FANCL CLIP

洗顔パウダーの限定デザインが決定!~高校生と取り組むSDGs講座②~

洗顔パウダーの限定デザインが決定!~高校生と取り組むSDGs講座②~

こんにちは。ファンケル編集部です。
今回は、ファンケルが行っている「ファンケル神奈川SDGs講座」の続報として、洗顔パウダーの限定デザインの方向性を決定するワークショップをご紹介します。

2021.10.20

ファンケル編集部から

前回の記事で、「ファンケル神奈川SDGs講座」の一環として、横浜市立東高校との取り組みをご紹介いたしました。東高校のサステイナブル研究部の皆さんと環境にやさしい素材「100%植物由来プラスチック」を採用した「洗顔パウダー限定ボトル」のパッケージデザインを一緒に開発しています。

いよいよ第3回目講座、限定ボトルのデザインを選んでいきます。講座の様子とあわせて、ご紹介いたします。

第3回講座では、パッケージとボトル本体のデザインを決めていきました。
A~C、3つのデザインの方向性をもとに様々な意見が交わされました。
「地球につながっているイメージがわかりやすいしカラフルなのでSDGsを感じる」
「環境に偏っている感じ。SDGsは他にも目標がある」
「毎日見るのはボトルなので本体に身近な絵を入れたい。」

講座風景 講座風景

「各デザインをこう変えたらもっとコンセプトに近くなる!」
「ターゲットに合うようにするには?」・・・
ただ選ぶだけではなく、様々な観点からたくさんのアイデアが発せられ、とても活発な議論となりました。

様々な意見を交わしながら、「SDGsは身近なことから取り組める」という、自分たちが一番伝えたいメッセージが伝わりやすいデザインを決めることができました。
パッケージに入れるメッセージについても
「想いをつなぐ…みたいな言葉。身近なことをちょっとずつやっていく、みたいな言葉を入れたい」
と前向きな姿勢が見られました。

今回の講座の感想を、副部長の平野さんに伺いました。

自分たちの意見や絵があのように素敵な形になっていてとても驚きと喜びの気持ちでいっぱいでした。
人によって見るポイントや印象が違っていてワークショップで意見を出し合って自分と比較することが、とても良い刺激を受けました。
また、少し進行を体験してみて、話をまとめながら意見を引き出すことの大変さを感じました。

横浜市立東高校 サステイナブル研究部 副部長 平野 咲菜 さん

2022年1月の発売がとても楽しみですね!もちろん、ファンケル編集部でも、ご紹介していきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
次回更新をどうぞお楽しみに。

CATEGORY