ファンデーションの色選びについて

このウィンドウを閉じる

色選びのコツへ カラーチャートへ

カラーチャート

リキッド・クリーム・パウダーファンデーション 共通(全7色)
色番00 ベージュ ベリーライト 赤みも黄みも抑えられた、 明るい肌色 色番01 ピンクベージュ ほんのりピンクがかった 明るい肌色 色番02 ベージュライト 赤みも黄みも抑えられた 肌色 色番03 イエローベージュ ライト やや黄みよりの日本人の 標準的肌色
色番04 ベージュ ミディアム 02ベージュライトより濃い肌色 色番05 イエローベージュ ミディアム 03イエローベージュ ライトより 濃い肌色 色番06 ベージュ ダーク ナチュラル系の濃い肌色

ファンデーションの色みをお試しになりたい場合は、各4色がセットされた「パウダーファンデーション ブライトアップUV」のサンプルをお試しください。

色選びのコツ

ファンデーションの色は、日本人の標準的な肌色「03番 イエローベージュ ライト」を基準に、ご自身の肌色が明るめか暗めかでご判断ください。03番より明るい方は00~02番、03番より暗い方は04~06番をお選びください。また、首の色とのつながりが不自然にならないように、頬の下のあごに近い部分にファンデーションをのせて、自然光の入る明るい場所で、色浮きしていないかチェックしてから選びましょう。 首の色とのつながりが不自然にならないように、頬の下のあごに近い部分にファンデーションをのせて、自然光の入る明るい場所で、色浮きしていないかチェックしてから選びましょう。 ファンデーションの色は、首の色とのつながりが不自然にならないように、頬の下のあごに近い部分にファンデーションをのせて、自然光の入る明るい場所で、色浮きしていないかチェックしてから選びましょう。

肌色にぴったり合わせるコツ

ベースの肌を整える
ファンデーションをつける前に、メイク下地で肌のトーンや色ムラを整えます。また、気になるお悩みがある場合は、コンシーラーで部分的にカバーしてから、薄くファンデーションをつけると、自然な仕上がりになります。
首元までつける
下地やファンデーションはフェイスラインより広めに、首元まで薄くつけると白浮きせず自然な印象に仕上がります。

カラーチャート

エアリータッチファンデーション(全4色)
色番11 ピンクベージュ  ピンクがかった明るい肌色 色番12 ライト 明るい肌色 色番13 ミディアム 日本人の標準的肌色
色番14 ダーク 濃い肌色

カラーチャート

年齢肌を美しく見せる明るめの4色のラインナップ。

年齢を重ねた肌は、首の色よりやや明るめの色をつけると、美しい印象に仕上がります。4色の中から、標準色「20番ベージュ」を基準とし、ご自身の肌の色み(ピンクより・黄みより)や明るさに合わせてお選びください。

エクセレントリッチ  ファンデーション(全4色)
色番10 ピンクベージュ ピンクよりの色 色番20 ベージュ 標準的な色 色番30 イエローベージュ 黄みよりの色 色番40 ミディアム 健康的な色
エクセレントリッチ ファンデーション 色対応表

ブライトアップUVライン、モイスチャーラインをご使用のお客様は、下記の色対応表をもとにエクセレントリッチラインのファンデーション色番をお選びください。

エクセレントリッチ ファンデーション 色対応表