【クレンジングの摩擦が、小ジワの原因に!?】
肌に優しいおすすめクレンジング

近頃、目元に小ジワが…それ、メイク落とし、「クレンジング」が原因のひとつかも。目元のメイクが落としにくくてこすってしまったり、クレンジング後に乾燥を感じたりしていませんか?日々の繰り返しで、クレンジングによる肌ダメージは蓄積され、肌のバリア機能を低下させたり、乾燥小ジワなど、エイジングサインの原因になることも。いつまでも美しい肌を保つために、普段のクレンジング習慣を見直してみましょう。

ここではマスク生活での肌荒れや毛穴目立ちで悩んでいる人も要チェックの優しいクレンジング方法をご紹介します。

目次

まずは、クレンジングが肌ダメージを引き起こす要因を知りましょう。肌負担の要因には【摩擦によるダメージ】【クレンジング料の洗浄成分によるダメージ】の2つがあります。

ばっちりメイクや気になる毛穴汚れ、しっかり落とそうと思ってゴシゴシ肌をこすっていませんか?肌をこする摩擦が肌ダメージとなり、乾燥やシワ・くすみなど様々な肌悩みの原因となります。肌をいたわり物理的な刺激はできるだけ減らすことがクレンジングの鉄則です。

また、こすらずに落としたいからとうるおいまで奪ってしまう洗浄力が強すぎるメイク落としを使うのもNGです。洗い上がりの肌につっぱり感を感じる場合は、うるおいが足りてないサイン。洗洗浄力の強い成分が肌本来のうるおいも奪ってしまい乾燥を招く原因になってしまいます。

正しいクレンジングのポイントは、「メイクはしっかり落としながら、肌に負担をかけずにうるおいを残して洗う」ことです!

クレンジング剤にはさまざまな種類があるので、普段のメイクの濃さや使い方に合わせて自分に合うものを選ぶのが重要です。

クリーム・ジェル・ミルクタイプ・・比較的洗浄力は控えめなので、アイメイクは軽め、ベースメイクもパウダーだけだったりファンデーションが薄付きな方におススメ。洗い流した後にメイクが落ちておらず目の周りに残ったり、ティッシュなどでこすってオフしているようであれば、洗浄力の強いオイル・バームタイプなどに切り替えることを検討してみましょう。

オイル・バームタイプ・・メイクの油分とのなじみが良く洗浄力が強いのが特徴。アイメイクやコンシーラー・ファンデーション等のベースメイクをしっかりする方にはお勧めです。洗い上がりに乾燥を感じる場合は、肌本来のうるおいを守るタイプのアイテムを試してみましょう。ただし、すすぎに時間がかかるものは、すすぎ時にこすってしまうことも。肌に残ってしまうと、酸化して肌荒れにつながることもあるので、注意が必要です。

ふき取りシートタイプ・・疲れた夜でもさっと使えるのがとても便利なふき取りタイプ。ふき取りなので肌をこする力はかかってしまうので、優しくふき取るよう心がけましょう。またメイク汚れが残ってしまうとエイジングの原因にもなってしまうので、メイク残りを感じる場合は、水と一緒にしっかり洗い流すクレンジングに変えることをお勧めします。

クレンジングの際に、肌に触れない人はいないと思いますが、摩擦を避けるにはどうしたらいいのでしょうか?

特にウォータープルーフマスカラなど、目元のメイクは落としにくいものが多いですが、目元の肌の薄さは0.02mmと特に薄く、摩擦による小ジワリスクは大です!ですから、擦らなくても「メイクに馴染み、浮かせる」ような「洗浄力」のあるものを選ぶことも大切です。目元にクレンジング剤を塗布したら、すぐにクルクルとはせずに優しくなでて馴染ませましょう。

また、クレンジング剤のテクスチャーにも、注目してみてください。クルクルとメイクを馴染ませているつもりで、肌を直接擦ってしまわないように「厚みのあるテクスチャー」だと安心です。また、拭き取りやすすぎの際に、クレンジング剤自体が落ちにくいものは摩擦や肌残りにつながりますので「すすぎやすさ」も選ぶときのポイントです。長時間クレンジング剤を顔につけておくと乾燥の原因にもなりますので、水馴染みよく、さっと流せて短時間できちんと落とせることも大切です。

肌に優しいメイク落としのポイントは「①こすらない」「②肌を乾燥させない」「③きちんと落とせる」の3つ。

① こすらないこと:メイク馴染みの良さ・厚みのあるテクスチャー・すすぎの速さ

洗浄力が低すぎても摩擦の原因に。メイクに素早く馴染んで、こすらずに落とせること

② 肌を乾燥させない

洗浄成分や技術で肌のうるおいを残して洗えるクレンジングを選ぶことが大切。

③ きちんと落とせる

メイクやクレンジング剤を肌に残さないことはもちろん、角栓など肌に不要なものをきちんと落とすことが美肌への近道です。

▼W洗顔って必要なの?

メイクの主原料である油性の成分を落とすクレンジングと、皮脂など水性の汚れを落とす洗顔は役割が違います。古い角層や毛穴・くすみのもとを無理なく取り除き、その後のスキンケアの効果を高めるためには、クレンジングの後に洗顔料でのダブル洗顔がおすすめです。

優しいだけじゃものたりない!クレンジングで毛穴ケアも!

ポツポツ感が見た目にも気になる「角栓」ですが、実はエイジングのもとにもなるので毛穴ケアもとても重要。角栓に含まれる脂肪酸が酸化すると、肌への刺激となり肌を老化させる原因になります。毛穴に詰まってなかなか落ちない角栓は、メイク落としと一緒にクレンジング剤でケアするのもおすすめです!

1億本※売れているクレンジング!「マイルドクレンジングオイル」

徹底的に肌にストレスを与えずに落とすことを目指して作られた無添加クレンジングオイル。メイクも、ざらつきも、毛穴に詰まった角栓も、こすらずするんと落とせるのが特徴です。

メイク落ち:ウォータープルーフやアイライナーなど、どんなメイクにも素早くなじみ、肌に負担をかけることなくやさしくクレンジングすることができます。

角栓オフ:「毛穴つるすべオイル」配合で、頑固な角栓をスッキリオフ。

うるおいキープ:バリア機能を保つセラミドを守る処方となっているため、肌本来のうるおいをキープします。

乾燥による小ジワも目立たなくする(効能評価試験済み)優秀クレンジング♪クッションのように厚みのあるテクスチャーも、肌を擦らないための工夫のひとつです。さらに、濡れた手でも使えるので入浴ついでにクレンジングできるのも嬉しいポイントです。また、角栓や毛穴汚れや肌のざらつきが気になるときは、朝クレンジングをすることで、メイクノリをアップさせる裏技としても使えます!

※2003年4月からの累計販売実績

一度使えばやみつきのロングセラー商品「洗顔パウダー」

濃密なもっちり泡がクセになる、パウダー状の洗顔料。サッと水に溶け、素早く泡立ちます。コシのある泡が肌をこすらずに、不要な汚れを落とし、肌本来のうるおい成分「PCA」を守って洗い上げます。洗い上がりのうるおい感が手放せないと10年以上ご愛用いただいているお客様も多い、ファンケルのベストセラー洗顔料です。

クチコミで大人気の黒の酵素洗顔「ディープクリア洗顔パウダー」

「黒の酵素洗顔」という通称のとおり、酵素入りの黒いパウダー洗顔料。酵素の力と炭、吸着泥で毛穴の角栓、ザラつきを分解・吸着してごっそり落とします。糖とヒアルロン酸で肌本来のうるおいを守りながら洗うので、酵素洗顔で気になるつっぱり感とは無縁。毛穴が気になるすべての方におすすめの酵素洗顔料です。毛穴ケアをしたい男性にも実はご好評いただいています。

自ら美しくなる力を持つ肌に、唯一できないことは、「自らの汚れを落とすこと」。だからこそ、ストレスを与えずに汚れを落とすことはとても大切です。クレンジング・洗顔は、あとから使うスキンケアの効果も左右する、スキンケアの第一歩。美しく健康な肌を保つために、肌に優しい・正しいクレンジングを知って、習慣づけましょう。


Copyright © FANCL CORPORATION All rights reserved.