大人になってもニキビが…!その原因や対処法について解説

ストレスの多い現代社会では、思春期を過ぎ大人になってもニキビに悩まされる女性が増えています。同じ場所にくり返しできることが多く、ニキビ跡も残りやすい大人ニキビに悩まされている人も多いのではないでしょうか。そんな「大人ニキビ」に対処するためには、大人ニキビの特徴や原因を知り、適切なスキンケアや対処法を知ることが大切です。

目次

大人ニキビはなぜできてしまうのでしょうか?大人ニキビの特徴と原因、思春期ニキビとの違いを解説します。

ニキビとは?

そもそもニキビは、過剰に分泌された皮脂が古い角質とともに毛穴の入り口に詰まることでできやすくなります。毛穴の入り口が詰まると毛穴の中に皮脂がたまり、皮膚の常在菌であるアクネ菌が過剰に増えることで炎症を起こし、ニキビになってしまうのです。

■思春期ニキビの特徴

思春期には、成長期で皮脂が過剰に分泌されがちになるため、ニキビができやすくなると言われています。皮脂が多く分泌される額や鼻にかけてのTゾーンにできやすいのが、思春期ニキビの特徴です。

■大人ニキビの特徴

一方、大人ニキビは頬や口もとなどのUゾーンにできやすく、治っても同じ部分にくり返しできることが多いのが特徴です。いったんニキビができてしまうと治りにくい、ニキビ跡が残りやすい、生理周期に合わせてできるといったことも、特徴として挙げられます。

■思春期ニキビとの違い

思春期ニキビと大人ニキビでは、できやすい場所に違いがあります。また、思春期ニキビは皮脂の過剰な分泌が主な原因ですが、大人ニキビはさまざまな要因から同じ部分にくり返しできてしまいます。くり返す大人ニキビに対処するためには、一時的に対処するのではなく、ニキビの原因を知り、肌の状態を整えるケアを心がけることが大切です。

大人ニキビの原因

■乾燥

年齢を重ねた肌は乾燥しやすくなっています。年齢に応じた保湿ケアができていないと乾燥が進み、古くなった角層がたまって毛穴が詰まりやすくなります。

■睡眠不足やストレス、食生活の乱れ

睡眠不足や偏った食生活、過度なストレスなどによって、肌のターンオーバーが正常に行われなくなってしまうことがあります。ターンオーバーが乱れると古い角層が毛穴に詰まりやすくなり、ニキビができやすい肌になってしまうのです。

■生理によるホルモンバランスの変化の影響

排卵後から生理前にニキビができてしまう人は、ホルモンバランスの変化の影響を受けているかもしれません。この時期は皮脂の分泌を促進させ角層を厚くするプロゲステロンが多くなってしまうため、ニキビができやすくなります。

次に、大人ニキビができやすい場所とその原因について解説します。

■頬

頬は顔の中でも皮脂の分泌が少なく、乾燥しやすい部分です。乾燥した状態が続くと、角層で毛穴が詰まりやすくなるので、ニキビができやすくなってしまいます。また、ファンデーションやチークなどメイクを重ねる部分でもあるため、クレンジングが十分でないとニキビの原因になることも。

■口もと

口もとも頬と同じく、皮膚が薄くて乾燥しやすくニキビができやすい部位です。しかも口もとのニキビは炎症が起こりやすく、悪化しやすいと言われています。また、メイクを落とす際の摩擦や、口もとを手で触れるなど日ごろの癖が原因になることも。

■フェイスライン

頭髪の毛先が触れやすいフェイスラインも、肌に触れる毛先が刺激になったり、雑菌がつきやすくなったりして、ニキビができやすい部位です。また、メイクが残りやすい部分でもあるため、クレンジングや洗顔では髪の生え際まで丁寧に洗いましょう。

ここでは、大人ニキビができてしまったときの対策や、大人ニキビを予防するためのスキンケアについてご紹介します。

大人ニキビができたときのNGケア

■ニキビをつぶす

毛穴に詰まった皮脂や膿を出そうと、指でニキビをつぶすのは厳禁です。肌への過度な刺激になるだけでなく、指についている雑菌が原因となって炎症が悪化することも。ニキビ跡が凹んだり、黒ずんだりして、長く残る原因にもなってしまいます。

■刺激の強いケアをする

ニキビができやすい肌はバリア機能が低下して、摩擦などの刺激に弱い状態になっています。過剰に分泌された皮脂を落とそうとゴシゴシ洗ってしまうと、さらに肌の乾燥が進んでしまうため、ニキビケアとしては逆効果。

また、ニキビ用のスキンケア用品に含まれる殺菌剤やアルコールが肌の負担になることも。肌にピリピリと刺激を感じるスキンケア用品は使わないようにしましょう。

■乳液やクリームなどを使わない

皮脂が多いからと、乳液やクリームなどを使わず化粧水だけでスキンケアを済ませていませんか?化粧水だけでは、せっかく補った水分が蒸発して、肌の乾燥が進んでしまいます。うるおいと皮脂の適度なバランスが、健康的な肌の条件です。水分の蒸発を防ぐためにも、乳液やクリームなどで油分の膜を作ることは欠かせません。ただし、ニキビの炎症がひどい場合は、ニキビの部分は避けて塗ることをおすすめします。

大人ニキビの正しいケアと予防法とは?

では、大人ニキビはどのようにケアすればよいのでしょうか?

■気になってもなるべく触らない

白くふくらんだニキビや、赤く腫れたニキビは、気になってつい触ってしまいがちです。しかし、指で触ることでニキビの悪化につながることも。なるべく触らないように気をつけましょう。

■優しく洗顔する

バリア機能が低下しているニキビ肌ほど、過度の刺激を与えないことと、皮脂を落としすぎないことが大切です。優しく洗うことを心がけましょう。

洗顔料はたっぷりと泡立てて、肌をゴシゴシこすらないよう、泡をすべらせるイメージで洗うのが優しく洗うコツです。泡を洗い流すときは熱いお湯を避け、人肌程度のぬるま湯を使いましょう。フェイスラインまで洗い残しがないよう丁寧にすすいでください。

■スキンケアは低刺激&保湿重視

ニキビを繰り返さないためには、うるおいと皮脂のバランスが重要です。スキンケアを化粧水だけで済ませずに、乳液やクリームなどで油分を補って肌の乾燥を防ぎましょう。ただし、ニキビの炎症がひどい場合は、ニキビの部分は避けるように塗りましょう。

摩擦が肌の負担とならないよう、化粧水は指の腹で顔全体に優しく伸ばし、手のひらでハンドプレスをして仕上げます。乳液も同様になじませましょう。

毎日の保湿ケアが、ニキビのできにくい、うるおいと皮脂のバランスのよい肌を作ります。

■肌に刺激の少ないスキンケア用品を選ぶ

ニキビのできにくい肌は、適度な皮脂をキープしながらうるおいを保っている状態が理想です。水分と油分のバランスが崩れてバリア機能が低下している肌には、肌への影響を考慮して防腐剤や殺菌剤などを含まないスキンケア用品を選ぶのがおすすめ。

■同じスキンケア用品を続けてみる

肌のターンオーバーのサイクルは通常1~2ヶ月と言われています。スキンケア用品をすぐに変えてしまうと、効果が実感できないことも。すぐに効果が感じられないからといって、スキンケア用品を手当たり次第に変えてしまうのではなく、同じものを数ヶ月は続けてみるのがおすすめです。

■紫外線対策を徹底する

過度に紫外線を浴びることは、肌のターンオーバーの乱れを引き起こします。普段から日焼け止めを使って、紫外線対策を欠かさないようにしましょう。大人ニキビをくり返してしまう肌は刺激に弱くなっているため、肌への負担になりやすい紫外線吸収剤を含まない、低刺激タイプの日焼け止めがおすすめです。

■メイクは最小限に

ニキビ跡や赤みを隠したいからとメイクを厚くしてしまうと、メイクを落とすときに肌への負担が大きくなってしまうことも。肌への負担を考えると、メイクは最小限を心がけたいですね。洗浄力の強いクレンジングを使わなくても落とせるメイク用品を選ぶのも、ひとつの方法です。

大人ニキビに悩まされている人には、肌のバリア機能を高めて健やかな状態に導く、ファンケルのアクネケアラインがおすすめです。肌に負担となる成分を一切使わないファンケルの無添加化粧品で、大人ニキビ対策を今すぐ始めましょう!

ファンケルの無添加化粧品とは

刺激に敏感になっている大人ニキビをくり返す肌には、なるべく肌ストレスを与えないことが大切です。

ファンケルの無添加化粧品は、肌の負担となる可能性がある、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤の5つの成分を不使用。肌本来の美しさを引き出すことにこだわっています。

ファンケルの大人ニキビケア

一般的なニキビケア用品ではアクネ菌を減らすために殺菌剤が使われることもあります。しかし、ファンケルのアクネケアラインはデリケートなニキビ肌に配慮し、殺菌剤は不使用。独自に厳選した「漢植物エキス」をはじめとする植物由来の成分が、肌のバリア機能をサポートしニキビをくり返さない肌へと導きます。

それでは、大人ニキビ対策におすすめしたいファンケルの5つの化粧品をご紹介します。

ファンケルの「アクネケア」ライン[医薬部外品]

■うるおいを守りながら、ニキビを予防

アクネケア 洗顔クリーム」は、きめ細かいクリーミィ―な泡が特徴。うるおいを守りながら、ニキビの原因となる過剰な皮脂や角栓をきちんと落とし、すべすべの肌へと洗い上げます。

■水分と油分のバランスを整え、バリア機能を高める

アクネケア化粧液」は、べたつかないみずみずしい使い心地の化粧液。水分と油分のバランスを整え、くり返すニキビを予防します。ニキビの原因となる過剰な皮脂を抑えて肌をうるおいで満たし、乾燥ストレスに負けないやわらかな肌に。

アクネケア ジェル乳液」は、化粧液のうるおいをみずみずしいヴェールで包み込み、肌のバリア機能を高めます。べたつかないのに、しっかり保湿してくれる使用感もうれしいポイント。

■気になる部分を集中ケア

アクネケア エッセンス」は、ニキビが気になる部分用のジェル状美容液。厚みのあるジェルが素早く浸透し、ニキビを集中的にケア。甘草成分誘導体やイオウなどの漢植物エキスが肌をひきしめ、肌荒れやニキビを予防します。

大人ニキビにおすすめのUV対策アイテム

■紫外線のダメージから肌を守るメイク下地

スキンケアベース ブライトアップUV」(SPF35・+++)は、紫外線から肌を守り、汗や皮脂崩れを防ぐメイク下地。スキンケアと同じ美容成分がたっぷり配合されているので、メイクしながら美しい肌をキープするのにも役立ちます。普段使いしやすいメイク下地だから、大人のニキビ肌を守るためにもぴったり。

くり返す大人ニキビは、肌のバリア機能が低下していたり、ホルモンバランスの乱れから肌の健やかさが損なわれたりしていることが主な原因。スキンケアや生活習慣を見直すことで、ニキビのできにくい肌を目指しましょう。

ファンケルのアクネケアラインなら、肌の水分と油分のバランスを整えて肌のバリア機能を高め、ニキビのできにくい健康的な肌へと近づくことができます。肌の負担になると考えられる殺菌剤などの成分は不使用。毎日使えるのもうれしいですね。日々のケアの積み重ねで、くり返す大人ニキビの悩みから解放されましょう。


Copyright © FANCL CORPORATION All rights reserved.