知って得する美容・健康情報

肌あれ・ニキビ…増えてませんか?

マスクの着用により“頬や口もとの肌あれ”や“大人ニキビ”といった肌トラブルが増えています。今回はそんな肌悩みの根本原因と、効果的なケアによる対策をお伝えいたします。

原因は「擦れ」と「蒸れ」からくる“バリア機能の低下”にあり!

肌図左:バリア機能が低下した肌  肌図右:バリア機能が整っている肌
バリア機能が弱まると水分保持力が弱まり乾燥が進行。さらにバリア機能が乱れることで外的刺激を受けやすく、負のスパイラルに…。さらにここに過剰な皮脂分泌などが加わりニキビができやすく。※イメージ図

毎日のマスクの付け外しや、会話中の顔の動き等により、マスクと肌の間には「擦れ」が生じています。さらにマスク内は多湿状態となるため、肌のバリア機能が乱れ、低下。肌は乾燥しやすく、刺激に対しても過敏になるため、トラブルが起きやすい状態となってしまいます。さらにマスク着用時に気になる汗や皮脂。これらは毛穴を詰まらせるためニキビができやすく。。

肌に負担をかけない“徹底した保湿と保護”こそが最大の対策。

そこで大切になってくるのが“バリア機能が整った肌”づくり。「肌ストレスとなる成分がはいっていない。しっかり肌をうるおし、外的刺激から守る。」そんな“シンプルisベスト!”なスキンケアで優しく、でも確実に、肌を整えていきましょう。おすすめは独自のスキンバリア成分配合の「無添加FDR 乾燥敏感肌ケアシリーズ」。やさしくすーっと浸透していく使い心地は「乾燥して水さえもしみたけど、これならつけられた!」と感動のお声をいただいているほど。バリア機能が弱まるとエイジングの加速にも繋がります。だからこそ、まずは肌のたて直しから始めましょう。

やさしく、擦らず、じっくり肌に浸透させる気持ちでハンドプレスを。

無添加FDR 乾燥敏感肌ケアシリーズ

まず始めるなら。あれている時はたっぷり塗って肌を保護して。

乾燥や刺激から肌を徹底保護

乾燥敏感肌ケア クリーム

18g×1本(約30日分)

2,970円(税込)

ご存じですか?“殺菌剤”とバリア機能の関係。

「ニキビができやすくなった」という方はニキビ予防を第一に考えたケアがおすすめです。
マスク着用によって過剰分泌した皮脂を餌に増殖するニキビのもと、アクネ菌。そのケアのひとつとして“殺菌剤配合”のケアもありますが、高い殺菌効果によって、すこやかな角層まではがし、肌のバリア機能を低下させてしまう場合も。すこやかな肌を目指すなら、殺菌剤を使用しないアクネケアという選択肢を。デリケートな大人の肌をケアしつつニキビを予防してくれます。

肌あれやニキビがあるときはクレンジングや洗顔も“摩擦レス&うるおいキープ”を意識して。

無添加FDR アクネケア<医薬部外品>

気付いたらできてる“ぽつぽつ”を予防。いつものスキンケアにプラスして。

気になる部分に。集中ケアする部分用ジェル状美容液

アクネケア エッセンス<医薬部外品>

8g×1本(約50回分)

1,980円(税込)

全体的な肌トラブルの予防なら“1ヵ月スキンケアライン置き換えチャレンジ”を!

ぽつっとできちゃう前にアクネケアで対策を。

大人ニキビ対策セット

5,980円(税込)

無添加

ファンケルの「無添加」は、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使っていません。
*乾燥敏感肌ケアラインは医薬品ではありませんので、傷や炎症部分へのご使用は避けてください。通院や薬が必要な状態の方は、皮膚科専門医にご相談のうえ、ご使用くださいますようお願いいたします。*乾燥敏感肌ケアラインは皮膚科専門医監修による使用テスト済み。すべての方に皮膚刺激が起きないというわけではありません。*アルコール(エタノール)は配合しておりません。(アクアケア エッセンスを除く)
*アクネケア 洗顔クリーム<医薬部外品>、アクネケア ジェル乳液<医薬部外品>以外は弱酸性、 製造年月日入。

過去の記事