知って得する美容・健康情報

目もとが華やぐ大人ピンクの力!

マスクを着用する機会が増えると、メイクに気合がはいらなくなっていませんか。
「どうせあまり見えないし・・・」とノーメイクなんてもったいない!
実はマスクを着用した時には、見える部分が目元だけになってしまうので、目元の印象が顔全体の印象に大きくつながっています。
そこでぜひ挑戦していただきたいのが大人ピンクを使ったアイメイク。今回は、マスクをつけていたってメイクを楽しく!ピンクの力を使った印象アップテクニックを紹介します。

大人こそ取り入れたい「ピンクのパワー」って?

ピンクは健康的で華やかなカラーかつ、ふっくら前に飛び出して見える進出色。目もとがくぼんで寂しく見えがちな大人の目元には、くすみをオフしながら透明感まで叶えてくれるピンクを使わない理由がありません。大人のかわいらしさからエレガンスな印象までさまざまな表情がつくれます。

今回使用するアイテムはこちら!

スタイリングアイパレット[レフィル]

ピーチブラウン[色番:12]

2,530円(税込)

パウダーアイカラー[ケース入]

フラミンゴピンク[色番:35]
パール感:◎

770円(税込)

トリートメントマスカラ

ブラック[色番:01]

2,409円(税込)

エクセレント アイブロウブラシ&コーム

495円(税込)

初心者向け!ナチュラル派の王道ピンク

ピンクに少し抵抗がある方におすすめなのが、ブラウンと合わせ使いをしたピンクベージュメイク。
セットされた4色を左上から反時計回りに4色重ねるだけで完成します。

  • STEP1
    クリームタイプのⒶをまぶた全体に塗ったあと、Ⓑのブラウンをライン状に目のキワに重ねます。
  • STEP2
    Ⓒをアイホール全体にぼかします。チップの先端使って下まぶたのキワにも塗ります。
  • STEP3
    Ⓓをアイホール上側から眉の下までふわっとぼかして目もとに明るさをプラス。
  • STEP4
    仕上げにⒸをまぶた中央に重ね塗り。

笑顔華やぐベーシックなピンクベージュメイク

ピンクグラデでこなれた“ヌーディメイク”

ふんわりやさしい印象に仕上げたいときは思い切って、ピンク3色でグラデーションを。生き生きとしたおしゃれな印象に見えます。引き締め効果のあるマスカラやアイライナーを併用すれば目元が腫れぼったく見える心配もありません。

  • STEP1
    ベースにⒶをまぶた全体に塗ったあと、Ⓓを目頭から中央に向かってぼかします。
  • STEP2
    Ⓒを上下のまぶたの目尻から中央に向かって目尻を囲むように塗ります。
  • STEP3
    上まぶたの目尻にⒸをトントンと重ね塗り。仕上げはブラックのマスカラを全体にたっぷりつけて

やさしい印象とこなれ感が叶うピンクグラデ

ニュアンスピンク眉で抜け感のある旬顔

実は眉もアイメイクの一部。今時な印象をつくるなら眉にピンクを取り入れてみましょう。たちまちフレッシュな透明感が生まれます

  • STEP1
    Ⓐを眉の地肌に塗ります。眉メイクを落ちにくくする効果があるのでおすすめ!
  • STEP2
    Ⓑで眉毛を描きます。自分の眉の形に添ってムラなく描くように。
  • STEP3
    眉ブラシにⒺをとり、STEP2で描いた眉のアウトラインを1ミリくらい上へ広げるように重ね塗りします。

フレッシュなピンク眉で一気におしゃれ!

スタイリングアイパレット[レフィル]

ピーチブラウン[色番:12]

2,530円(税込)

パウダーアイカラー[ケース入]

フラミンゴピンク[色番:35]
パール感:◎

770円(税込)

トリートメントマスカラ

ブラック[色番:01]

2,409円(税込)

エクセレント アイブロウブラシ&コーム

495円(税込)

無添加

ファンケルの「無添加」は、防腐剤・香料・合成色素・石油系界面活性剤・紫外線吸収剤を一切使っていません。
*弱酸性、包装年月日入。 *アルコール(エタノール) 不使用。(トリートメントマスカラを除く)

過去の記事