40代からの基礎化粧品、どう選べばいい?
基本のスキンケアから選び方をおさらい

40代になると、シミやシワ、肌のたるみなどのエイジングサインが気になりますよね。今まさに肌の調子にお悩みの方は、基礎化粧品の選び方、そしてスキンケアの方法を見直す必要があるかもしれません。ここでは、40代からの基礎化粧品の選び方やスキンケアについてご紹介します。

目次

基礎化粧品といっても、その種類はさまざま。ここでは、基礎化粧品とはどういうものなのか、肌にとってどう重要なのかをお伝えします。

40代の肌に起こる変化

  • 肌の水分量や油分が減少し乾燥しやすくなる
  • 肌が乾燥し、ごわつきが出てくる
  • 紫外線ダメージを受けやすく、シミやくすみが目立ちやすくなる
  • コラーゲンなどの減少で、シワやたるみが気になり始める

40代は若い頃と比べて肌のうるおいが減り、乾燥しやすい肌になります。また肌の代謝は20代以降から低下し続けており、シミやくすみ、たるみやシワなどが発生しやすい状態になっています。40代の肌は、このようなさまざまな不調から守るようなケアをしてあげる必要があります。もし「若いころから基礎化粧品は変えていない」という方がいたら、一度見直す必要があるかもしれません。

若いころと比べて肌悩みが増えてくる40代の肌ですが、自分に合った基礎化粧品を正しく使い、しっかり肌の土台をつくってあげれば、健やかな素肌をキープすることはできます! それでは基礎化粧品でどのようなスキンケアを行っていけばよいのか、確認していきましょう。

スキンケア方法

デイリーケアとして、保湿ケアとエイジングケアに力を入れることが大切です。洗顔やクレンジングは乾燥しないよう熱いお湯は使用せず、こすり洗いも避けましょう。化粧水は力を入れずにやさしく顔全体になじませ、肌にうるおいを与えます。そして、シミやシワ、肌のハリ不足など自分が一番気になっているエイジングサインに適したエイジングケア用美容液を重ねます。

仕上げに、乳液やクリームで油分を補給し、肌にフタをすれば肌の土台の完成です。

ファンケルのエイジングケア化粧品はこちら

肌悩み別 スキンケア方法

すでに肌悩みがハッキリしている場合には、次のようにスキンケアを工夫することが大切です。

■シミ

紫外線・摩擦などの肌への刺激によってメラニン色素が分泌され、シミは発生します。まずはできる限り紫外線から肌を守ること。そして美白有効成分が含まれる美容液やマスクで集中ケアをしましょう。

■シワ

乾燥や加齢、紫外線による肌の弾力低下や乾燥により、シワは発生します。徹底的に保湿ケアを行うことが大切です。できてしまったシワが深くならないように、紫外線対策も忘れずに。

■肌のたるみ

肌を支えるコラーゲンとエラスチンが変形して、ハリや弾力がなくなることで肌のたるみが発生しています。エイジングケア用美容液などで、スペシャルケアをしましょう。

紫外線が老化を早める!

乾燥・シミ・シワ・たるみなど、エイジング悩みを加速させる原因が紫外線。紫外線による肌ダメージは、美しくありたい女性の大敵です。日傘をさす、日焼け止めを使うなど、普段の生活から忘れずに紫外線対策を行いましょう。

何歳になっても基礎スキンケアは丁寧に

基礎スキンケアは、年齢に関係なく丁寧に行うのがマスト。肌の土台が整っていないと、どれだけ高額なマスクや美容液を使用しても、十分に効果が発揮されません。逆に、肌の土台が整えられれば、美容成分や水分がしっかり浸透し、肌本来の美しさを引き出せるでしょう。

またスキンケア以外にも、紫外線をなるべく浴びないようUV対策をしたり、寝不足や暴飲暴食しないように気をつけるなど生活習慣を改善することも、肌にとって大切なことですので気をつけてみましょう。

<関連記事>
エイジングケア始めてる?お悩みサインがでたらスキンケアを見直し!いつから何をすべき?

40代の肌には、正しいスキンケアと肌の状態に合った基礎化粧品選びが大切です。次は、基礎化粧品を選ぶ際にチェックしておきたいポイントをご紹介します。

40代の肌に合った基礎化粧品を選ぶポイント

■悩みにアプローチする成分が入っているものを選ぶ

悩みに応じた成分が含まれる基礎化粧品でケアします。乾燥にはヒアルロン酸やセラミド、肌のハリ不足に対してはコラーゲン、シミにはビタミンCなどの美白有効成分に注目しましょう。

■保湿力が高いものを選ぶ

乾燥はあらゆる肌悩みのもとです。肌にたっぷりと水分や油分を補うことで、肌本来のバリア機能を高めましょう。うるおいに満ちた肌は外からの刺激に強く、シミやシワ、たるみなどのエイジングサインが目立たなくなります。

■刺激の少ないアルコールフリーのものを選ぶ

どんなに優れた成分が配合されていても、刺激が強いと肌トラブルのリスクが高まります。年齢を重ねるごとに肌は敏感になることもあるため、肌が強くない方は、肌への刺激が少ないアルコールフリーの基礎化粧品を選ぶことをオススメします。

■肌ストレスを与えないものを選ぶ

一般的に基礎化粧品には防腐剤などの添加物が含まれているものが多く、肌ストレスを与えてしまうことも。添加物は肌に少しずつ蓄積し、肌細胞の老化を早める原因に。スキンケアを選ぶときに何が入っているかだけでなく、何が入っていないかも意識して、肌ストレスはなるべくかけないようにしましょう。

40代からの基礎化粧品として活用したいのが、ファンケルのエイジングケア化粧品。ファンケルでは、コラーゲンなど肌の弾力を保つ成分やうるおいを十分に肌に与えることが、エイジングケアにつながると考えています。そこで、ファンケルがおすすめする40代が気になりがちな肌にアプローチする基礎化粧品を紹介します。

エンリッチ(エイジングケア)(※1)

エンリッチ」は、ツヤやハリ不足など、エイジングサインが特に気になっている方にオススメ。ハリ肌キープのために重要な役割を果たすV型コラーゲンに着目した「適応型コラーゲンα」を独自開発して配合。ゆるんだコラーゲンを束ねて、ハリと弾力のある肌へと導きます。さらに、コラーゲンの鮮度をキープする月見草エキスも配合。

(※1)エイジングケアとは、年齢に応じたお手入れのこと。

エンリッチのラインナップはこちら

■リンクルクリーム

肌を支える成分のエラスチンに着目して開発されました。角層のすみずみにある肌の弾力を保つ成分にアプローチするマイオキシノール、適応型コラーゲンなどを配合。毎日続けると、乾燥による小じわが目立ちにくくなります(※2)

リンクルクリームはこちら

(※2)効能評価試験済み。

■BCナイトインテンシヴクリーム

肌の代謝機能が高まる夜に使うために開発されたクリーム。適応型コラーゲン配合で、肌の弾力にアプローチ。VC誘導体配合で、肌の内側から輝くような透明感を引き出します。さらに肌のバリアを高めるため、黒大豆エキスとロイヤルフィッシュコラーゲンを配合。

BCナイトインテンシヴクリームはこちら

毎日きちんと肌のケアを行っていれば、若々しい肌はキープできます。シミや小じわ、ハリ不足などのエイジングサインに、スペシャルケアを積極的に取り入れていきましょう。40代でも、若い人に負けないような美肌の持ち主はたくさんいます。日々、ケアを積み重ねて、いつまでも健やかな素肌を目指しましょう。


Copyright © FANCL CORPORATION All rights reserved.