FANCL CLIP

ファンケルが高校生と取り組むSDGs講座についてご紹介!

ファンケルが高校生と取り組むSDGs講座についてご紹介!

こんにちは。ファンケル編集部です。
今回は、地域貢献活動・SDGs活動の一環としてファンケルが行っている「ファンケル神奈川SDGs講座」を紹介します。

2021.8.19

ファンケル編集部から

以前の記事でもファンケルのSDGsの取り組みについてご紹介させていただきましたが、ご覧いただけましたでしょうか?
~SDGs達成に向けて~ 世界に広がるファンケルの社会貢献活動

今回ご紹介する取り組みは、SDGsの取り組みに加えて地域貢献という面も視野に入れた「ファンケル神奈川SDGs講座」です。

ファンケル神奈川SDGs講座~未来を希望に~

横浜市に本社を置く株式会社ファンケルが、
“神奈川/横浜の企業として地域にもっと貢献できないだろうか”
“世界的な課題として取り組みが加速しているSDGsの領域で、一企業としてもっとできることはないだろうか”
という想いから始めたSDGs講座。

講座では、毎月、県内のいずれか高校を訪れてSDGsについての講座を実施する「単発講座」と、特定の高校と長期間にわたってSDGsについて一緒に考える「長期講座」、小学生に向けてSDGsを分かりやすく説明する「小学生講座」を展開します。
例えば単発講座は、SDGsの基礎「SDGsとは?」という説明から、身近な「環境問題」にフォーカスして深掘りし、ファンケルの取り組みを交えて説明する内容となっており、既に神奈川県内のいくつかの高校で講座を開催し、好評いただいています。

関連するSDGs

  • 2.飢餓をゼロに
  • 3.すべての人に健康と福祉を
  • 7.エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 12.つくる責任使う責任
  • 13.気候変動に具体的な対策を
  • 14.海の豊かさを守ろう
  • 15.陸の豊かさも守ろう

長期講座!100%植物由来“洗顔パウダー限定ボトル”の共創スタート

この度、ユネスコスクールとして「持続可能な社会づくりの担い手を育む教育」(ESD)を推進している横浜市立東高校のサステイナブル研究部の皆さんと長期講座を開催することになりました。
本講座では、環境にやさしい素材「100%植物由来プラスチック」を採用した「洗顔パウダー限定ボトル」のパッケージデザインを一緒に開発していきます。開発を通じて環境問題を学ぶだけでなく、共創した洗顔パウダーを活用し、生活者へ環境に対する意識を高めるための情報配信まで考えていきます。

※ユネスコ憲章に示されたユネスコの理念を実現するため、平和や国際的な連携を実践する学校。文部科学省及び日本ユネスコ国内委員会は、ユネスコスクールをESDの推進拠点として位置付けています。

既に行われた2回の講座では、モノづくりの流れを部の皆様に知っていただくとともに、デザインの肝になるコンセプトワードについて活発な意見交換がなされました。

講座の様子をぜひ、動画でもご覧ください!

洗顔パウダーの発売は2022年1月を予定しています。ファンケルでも初の試みとなりますが、どんなものができあがるか今からとても楽しみです。
もちろん、ファンケル編集部でも長期講座の途中経過をご紹介していきますね。

今回の取り組みの中心となる人物お二人に、意気込みを伺いました!

様々な知識をしっかり吸収して、自分の意見もしっかりと伝えて、今後のサステイナブル研究部の活動に生かしていきたいと思います!企業の方々とお話しする経験はなかなかできないので迷惑かけないようにしたいです。よろしくお願いします!!

三澤百々花さん

横浜市立東高校 サステイナブル研究部 部長 三澤百々花さん

自分たちの未来のためにアクションを起こすサステイナブル研究部のみなさんに、とてもいい刺激をもらっています。みなさんが伝えたいメッセージをデザインに込め、このデザインをきっかけとして、SDGsをもっと身近に感じてもらえるようにしたいです。

平野 大起

株式会社ファンケル 商品企画担当 平野 大起

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
次回更新をどうぞお楽しみに。

CATEGORY