【おすすめのニキビ化粧水はこれ!】繰り返すニキビのケア方法・スキンケアを紹介

あごニキビや頬ニキビなど治ったと思ってもまた繰り返すニキビに悩んでいませんか?
正しいケアを行わずに、治ってはできてのニキビスパイラルが続いているとニキビ跡として残ってしまうことも。

そこで今回は、正しいケアでニキビを繰り返さない肌を目指して、ニキビ肌の状態~ニキビ肌に適したスキンケアの選び方と使い方をご紹介します。

目次

ニキビの主な原因は、皮脂や角質が毛穴に詰まることで毛穴の中で肌の常在菌であるアクネ菌が過剰に繁殖してしまい炎症を起こすことが関係しています。では、ニキビができやすい肌はどんな状態になっているのでしょうか。

皮脂が過剰に分泌されている

思春期にニキビができやすいのは、成長期に起こる皮脂の過剰分泌により、毛穴が詰まりやすくなることが主な原因です。また、大人になってからニキビに悩まされている場合は様々なストレスによりホルモンバランスが崩れることで、皮脂が過剰に出てしまうことが原因と言われています。
なお、思春期のニキビは皮脂が出やすいTゾーンを中心にできるのに対し、大人ニキビは皮脂が出にくいUゾーンを中心にできやすく、繰り返しニキビができやすいのも特徴です。

バリア機能が低下している

ニキビ肌で悩んでいる場合、皮脂が多いオイリー肌タイプと思い込みがちですが、実は部分的に肌が乾燥した状態になっていることがほとんどです。乾燥による肌ストレスは、肌が本来持っているバリア機能の低下を招き、皮脂の過剰分泌や毛穴詰まりなど、ニキビを繰り返す悪循環になりがちですので、要注意です!

繰り返しニキビに悩む肌はバリア機能の低下により、刺激に敏感でデリケートな状態になっています。肌の負担になるケアは避け、水分と油分のバランスを整える保湿ケアを正しく行うことが重要です。

クレンジング

ニキビができている時はメイクを控えるのが一番なのですが、なかなか難しいものですよね。ファンデーションなどのメイクが肌に残ってしまうと、肌への刺激となったり、毛穴詰まりが起こったりして、ニキビの原因となってしまいます・・・。
そのため忙しい日でも忘れずにクレンジングは行うようにしましょう。
その際に、ニキビ肌はバリア機能が低下して刺激に弱くなっているので、肌への刺激にならないようゴシゴシとこするのではなく、指の腹で優しく丁寧になじませることが大切です。
さらに、クレンジングも肌の負担になる成分を避けた低刺激タイプのものを選ぶのがおすすめです◎

洗顔

クレンジングと同様、洗顔も肌に余計な刺激を与えないよう優しく洗うのが基本です。洗顔料は洗顔ネットなどでよく泡立て、泡をすべらせるように洗うと、優しく汚れを落とすことができます。熱いお湯ですすぐと必要な皮脂まで落としてしまい肌の乾燥につながるので、人肌程度のぬるま湯を使うのもポイントです。すすぎ残しがないよう丁寧に泡を洗い流しましょう。

保湿ケア

洗顔後は肌が乾燥しやすいため、化粧水と乳液でしっかりと保湿ケアをすることが大切です。化粧水・乳液はパンパンと叩き込むようにつけるのではなく、手のひらで顔全体を優しく包むように、ハンドプレスで肌の奥まで美容成分を届けるようにしてください。
また、ベタつくのが気になるからといって乳液を使わず化粧水だけで済ませていると、部分的な乾燥を招き皮脂の分泌が進んでしまい、さらにニキビの原因になることも。
化粧水をつけたあとは乾燥しやすい部分を中心に、乳液を適度に使って肌の水分と油分のバランスを整えましょう。

ここでは、ニキビ肌に適したスキンケアを選ぶときのポイントを解説します。

保湿力を重視

ニキビに悩む方は、テカリが気になるからといってさっぱりとした使用感を重視し、保湿力が足りていないケースがあります。肌にうるおいが足りていないと、肌がごわついて毛穴も詰まりやすくなり、ニキビができやすくなることもあります。化粧水でしっかり水分補給をしつつ、うるおいを閉じ込める乳液も使うようにしましょう。

ニキビケア成分をチェック

肌荒れやニキビを予防する成分が使われているかどうかも、スキンケア選びのポイントです。たとえば、甘草由来の成分であるグリチルリチン酸ジカリウムはニキビや肌あれを防ぎ、ニキビのケアにぴったりの成分です。

肌への刺激が少ないものを選ぶ

ニキビができやすい肌は刺激に弱く、デリケートな状態になっています。肌への刺激となる成分に配慮された、低刺激タイプや無添加の化粧品を選ぶのもおすすめです。さっぱり感を出すためのアルコール、角質をオフするピーリング成分、アクネケアのための殺菌剤などは、バリア機能の低下したニキビ肌には刺激となりニキビを悪化させることも。できるだけ肌への刺激が少ないスキンケアを選びましょう。

バリア機能が低下し繰り返しニキビに悩む肌にこそおすすめしたいのがファンケルの無添加スキンケアです。5大添加物を徹底排除し、肌本来の健やかな状態へ導きます。

ファンケルの無添加化粧品とは

防腐剤、香料、合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤を一切不使用。肌ストレスを軽減し、肌本来の美しくなる力をケアすることにこだわっています。

薬用ニキビケア 無添加アクネケアライン

ファンケルの「無添加アクネケア」は、できるだけ肌に刺激を与えずにニキビの根本原因から予防することを目指し、一般的なニキビケア用品に使用される殺菌剤も不使用。デリケートな肌をいたわりながら、ニキビや毛穴悩みを予防することに徹底的にこだわっています。さらに、肌のバリア機能を高める「漢植物エキス」や、毛穴詰まりを予防する「プルーン酵素エキス」、ニキビを防ぐ「甘草成分誘導体」などの厳選された成分が配合されていて、ニキビのできにくい健やかな肌作りに役立ちます。

うるおいを守りながら、ニキビのもとや余分な皮脂をオフ アクネケア 洗顔クリーム

クリーミィな泡立ちが特徴の「アクネケア 洗顔クリーム」は、にきびのもととなる毛穴詰まりや過剰な皮脂をきちんと落としながら、うるおいもキープ。つっぱり感はなく、しっとりと洗い上げます。

バリア機能を高め健やかな肌へと整える 化粧液&ジェル乳液

アクネケア化粧液」が肌をうるおいで満たし、「アクネケア ジェル乳液」が化粧液のうるおいをみずみずしいヴェールで包み込みます。化粧液と乳液を重ねたときの、うるおうけどベタつかない仕上がりもうれしいポイント。肌のバリア機能を高めて、ニキビのできにくい肌を育てます。

気になる部分に!集中ケアするジェル状部分用美容液

アクネケア エッセンス」は、繰り返すニキビの原因となる毛穴詰まりを防ぐ部分用美容液です。厚みのあるジェルが、気になる部分に素早く浸透し集中的にケア。角質をやわらかくするイオウなどの成分が、ニキビのできにくい肌へ導きます。

どんなメイクもこすらずするん!「マイルドクレンジングオイル

マイルドクレンジングオイル」は徹底的に肌にストレスを与えずにクレンジングすることを目指した無添加クレンジングオイル。美容液級のとろすべオイルがあらゆるメイクになじんで、こすらずなでるだけでするんとオフ。摩擦レスでとことん肌にやさしく、心地よい使用感です。また、熟成ホップエキスが毛穴につまった角栓をふやかして、毛穴汚れもつるん。ニキビのもととなる角栓もしっかりオフします。さらに、ニキビのもとが生じにくいかどうかをチェックするノンコメドジェニックテストテスト済みのアイテムです。

※すべての方にコメド形成がおきないというわけではありません。

毛穴ごっそりなのにうるおう大人気「ディープクリア洗顔パウダー

実は毛穴づまりがニキビのもとになることがあります。そのため、週1~2回はしっかり毛穴汚れを取るケアを取り入れてみるのがおすすめです◎
ディープクリア洗顔パウダー」は、毛穴の汚れ・黒ずみ・角栓を一気にオフしてうるつる肌に洗いあげる酵素洗顔料。ヒアルロン酸配合で、肌のうるおいはきちんと残しながら、使い続けるほど毛穴汚れの目立たない肌に整います。1回分の使用量もわかりやすい使い切りポーションタイプです。

繰り返すニキビを断ち切るにはバリア機能を整える根本ケアが重要です。デリケートになっているニキビ肌だからこそ、刺激から肌をいたわりニキビの原因をケアするスキンケアを取り入れて、ニキビに悩まない肌を目指しましょう。


Copyright © FANCL CORPORATION All rights reserved.