FANCL CLIP

Q.青汁の商品について、それぞれの特徴を教えてください。

Q.青汁の商品について、それぞれの特徴を教えてください。

Q.青汁の商品について、それぞれの特徴を教えてください。

2021.5.17

サプリのはてな相談室

?

青汁の商品について、それぞれの特徴を教えてください。

青汁を試してみたいと思っていますが、冷凍タイプと粉末タイプがあったり、両タイプにもいろいろな商品があったりして迷っています。それぞれどんな商品なのか、特徴を教えてください。(45歳・女性)

A

食生活やお好みに合わせて、
4つのタイプからお選びいただけます。

ファンケルの青汁は、栄養値の高さから“野菜の王様”と称されるケールを原料としており、独自の製法を取り入れて、ケールの苦味を抑えた飲みやすい青汁に仕上げています。

各商品の特徴は下表をご覧ください。冷凍の「搾りたてケール青汁」は、生のケールを搾ってすぐに急速冷凍しているため、フレッシュな味わい。しっかりと野菜不足をおぎなうことができます。粉末タイプは、ファンケルならではの製法で、ダマや溶け残りを解消。水に入れた瞬間にふわりと広がります。スティックタイプなので、手軽に携帯できるのも魅力です。「1日分のケール青汁」は、しっかりとした味わいで積極的に野菜不足をおぎないたい方に。「1食分のケール青汁」は、さらっとした味わいで飲みやすさをお求めの方に。「1食分のケール青汁 大豆プラス」は、「1食分のケール青汁」に有機大豆、オリゴ糖、食物繊維をプラス。大豆のまろやかな味わいが楽しめ、初めて青汁を試される方や大豆成分を摂りたい方におすすめです。普段の食生活や味わいのお好みなどから、あなたにぴったりの青汁を見つけてください。

■冷凍タイプ

搾りたてケール青汁(冷凍)
商品名 搾りたてケール青汁(冷凍)
特徴 1杯に1日分の緑黄色野菜量
ケール生葉使用量
(1杯当たり)
120g
こんな方に
おすすめ
最も生(※1)に近い鮮度で野菜不足を
しっかりおぎないたい方
1杯当たりの
価格(約)※2
144円

■粉末タイプ

1日分のケール青汁 1食分のケール青汁 1食分のケール青汁 大豆プラス
商品名 1日分のケール青汁 1食分のケール青汁 1食分のケール青汁
大豆プラス
特徴 1杯に1日分の
緑黄色野菜量
1杯に1食分の
緑黄色野菜量
1杯に1食分の
緑黄色野菜量+
有機大豆、
食物繊維、
オリゴ糖
ケール生葉使用量
(1杯当たり)
120g 40g 40g
こんな方に
おすすめ
野菜不足をしっかりおぎないたい方 野菜不足の食事に手軽にプラスしたい方 野菜不足で大豆の
栄養も摂りたい方
1杯当たりの
価格(約)※2
159円 100円 129円
※1 ファンケル青汁シリーズにおいて
※2 30袋入り、30本入りの通常価格で算出

最も生に近い鮮度の冷凍青汁

搾りたてケール青汁(冷凍) 30袋入り 1箱(100g×15袋)×2 4,320円(税込)

搾りたてケール青汁(冷凍)
30袋入り
1箱(100g×15袋)×2 4,320円(税込)

商品詳細はこちら
商品詳細はこちら商品詳細はこちら商品詳細はこちら

しっかり1日分の緑黄色野菜量をチャージ

1日分のケール青汁 30本入り 4,752円(税込)

1日分のケール青汁
30本入り 4,752円(税込)

商品詳細はこちら
商品詳細はこちら商品詳細はこちら商品詳細はこちら

不足しがちな1食分の緑黄色野菜量を1杯に

1食分のケール青汁 30本入り 3,000円(税込)

1食分のケール青汁
30本入り 3,000円(税込)

商品詳細はこちら
商品詳細はこちら商品詳細はこちら商品詳細はこちら

1杯に緑の野菜力と大豆のパワー

1食分のケール青汁 大豆プラス 30本入り 3,855円(税込)

1食分のケール青汁 大豆プラス
30本入り 3,855円(税込)

商品詳細はこちら
商品詳細はこちら商品詳細はこちら商品詳細はこちら

サプリメントに関することなら、どんなことでもご相談ください。

私たち、専門スタッフがお答えします。

「私にぴったりの商品は?」「商品Aと商品B、どちらを買えば良いのか迷っている……」などサプリメントに関するご質問、ご相談を承っております。管理栄養士をはじめとする専門スタッフが、お一人おひとりに合った最適なサプリメントをご案内します。

サプリメント相談室

電話 0120-750-210

[月~土] 朝9時~夜9時 
[日・祝日]朝9時~夕方5時

携帯電話からもご利用いただけます。

  • *健康食品と薬の飲み合わせをお問合せの際は、予めファンケルの健康食品の商品名と薬の名前をご用意ください(煎じ薬など一部の漢方薬は対象外です)。
  • *薬を服用中の方および通院中の方は、お医者様・薬剤師とご相談のうえお摂りください。

CATEGORY