クレンジングバーム・クレンジングオイル・クレンジングミルク・クレンジングジェル・・・さまざまなクレンジングと選び方とは?

メイクや日焼け止めを落とすクレンジングの種類は、バーム・オイル・ミルク・リキッドなどさまざまなタイプがありますよね。どれが良いのかなと思っている方も多いのでは?
ここでは、さまざまなタイプの違いを紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。
また、単にメイクを落とすクレンジング機能だけでなく、美しい素肌を保つためのクレンジング選びに必要なポイントも紹介していきます。

目次

クレンジングはその仕様やテクスチャーが異なるさまざまな剤型が展開されています。アイテムによって特徴が変わるので、その違いを見ていきましょう。

クレンジングバーム

バームは半固形タイプでオイルを固めたもの。肌にのせると溶けてオイル状になり、メイクなじみが良くクレンジング力が高いのが特徴です。
W洗顔なしで使用できるタイプが多いです。また、クレンジングバームは乾いた手で使うことで効果的に働くものが多く、お風呂前などに使うのがおすすめ。手にとるときにバームに水が含まれてしまうと、雑菌が繁殖したり、品質が劣化することがあるため、スパチュラなどを用いて水が入らないように気をつけて使うと良いでしょう。

クレンジングオイル

メイクも同じ油分ということもあり、オイルタイプは様々な剤型の中でもメイクなじみが良く、最もクレンジング力が高いです。メイク汚れだけではなく、皮脂が酸化して固まった毛穴の角栓汚れまでしっかり落とします。ごしごしこすらなくてもしっかりクレンジングできるのが特徴です。ぬるつき感がないよう、しっかりすすいでクレンジング剤のぬるつき感が残らないようにケアすることが大切です。
オイルタイプは乾燥しがちということを聞いたことがあるかもしれませんが、商品によってはうるおいを残して乾燥しないタイプもあるので商品特徴をしっかり見て選んでみてください。

ミルククレンジング

ミルクタイプは水分をベースとしたさらっとしたテクスチャーで、うるおいを保ってクレンジングできるものが多いです。その分クレンジング力はライトで、比較的濃いめのメイクを落とすのには向いていないタイプとなるので、ナチュラルな軽めのメイクをしている人におすすめです。またしっとり洗い上げる特徴から、乾燥肌に悩む人にも選ばれている剤型です。

ジェルクレンジング

ジェルタイプのクレンジングは、とろっとしたテクスチャーで肌なじみが良く、伸ばしやすい特徴があります。摩擦による肌ダメージを与えることなく、肌にやさしくメイクを落とすことができます。また洗い上がりのつっぱり感がなく、乾燥しにくい特徴もあるため、エイジング世代や乾燥肌・敏感肌にもおすすめのアイテムです。

リキッドクレンジング

リキッドタイプは、一般的に水分をベースにしている商品が多く、さらっとした質感で水にも油にもなじみやすいのが特徴です。みずみずしくさらっとした使用感からぬるつきがなく、さっぱりと使えます。また濡れた手で使える商品が多く、お風呂場でもクレンジングできるものが多いです。一部の商品では、リキッドをコットンにつけてふきとりできるタイプのクレンジングもあり、メイク落としが面倒なときには便利に手軽に使えます。

クレンジングはスキンケアの始まりとして、素肌美づくりにとても大切です。
クレンジングをしっかりと行うことで、その後に使う化粧水などの浸透も違うものになり、スキンケアの効果が変わってきます。どんなに保湿力や美容効果の高いスキンケアを使っても、メイク汚れや毛穴の汚れがしっかり落ちていない状態だと美容成分を届ける土台がつくられません。
生活の中では、空気中に含まれる大気汚染などの汚れ、皮脂、ヘアスタイリング剤などメイク以外のたくさんの汚れが付いてしまいます。そうした汚れが肌に残っていると、ニキビや乾燥といった肌トラブルを招くことも。美肌のためにはクレンジングや洗顔を正しく行い、メイク汚れや毛穴の角栓まできちんと落として、スキンケアがしっかり浸透する土台づくりが重要です。

クレンジングを選ぶ時は、ご自身のメイクの濃さや肌質を踏まえて好みにあったクレンジングを選ぶことが大切です。
メイクの濃さに応じてメイク汚れをしっかりと落とすことができているか、ごしごしとこすらず肌への負担の少ないクレンジングができているかが美肌のカギとなります。肌をこすると肌を傷めたり、バリア機能が乱れて乾燥してしまったりしてエイジングにもつながってしまうので注意が必要です。
またクレンジングはぬるつきがなく肌に残さずにすすげるものが良いでしょう。クレンジング残りは吹き出物など肌トラブルの原因になるのですすぎも大切です。さらに、洗い上がりの肌が乾燥せずつっぱらないものを選ぶことで、うるおいバランスの整ったキメの美しい肌をつくることができるでしょう。
あなたにぴったりなクレンジングを見つけて、次に使うスキンケアの浸透を高めてうるおいのある美肌の土台をつくっていきましょう♪

ファンケルでは、無添加のクレンジングをご用意しています。防腐剤や石油系界面活性剤、香料などの添加物が徹底して無添加。デリケートな肌の方も負担なくご使用いただけるというお声も多くいただいています。

1億本売り上げている大人気メイク落とし「マイルドクレンジングオイル」

ファンケルの「マイルドクレンジングオイル」は、落ちにくいメイクもこすらずになでるだけでするん!と落とせる大人気クレンジング♪
素早くメイクとなじみ、一度使うとその厚みのあるクッション性のあるオイルに驚くはず。肌に負担をかけることなくやさしくクレンジングすることができます。また、無香料で心地よく使うことができます。
さらにウォータープルーフやアイライナーなどのメイクもするんと落とせるため、目もとや口もとだけ別のクレンジングでオフするというような手間もいりません!スピーディーに水でクレンジングをすすげるのも人気のヒミツ。
さらにさらに、濡れた手でも使えるためお風呂場でも使えて便利♪
まつげエクステにも使えるんです!(※)メイク落としだけじゃなく、毛穴や角栓汚れもすっきりオフするので毛穴まですっきり美肌に導きます。
洗い上がりの肌は、バリア機能を保つセラミドを守る処方となっているため、肌本来のうるおいをキープして、使い続けるうちにキメが整い、乾燥による小じわも目立たなくする(効能評価試験済み)優秀クレンジング♪
さまざまな美容雑誌やランキングで上位をいただく大人気クレンジング、ぜひあなたの肌で試してみてください!!

※一般的なグルー(シアノアクリレート系)をご利用の場合にお使いいただけます。成分が異なる他のグルーの場合、取れてしまう可能性がありますのでお控えください。

ヒアルロン酸配合!とろけるジェルタイプ「整肌クレンジングジェル」

「整肌クレンジングジェル」は、肌のうるおいを守りながらメイクをオフする、ヒアルロン酸配合の水感クッションジェル。桃の葉エキスが肌あれを防ぎながらコンディションまで整えて、うるおい素肌に。ウォータープルーフなどの落ちにくいメイクをしていない方、オイルが苦手な方、ゆらぎがちな敏感肌のかたにもおすすめです。

*ノンコメドジェニックテスト済み。すべての方にコメド形成が起きないというわけではありません。

クレンジングと一緒に使いたい「無添加洗顔パウダー」

極上のつるつる肌に洗い上げる、パウダー状の洗顔料。クレンジングした後の肌を、濃密でもっちりとした泡がうるおいを守りながら皮脂や角栓、黒ずみなどの不要な角層を、まるごとつるんと落とします。その後に使うスキンケアの浸透(※)を高めて、使い続けるうちに乾燥による小ジワを目立たなくします。(効能評価試験済み)

※角層まで

今回はさまざまなクレンジング剤型や、クレンジング選びで大切なポイントを紹介しました。毎日のクレンジングは単なるメイク落としだけでなく、スキンケアの浸透を高めるなど美肌の土台づくりにかかせないとても大切なステップです。
心地良い洗顔で、一日の肌の汚れも毛穴の汚れもその日のうちにしっかりオフして、うるおいのあるキメの整った自慢のすっぴん肌を手に入れてください♪


Copyright © FANCL CORPORATION All rights reserved.