マスクをする日もベースメイクは手抜きするべからず!

マスクをしている相手との会話は、顔の上半分を集中的に見ることになります。額や眉間、目もとが明るくなめらかに整っていることで、肌全体の美しさを想像させ、清潔感のある印象に。

マスク着用


まずは季節に合わせてアイテムを衣替えすること。

定期的にベースメイクの見直しはしていますか?
きれいな肌に見せるためにも季節の肌状態にあわせてアイテムを衣替えするのも大切です。汗や皮脂によるべたつきや毛穴の目立ちが気になるこれからの季節は、毛穴カバー効果の高いものがおすすめ。なにから取り入れたらいいかわからない場合は、下地を変えるだけでも理想の肌に1歩近づけるはずです。


特に意識したい!マスクをつけるときの肌作りテクニック

テクニック1
額にはファンデーションをメリハリ塗り

眉間から額はきちんと塗り、コンシーラーを重ねる目もとは薄めに。額や頬は中央から外側に向かってなじませて自然な立体感を演出しましょう。

クリームファンデーション エクセレントリッチ(SPF30・PA++)

全4色 20g3,080円(税込)

肌にしっとりと密着する"美容液ファンデ"。年齢を感じさせないツヤハリ肌へ。

詳しくはこちら


テクニック2
目元のくすみはコンシーラーで飛ばす

クマや色ムラなど目もとのくすみはなめらかな感触のスティックコンシーラーでカバーし明るく見せます。クマは目頭の下から放射状に広げて。

スティックコンシーラー [レフィル](SPF25・PA++)

全2色1,320円(税込)

広範囲のクマ・くすみなどをなめらかにカバー。目もとのケア成分も配合。

詳しくはこちら


テクニック3
額とCゾーンにハイライトを入れイキイキ輝くヘルシー感

生命感を操るポイントは、目尻を囲むCゾーンのハイライト。光を集めることで明るく輝かせ垢抜け感も演出できます。額の中央にも2cm程度の楕円形でオン。

デュアル ハイライトパレット [ケース入]

1,980円(税込)

パウダーとクリーム2つの質感のハイライト効果でつややかに。

●パウダータイプ:ベタつきがちな部分にサラリとなじみ、自然なハイライト効果を与えます。
●クリームタイプ:乾燥しがちな部分を、つややかに仕上げます

詳しくはこちら


テクニック4
下地を首までぬって顔とトーンを揃える

白やピンクなど明るい色のマスクをつけると、コントラストで首の色が暗く見えてしまいます。トーンアップするUV下地を首にも仕込んで。

【数量限定】スキンケアベース エクセレントリッチUV(SPF35・PA+++)

全1色 24mL2,420円(税込)

くすみをオフしながら毛穴レス。艶めく透明感とうるおいを与えるメイク下地。

詳しくはこちら


ベースメイクを工夫するだけで、自分の肌がすきになれるはず。今日からテクニックを取り入れて、自信の肌を手に入れましょう。

バックナンバー BACK NUMBER

バックナンバー一覧