肌のカサつきどうにかしたい…乾燥肌向けの化粧水ってどう選べばいい?選び方とスキンケアの方法

肌がカサつきバリア機能が低下している状態は、様々な肌悩みのリスクが上がります。乾燥肌向けの化粧水でしっかりと保湿ケアすることが大切です! ここでは、乾燥肌向けの化粧水の選び方やケアの方法について、詳しくご紹介します。

目次

なぜ、肌がカサついて乾燥肌になってしまうのか気になっている方もいますよね。原因を知って普段からしっかり対策することが大切。乾燥肌になる原因について詳しくみていきましょう。

■季節や室内環境によるもの…空気が乾燥している

冬で空気が乾燥していたり、エアコンで湿度が低かったりすると、肌の水分が奪われて乾燥してしまいます。乾燥肌対策ができていないと、冬に外出して帰宅する頃には、肌がカサつくことも。また、夏でもエアコンで思った以上に空気が乾燥するため、乾燥対策は1年中意識しましょう。

■生活習慣の乱れ

睡眠不足や栄養不足、運動不足、喫煙、ストレスなどは、肌のターンオーバーに悪影響を及ぼし、肌の乾燥リスクを高めます。不規則な生活、暴飲暴食、デスクワークで座りっぱなし、ストレスを解消できていない方は、できるだけ生活習慣を改善しましょう。

■日焼け、紫外線ダメージ

紫外線ダメージは、肌の水分を蒸発させるだけではなく、ハリ肌に必要なコラーゲンやエラスチンを壊したり変性させたりします。長年浴び続けてきた紫外線ダメージは、乾燥だけではなくシミやシワを引き起こすことも。日焼け止めクリームだけではなく、日傘やマスク、サングラスなどで万全に対策を。

■年齢によるもの

加齢により、肌の水分量・油分量が減少します。また肌のターンオーバーも遅くなるので、肌を外的刺激から守る角層の状態が悪くなり、さらに肌の乾燥が進んでしまいます。年を重ねることは止められませんが、年齢や肌状態に合わせた適切なスキンケアで乾燥肌の加速を抑え、健やかな素肌をキープしましょう。

■間違ったスキンケア

間違ったスキンケアを毎日続けると、またたく間に肌の乾燥が進みます。アイメイクを落とそうとゴシゴシこすったり、洗顔料をきちんと泡立てずに洗顔したり、スキンケアの際に力を入れたりすると肌本来の保湿成分が減少。ダメージが積み重なることで乾燥肌が加速し、少しの刺激でも肌トラブルが起こるようになります。

肌はとてもデリケート。ちょっとした習慣やきっかけで、あっという間に乾燥してしまうことも。乾燥しない素肌を保つためには、毎日のスキンケアを正しく行うことが大切です。

化粧水を正しく使うことで、外的刺激や空気の乾燥に強い肌へと導けます。クレンジングや洗顔の方法から化粧水や乳液の使い方のコツまで、詳しくみていきましょう。

① クレンジング

手のひらや指の腹でやさしく円を描くようになじませると、肌への刺激を抑えられます。
長時間のクレンジングは、肌をこする際に発生する摩擦が原因となって肌の水分を奪ってしまうため60秒程度で済ませるのが理想です。

ファンケルのクレンジングはこちら

② 洗顔

肌の水分の蒸発を防ぐ皮脂まで洗い流さないように、ぬるま湯で洗うことがポイント。洗顔料をよく泡立て、Tゾーン、Uゾーン、頬、目もと・口もとの順にやさしく洗います。泡が残らないように、10~20回を目安にすすぐこと。洗顔後は、やわらかいタオルで水分をやさしく吸収します。

ファンケルの洗顔料はこちら

③ 化粧水

洗顔後は、できるだけ早く化粧水で肌に水分を与えましょう。手のひらに化粧水を適量とり、力の入りにくい中指と薬指を使って丁寧になじませることがコツ。乾燥が気になるところには、化粧水を重ねづけすることがおすすめです。

ファンケルの化粧水はこちら

④ 乳液

肌に油分を与える乳液は、化粧水で補給した水分が蒸発しないよう、角層に閉じ込めてくれる役割があります。乳液は、手のひらで温めてからなじませると◎。皮脂が多くても、肌の内側が乾燥しているインナードライ肌の可能性もあるため、量を調節しながらも乳液は必ず使うことが大切です。

ファンケルの乳液はこちら

それでは、乾燥肌にはどのような化粧水がいいのか、選び方のポイントを詳しくご紹介します。

■高保湿成分が配合されているもの

ヒアルロン酸やセラミドなど、高い保湿効果が期待できる成分が含まれているものがおすすめです。そのほか、コラーゲンなども保湿力が高いです。さまざまな化粧水に配合されているので、購入するときは配合されている成分もチェックしましょう。

■低刺激のもの

乾燥肌はバリア機能の低下によるものなので、できるだけ低刺激の化粧水を選びましょう。どれだけ保湿力が高くても、刺激が強いものは乾燥肌にはNG! おすすめは、防腐剤や香料、合成色素・アルコールなどが含まれていない低刺激な無添加化粧品です。

■自分の肌に合ったものを選ぶ

どれだけいい化粧水だと思っても、実際に使うと肌に刺激を感じる場合があります。そのため、サンプルなどで試せるものがおすすめ。特に、乾燥肌はバリア機能の低下によって敏感になっているため、肌との相性を見ながら続けるようにしましょう。

高保湿成分を配合しているだけでなく、低刺激で自分の肌に合ったものが、乾燥肌におすすめしたい化粧水。そこで、これらの条件を限りなくクリアするファンケルの無添加化粧品をご紹介していきます。ファンケルは、健康な素肌から真の美しさが生まれるという考えのもと、肌ストレスになり得る添加物(防腐剤・合成色素・香料・紫外線吸収剤・石油系界面活性剤)を使用しない化粧品を揃えています。

肌のバリア機能の正常化と、美容効果の最大化を実現し、継続的に美しい肌をキープできるようサポートします。それでは、ファンケルのおすすめ化粧水をご紹介しましょう。

ファンケルのラインナップ

エンリッチ

エンリッチは、コラーゲンの量だけではなく質にまでこだわったエイジングケア化粧水。コラーゲンの鮮度をキープする「月見草エキス」や独自成分「適応型コラーゲンα」も配合。ファンケルこだわりの成分で、うるおいと弾力のあるハリ肌へ導いてくれます。

モイストリファイン

モイストリファインは、肌の表面にとどまってうるおいを逃がさない「モイストチャージコラーゲン」を配合した化粧水。さらに、内側から「アクティブセラミド」が水分をキープしてWうるおいアプローチを実現。開いた毛穴を「VPエキス」がキュッと引き締めやさしくケアします。

乾燥敏感肌ケア

乾燥敏感肌ケアは、ゆらぎやすい乾燥敏感肌に悩む人のために開発された化粧水。不足しがちなうるおいを充分に与え、肌への刺激も少ないことがポイント。内側から、しっとり肌へと導いてくれます。乳液やクリームとセットで使って、しっかり保湿するのがおすすめ。

ファンケルの「乾燥敏感肌ケア」はこちら

乾燥肌は、間違ったスキンケアや生活習慣の乱れによって引き起こされています。スキンケアと生活習慣を見直して、乾燥肌をしっかり対策することがポイントです! 肌にやさしい化粧水や乳液を取り入れて、肌悩みが少ない健やかな素肌を目指しましょう。


Copyright © FANCL CORPORATION All rights reserved.