないよう注意が必要です。肌のうるおいを守りながら、メイクはしっかり落とせるクレンジングを使いましょう。

また、洗浄力の高すぎるクレンジングを使わなくて済むように、簡単に落とせるメイク品を選ぶとベターです。

保湿を十分にして毛穴をうるおいで満たす

洗顔後は、丁寧に保湿ケアすることが大切。そのまま放置すると、肌のうるおいが失われてダメージを受けやすくなります。空気の乾燥などの影響で肌のハリが失われ、たるみ毛穴が悪化することも。保湿ケアは、肌のバリア機能をサポートする重要なケアのため、毎日朝晩2回の洗顔後は時間をおかずに行いましょう。

保湿ケアのポイントは、化粧水、乳液の両アイテムを省略せずに使うこと。また、目もとや口もとなど乾燥が気になるところには、クリームを重ねづけしましょう。

年々、頬のたるみ毛穴が気になってきている方は、早めに対策を始めることが大切です。おすすめは、ファンケルの無添加化粧品です。ハリを与えることでたるみ毛穴のケアにぴったりなファンケルのアイテムをご紹介します。

ファンケルの無添加化粧品とは

たるみ毛穴を加速させないためにも、できるだけ肌ストレスを減らすことがポイント!
ファンケルの無添加化粧品は、肌ストレスの原因となり得る次の5つの添加物が含まれていません。徹底的に肌への負担を取り除くことにこだわっています。

敏感肌や乾燥肌の方は、化粧品に含まれる添加物がその要因となっている場合もあるため、無添加化粧品の使用がおすすめです。

ファンケルの毛穴ケア

ファンケルが考える毛穴ケアは、肌と毛穴の汚れをやさしく取り除き、保湿ケアでうるおいのある肌をキープすること。保湿することで肌の弾力をアップし、たるまないようにすることが大切です。ファンケルでは、このようなスキンケアだけではなく、毛穴が目立ちにくいベースメイクにも力を入れています。

それでは、たるみ毛穴対策になるファンケルのおすすめ商品をご紹介します。

ファンケルのエイジングケアラインナップ

たるみ毛穴をケアするおすすめスキンケア

ファンケルが考えるエイジングケアは、正しい洗顔や保湿ケアでコンディションを保ちつつ、ハリ肌を保つコラーゲンやエラスチンの減少や変性を防ぐこと。 ※年齢に応じたハリケアのこと

ファンケルの「エンリッチ」は、コラーゲンの質に着目したエイジングケアライン。キュッと引き締まった弾力のある肌を叶える「適応型コラーゲンα」が配合されています。新鮮な状態のコラーゲンを保つ「月見草エキス」も含まれています。コラーゲンの質にこだわった新感覚スキンケアで、ハリ・弾力に満ちた肌へ導きます。

毛穴をカバーするベースメイク

ポア カバーベース」は、ゲルとパウダーで毛穴の凹凸をぼかしてカバーするベースメイク。ひと塗りで肌になじみ、サラサラとした仕上がりになることが特徴です。くすみやかさつきなどのトラブルをカバーできるところも◎肌色に関係なくなじみやすいため、日焼けで肌の色が変わりやすい方にもおすすめ!

肌にうるおいを与える高保湿美容液

モイスト&リフトエッセンス」は、しっとりコクのある高保湿美容液。年齢とともに失われがちなコラーゲンと、その働きを支えるヒアルロン酸を贅沢に配合し、肌にうるおいを与えることでみずみずしく弾力のある肌を叶えます。

たるみ毛穴は、たっぷりの泡でやさしく丁寧に洗顔しつつ、正しい保湿ケアを習慣づけることで対策できます。

ファンケルではハリを与えることで、たるみ毛穴の対策をサポートするスキンケアや、ベースメイクを取り扱っています。肌ストレスを考慮した無添加なので、納得の使い心地。日々のケアを積み重ねて、たるみ毛穴のない肌を目指しましょう。


Copyright © FANCL CORPORATION All rights reserved.