ファンケル社員がお伝えしたいわたしの逸品ファンケル社員がお伝えしたいわたしの逸品

VOL.8

数々の商品のなか、ファンケル社員が愛用している、「わたしの逸品」があります。
そんな商品をお客様に「自信を持ってオススメしたい!」という情熱を込めてリレー形式でご紹介していきます。

第9回:洗顔マッサージパフ

はじめまして!ファンケルの松ケ谷と申します。ファンケルには2008年8月に中途入社し、人事部を経て、現在はファンケルでは働く社員の教育や研修プログラムを行う「ファンケル大学」の責任者をしています。今回は、私がどこへでも持参する、大好きな「洗顔マッサージパフ」をご紹介いたします。

入社時の研修で、この商品を知ってから欠かせないアイテムに。

洗顔パウダーと一緒に使います。

洗顔マッサージパフと出会ったのはファンケルに入社してから。
入社研修で商品のことを勉強して、洗顔マッサージパフの存在を知りました。


ファンケルに入社するまでは洗顔は手で行っていました。
洗顔マッサージパフの存在を知ったとき、身体はボディタオルを使って洗うのになぜ洗顔は手で行っていたのだろうと、ふと気が付いたのです。
メイクをした顔こそ、きちんと洗顔する必要があるのに・・と。

きちんと泡立てて、パーフェクト泡が完成!

ファンケルには洗顔用のアイテムがいくつかありますが、泡立ても、お顔のマッサージも出来るこの洗顔マッサージパフが私は一番の優れものだと思っています。


ただ、身近なファンケル社員でも、この商品をうまく使いこなせていないと聞いていました。泡立てには少しコツがいるようです。使い方をご紹介させていただきます。


私は基本的に夜、お風呂でメイク落としの後に使用しています。
まず、洗顔マッサージパフをお湯でしっかり濡らして水分を含ませます。
ティースプーン一杯分(私の感覚では500円玉1個分程度です)の洗顔パウダーをのせ手でなじませ、パフをもみ込みながら泡立てます。


その後片手でギュっと搾って反対側の手で泡を受け止め、また洗顔マッサージパフに戻しギュッと搾ることを3回程度繰り返します。5回目に搾った後に軽く手のひらで泡立てるとパーフェクト泡の完成です。

濡らした洗顔マッサージパフの上に洗顔パウダーをのせ、手でなじませてパフをもみこみながら泡立てます。

できた泡をギュッと絞りとります。

搾り取った泡をパフにのせてギュッと搾り、同じ工程を5回ほどくりかえします。

もっちりパーフェクト泡の完成です!

この泡を洗顔マッサージパフに載せ、泡を顔の上で転がすようにして洗います。
泡の量がスゴイので、私は顔だけでなく、首、デコルテまで使っています。


このスゴイアイテムですが、2点だけ注意点がございます。
一つはしっかり乾かさないとカビてしまうこと
もう一つは表面がゴワついてきたら買い替えることです。
毎日使っている私は2~3か月のスパンで買い替えをするので多めにストックしています。

なくなると困るので、多めにストック。時々限定発売するハート型も。

同級生に肌がキレイと褒められるのは洗顔マッサージパフのおかげ!

この洗顔マッサージパフは私にとっては欠かせない生活の一部になっていて毎週のスポーツクラブはもちろん、出張にもジッパー付きの袋にいれて欠かさず持っていきます。出張時は荷物を出来るだけ減らしたいので美容液はもっていかずとも、この洗顔マッサージパフだけは忘れません!

ジムや出張にも、これだけは必ず持参します。

50代後半になった今、いろいろと気になるところもでてきているのですが同級生や友人から以前よりも肌がキレイになったとほめていただくことがありそのたびにこの洗顔パフのおかげ!と感謝しています。
やさしくマッサージするよう洗顔すると、毛穴汚れなどがきちんと落ちた感じで、洗いあがりはつるつるに。
これがないと困るファンケルのなかで1番のお気に入りアイテムです。
ぜひ皆さんにもこの商品を使いこなしていただき、ピカピカのお肌で毎日を輝いて過ごしていただきたいと思っています。

洗顔マッサージパフ

660円(税込)

過去の記事