治ったと思ってもまただ…繰り返す肌荒れの原因とその対策

いつも丁寧にスキンケアしているつもりでも季節の変わり目やストレスなどから肌が揺らぐことってありますよね。そして一度落ち着いたと思ってもまた繰り返してしまう…さらにマスクの着用などの生活習慣の変化でその肌荒れに今まで以上に悩んでいる方も多いと思います。

ここでは繰り返しがちな肌荒れの原因と対策をご紹介していきます。

目次

肌荒れといってもニキビ、乾燥による肌のごわつきや赤み、かゆみなど症状や程度はひとそれぞれです。具体的に肌荒れとはどういう症状をともなうのかをみていきましょう。

乾燥/カサつき

肌が乾燥しているとごわつきや粉吹きのような症状が現れます。乾燥をそのまま放置してしまうとシワなどのエイジング悩みにつながる恐れも。乾燥やカサつきは肌のバリア機能が低下して、肌内部のうるおいを蓄える力が衰えてしまっている状態です。秋から冬にかけては外気も乾燥してくるので特に乾燥しやすくなります。

ニキビ/吹き出物

ニキビと吹き出物は医学的には同じ症状のことを指しています。どちらもターンオーバーの乱れによって肌のバリア機能が低下し、角層が厚くなることで、毛穴に古い角質や皮脂がたまりやすくなり、炎症を起こしている状態です。フェイスラインやあご、口周りにできるニキビがとくに厄介で治りにくく、繰り返しやすい傾向にあります。

赤み

肌全体が赤く、ヒリヒリする状態を指し、小鼻や頬などによく見られます。
これも、紫外線や花粉などの外部刺激から肌を守ってくれるバリア機能の低下が引き起こす症状です。

湿疹・かゆみ

こまかいぶつぶつが広範囲にかけてみられ、かゆみを伴うのが特徴です。大気汚染や花粉などの外的刺激に反応して発生することがあります。肌荒れの中では重度な症状なので必要に応じて皮膚科を受診することをおすすめします。

毛穴の開き

メイクでうまく隠せないほどの毛穴の開きも実は肌荒れの一種。皮脂の過剰分泌や乾燥によって毛穴の開きは起きます。毛穴の開き方によっても原因や対処法が異なりますが、小鼻の横に見られるような毛穴の目立ちや黒ずみは過剰皮脂によるものです。

様々な症状がある肌荒れですが、症状によってその原因は異なるので当然対処法も異なります。原因を正しく理解することで初めて正しいケアができますので次で原因を詳しくみていきましょう。

外的刺激

紫外線、大気汚染、花粉や気温の変化などの外的刺激によって乾燥すると肌は揺らぎやすくなり、肌荒れを引き起こします。生活習慣の変化からマスクの着用時間が増えることでマスクによるこすれや蒸れなどの外的刺激も肌荒れの原因として増えてきています。

ホルモンバランスの変化

生理前になるとホルモン量の変化から皮脂の量が増えて、毛穴が詰まりやすくなることで肌荒れが起きやすくなります。通常生理後の一週間はホルモンバランスが整うことで肌のキメが整いやすくなるといわれています。

生活習慣の乱れ

寝不足やストレス、栄養バランスの偏った食事などの生活習慣の乱れは肌のターンオーバーの乱れを引き起こし、肌のキメが乱れたりバリア機能が低下したりすることで肌荒れのリスクが高まります。

誤ったスキンケア

肌を強くこするクレンジングや洗顔、そしてベタつくのが嫌という理由から乳液やクリームを怠った誤ったスキンケアを行うことで肌のバリア機能が低下してしまい、肌荒れを繰り返してしまいます。

肌荒れを根本から解決するにはバリア機能とターンオーバーを整えることが重要ですが、具体的にどのようなスキンケアをしていけばいいのかご紹介いたします。

肌に負担のかからないクレンジングと洗顔

肌荒れを起こしている肌はバリア機能が低下し、あらゆる外的刺激に敏感になっている状態です。肌ストレスを与えないよう、こすらずなでるだけで短時間でするっとメイクオフできるクレンジング、そしてたっぷりの泡で摩擦を起こさない洗顔を取り入れて肌への負担を軽減させましょう。

十分な保湿をする

肌荒れを起こしている肌は肌本来の水分量と油分量のバランスが崩れている状態です。肌のバリア機能を整えるにはまずは保湿力の高い化粧水でたっぷりうるおいを与えてあげましょう。

水分蒸散を防ぐ

クリームや乳液のべたつきが苦手という方もいらっしゃるかもしれません。しかし化粧水でしっかり保湿してあげても乳液やクリームなどの油分でフタをしてあげなければ肌の水分はどんどん蒸発してしまい逆に乾燥を招いてしまいます。スキンケアの最後は必ず乳液やクリームでフタをしましょう。

紫外線対策は忘れずに

肌荒れを起こしている場合であってもすっぴんで外出するのは危険です。それは紫外線は肌荒れを悪化させてしまうからです。しっかりメイクは避けつつも、日焼け止めやUVカット効果のあるクリーム・化粧下地を塗って紫外線から肌を保護してあげましょう。

スキンケアを見直す

肌荒れの時は肌がデリケートになっていて、使っている化粧品の成分が肌に合わなくなっていることも。
刺激に敏感になっていることもあるので、低刺激で使い心地の良いスキンケアを使いましょう。肌に不要な添加物を使っていない無添加化粧品もお勧めです。

生活習慣も見直して

スキンケアのみならず生活習慣を見直して体の内側から整えることで肌荒れの改善を期待できます。基本ではありますが良質な睡眠、栄養バランスのとれた食事そして適度な運動を心がけて内側からのケアも大切です。

肌荒れしているときには肌に刺激を与えず優しく丁寧にケアしてあげるのがポイント。ここでは絶対に避けたいNGスキンケアをお伝えします。

肌をこするスキンケア

普段のスキンケアで意外とやってしまっているのが肌をこする行為。クレンジングや洗顔で毛穴の汚れを落とそうとゴシゴシ、化粧水を肌に入れ込むのに肌にパンパンと叩き入れたり、乳液・クリームで肌マッサージをしてみたりと無意識のうちに肌をこすってしまっているのです。肌荒れが気になるときは、このようなこする行為をしていないか意識してスキンケアを行うことが重要です。

スクラブやピーリングなどの角質ケア

肌荒れを起こしているとつい早く治したいという気持ちからスクラブやピーリングなどのスペシャルケアにも手を出したくなりますよね。でも肌荒れをしているときこそスペシャルケアはぐっとこらえて、むしろ化粧水、乳液のシンプルケアにとどめて肌のバリア機能を整えることを最優先してください。

使用量を守らないスキンケア

規定量だと少し多い気がする、もったいないなどの理由から使用量を守らないと期待できる効果を十分に発揮できないことがあります。必ず使用量を守ってスキンケアを行いましょう。

肌荒れを起こして様々な刺激に敏感になっている肌には肌に不要な成分は一切含まれていないファンケルの無添加化粧品がおすすめです。
ファンケルの無添加化粧品へのこだわりをみていきましょう。

ファンケルの無添加化粧品とは

ファンケルは創業以来無添加にこだわり続けています。それは防腐剤などの添加物は肌ストレスを与えると考えており、そのストレスから解放されることで肌本来の力を十分に発揮させるためです。

次では無添加化粧品を製造するファンケルから肌荒れのときでも自信をもっておすすめできるスキンケア商品4品をご紹介します。

アクネケア【医薬部外品】

バリア機能が低下することで発生する毛穴詰まりや繰り返しニキビをケアしてくれる「アクネケア」。5つの無添加に加えて、一般的なニキビケア商品によく使用される殺菌剤も不使用で使用感満足度は90%。ニキビや毛穴悩みを根本からケアして肌をすこやかに整えてくれます。

エンリッチ

「エンリッチ」は、エイジングサインに悩む方向けの高保湿スキンケア。使用感満足度98%とユーザー評価も高いです。
コラーゲンの量だけでなく質にも着目したWコラーゲンアプローチで乾燥した肌にハリと弾力を与えます。

モイストリファイン

「モイストリファイン」は乾燥やキメの乱れなどの複合的な肌悩みの原因、であるインナードライを独自の「Wうるおいアプローチ」で満たす使用感満足度94%の高保湿ライン。

乾燥敏感肌ケア

わずかな刺激も感じやすい乾燥敏感肌の方向けに開発された「乾燥敏感肌ケア」は乾燥敏感肌に必要な成分だけをいたわりながらやさしく届けます。肌のバリア機能を整え、ゆるがないすこやかな肌へと導きます。

肌荒れには焦らずやさしくシンプルなスキンケアを行うことで、少しずつバリア機能の整った健やかな肌に整います。肌にストレスを与えることなく丁寧なケアを心がけることで、肌本来の力を発揮できるようにしていきましょう。


Copyright © FANCL CORPORATION All rights reserved.