特別価格11/31(金)まで

今すぐできる生活習慣対策今だけ特別価格実施中!

確かな機能!機能性表示食品

  • 血圧が高めの方に 塩分、気をつけないと。 軽圧サポート
  • 中性脂肪が高めの方に 脂肪、摂りすぎかな? 健脂サポート
  • 血糖値が高めの方に 糖分、減らそうかな。 糖値サポート

続けて実感!

  • 外食・肉食が多い方に 多角的に働く3成分 植物性ステロール 紅麹 大豆イソフラボン外食・肉食が多い方に 多角的に働く3成分 植物性ステロール 紅麹 大豆イソフラボン

気になる数値を見てみましょう。

計圧けいあつサポート

血圧 計圧サポート

高めの血圧に、毎日の健康習慣を。

血圧低下作用のある成分を配合。

商品番号 5336

約30日分 180粒

通常価格

1,620円(税込)
特別価格 1,500円(税込)

カートに入れるカートに入れる

商品番号 5336-03

約90日分(徳用3袋セット)1袋(180粒)×3

通常価格

4,320円(税込)
特別価格 4,150円(税込)

カートに入れるカートに入れる
届け出
表示
本品にはイワシペプチド(バリルチロシンとして)が含まれます。血圧低下作用のあるイワシペプチド(バリルチロシンとして)は、血圧が高めの方の健康に役立つことが報告されています。

日本人の4人に1人は高血圧!

閉じる詳しく見る

塩分の摂りすぎが最大の原因といわれる、日本人の高めの血圧。
食生活の見直しと高めの血圧を下げる成分で、上げない習慣、始めませんか?

  • ※本品は、原材料の一部にそば、卵、ごまが含まれます。食物アレルギーをお持ちの方はお召し上がりにならないでください。
  • ※妊娠・授乳中の方、お子様はお召し上がりにならないでください。
  • ※体質により、長期間の摂取を続けるとまれにせきが出ることがあります。
  • ※主要成分・注意事項については「詳しく見る」よりご覧ください。

このページの先頭へ戻る

健脂けんしサポート

中性脂肪 健脂サポート

高めの中性脂肪が気になったら、すぐ対策を。

中性脂肪を減らす作用のある成分を配合。

商品番号 5345

約30日分 120粒

通常価格

2,047円(税込)
特別価格 1,850円(税込)

カートに入れるカートに入れる

商品番号 5345-03

約90日分(徳用3袋セット)1袋(120粒)×3

通常価格

5,503円(税込)
特別価格 5,250円(税込)

カートに入れるカートに入れる
届け出
表示
本品にはモノグルコシルヘスペリジンが含まれます。中性脂肪を減らす作用のあるモノグルコシルヘスペリジンは、中性脂肪が高めの方の健康に役立つことが報告されています。

女性は40代から中性脂肪が増加!

閉じる詳しく見る

中性脂肪値は、成人男性は10人中4人が高く、女性は女性ホルモンのバランスが変化する40代から上昇しがちに。
食事、運動、中性脂肪を減らす成分で、適正な値を目指しましょう。

Q. 「健脂サポート」は、数値が下がっても摂り続けたほうが良い?

閉じる詳しく見る

A. 中性脂肪値が高くなる原因はさまざまですが、普段の食生活に深く関係している場合、ご自身でも気づかないうちに高くなってしまうことがあります。中性脂肪値が高めの方は、数値が下がっても「健脂サポート」の継続使用をおすすめします。

  • ※本品は、原材料の一部にかに、オレンジが含まれます。食物アレルギーをお持ちの方はお召し上がりにならないでください。
  • ※妊娠・授乳中の方、お子様はお召し上がりにならないでください。
  • ※主要成分・注意事項については「詳しく見る」よりご覧ください。

このページの先頭へ戻る

糖値とうちサポート

血糖値 糖値サポート

早めのケアがコントロールの鍵。

高めの血糖値のお悩みにお役立ていただけます。

商品番号 5396

約30日分 90粒

通常価格

1,620円(税込)
特別価格 1,500円(税込)

カートに入れるカートに入れる

商品番号 5396-03

約90日分(徳用3袋セット)1袋(90粒)×3

通常価格

4,320円(税込)
特別価格 4,150円(税込)

カートに入れるカートに入れる
届け出
表示
本品にはバナバ葉由来コロソリン酸が含まれます。バナバ葉由来コロソリン酸は、血糖値が高めの方の血糖値を下げる機能が報告されています。

50代以上の男性の5人に1人は糖尿病予備軍!

閉じる詳しく見る

食生活に気を配っていても、血糖をコントロールする働きは加齢によって低下していきます。
食事のメニューや食べ方を工夫するとともに、高めの血糖値を下げる成分で、体の働きをしっかりカバーしましょう。

Q. 「糖値サポート」は「ケール健康茶」と一緒に摂っても良いの?

閉じる詳しく見る

A. 血糖値が気になる方におすすめの機能性表示食品として、ファンケルでは「糖値サポート」のほかに、「脂肪や糖が気になる方のケール健康茶」もご用意しています。2商品は成分が異なるため、併せてお摂りいただくことは可能ですが、まずは生活シーンに合わせて1商品をお摂りいただくことをおすすめします。食事のときにお茶を飲む習慣がある方には、「脂肪や糖が気になる方のケール健康茶」がおすすめです。

  • ※妊娠・授乳中の方、お子様はお召し上がりにならないでください。
  • ※主要成分・注意事項については「詳しく見る」よりご覧ください。

このページの先頭へ戻る

紅麹&植物性ステロール コレステ習慣

生活が不規則で、外食・肉食が多い方に。

栄養が偏った不摂生な食生活が続いたり、運動不足気味だと感じているときにおすすめ。

商品番号 5334

約30日分 120粒

通常価格

1,615円(税込)
特別価格 1,500円(税込)

カートに入れるカートに入れる

商品番号 5334-03

約90日分(徳用3袋セット)1袋(120粒)×3

通常価格

4,320円(税込)
特別価格 4,150円(税込)

カートに入れるカートに入れる

溜めない、増やさない。毎日の「コレステ習慣」

閉じる詳しく見る

一般に、食事から吸収する量は2割、体内で合成される量が8割といわれるコレステロール。食事と体内、両方からの対策が大切です。

食事と生活で心がけたいポイント

閉じる詳しく見る

  • こってりした肉食より、魚や野菜を。
  • タバコは吸わず、お酒も適量に。
  • 楽しく続けられる、適度な運動を。
  • ストレスを溜めず、十分な睡眠を。

「コレステ習慣」の3成分

閉じる詳しく見る

■植物性ステロール
豆類、穀物類、野菜に多く含まれる成分。食事からの摂取にアプローチします。
■紅麹
発酵食品に使われる麹の一種。体内で合成の調節に役立つといわれています。
■大豆イソフラボン
大豆に含まれるポリフェノールの一種。余分なコレステロールに働きかけます。
  • ※本品は、原材料の一部に卵、大豆が含まれます。食物アレルギーをお持ちの方はお召し上がりにならないでください。
  • ※妊娠・授乳中の方、お子様はお召し上がりにならないでください。
  • ※薬を服用あるいは通院中の方及び肝機能検査で異常のある方はお医者様とご相談の上お召し上がりください。
  • ※体質や体調によりまれに筋肉痛・脱力感・尿の色が濃いなどの症状が出る場合があります。その場合は摂取を中止し、お医者様にご相談ください
  • ※体質によっては、生理日がずれる場合があります。
  • ※主要成分・注意事項については「詳しく見る」よりご覧ください。

このページの先頭へ戻る

!機能性表示食品についてのご注意

  • ※本品は、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
  • ※疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。
  • ※食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。

健康診断、ここに注目!

健康診断の結果、毎年じっくりチェックしていますか?
特に中高年から注意したいのは、生活習慣にかかわる血圧、脂質、糖の数値。
気になる方は、毎日の食事や生活習慣を見直して、塩分や脂肪分の摂りすぎを避け、バランスの良い食事、適度な運動、十分な休息を心がけるなど、できることから改善しましょう。

(1)BMI BMl=体重(kg)÷身長(m)2基準範囲は18.5~24.9。25以上は、生活習慣病のリスクが高まります。 (2)血圧 厚生労働省の謂査(平成28年)によると、20歳以上の男性の34.6%、女性の24.8%が140mmHg(受診勧奨判定値)超え。あなたは大丈夫? (3)中性脂肪 男性は、年齢に関係なく増えやすい中性脂肪。女性も、更年期を過ぎたら増えやすいので、ご用心。 (4)コレステロール 女性は、更年期前後からLDLコレステロール値が上昇しがち。食べすぎ、過度の飲酒、運動不足には注意が必要です。 (5)血糖値 食事に気をつけていても、血糖をコントロールする慟きは年齢とともに低下します。毎年チェックしましょう。

(1)BMI BMl=体重(kg)÷身長(m)2基準範囲は18.5~24.9。25以上は、生活習慣病のリスクが高まります。 (2)血圧 厚生労働省の謂査(平成28年)によると、20歳以上の男性の34.6%、女性の24.8%が140mmHg(受診勧奨判定値)超え。あなたは大丈夫? (3)中性脂肪 男性は、年齢に関係なく増えやすい中性脂肪。女性も、更年期を過ぎたら増えやすいので、ご用心。 (4)コレステロール 女性は、更年期前後からLDLコレステロール値が上昇しがち。食べすぎ、過度の飲酒、運動不足には注意が必要です。 (5)血糖値 食事に気をつけていても、血糖をコントロールする慟きは年齢とともに低下します。毎年チェックしましょう。

POINT1 特定健診、受けていますか? 「特定健康診査」は、生活習慣病対策として、年1回40~74歳の医療保険加入者を対象に実施される診査。個人負担が少なく、必要に応じて保健指導も受けられます。お得な機会を有効活用して、健康管理に役立てましょう。

POINT2 数値の変化に注目しましょう。 保健指導判定値内でも、前の年と比べて大きく変化したときは、何かの不調のサインという可能性もあります。特に気になる項目がなくても、毎年「特定健康診査」を受けて、数値の変化を確認することが大切です。