40代からの瞳ケア40代からの瞳ケア

新聞や本、パソコンを見ていて生じる違和感…。「あれっ? なんだか見えづらい??」と感じたらケアの始めどきです。ぼや~っとしていた視界がクリアになれば、心も軽く晴れやかに。ポジティブな毎日のために、今日からできる瞳ケアを始めませんか?

お話をうかがった方 梶田 雅義先生

1983年福島県立医科大学医学部卒業後、カリフォルニア大学バークレー校研究員などを経て2003年に梶田眼科を開業。眼精疲労の診察や治療を行うほか、テレビの健康番組などでも活躍。

先輩からのアドバイスもあり、見えづらいと思ったら早めのケアが大事だと気づいたアイさん。
今すぐに始められる瞳ケアの方法をお伝えしていきます!

どうして見えづらくなるの?

まずは見えるしくみをお勉強。なかなか自分では気づきづらいですが、年齢とともに確実に瞳に変化が起きています。

目が老化し、ピント調節力が低下することが原因

「手元の文字が見えにくい」「ぼやける」。それは目の老化が始まっているサイン。誰にでも起きる現象で、個人差はありますが40歳前後でピントを調節する力が衰え、不便を感じ始める人が増えます。また、おうち時間が長くなり、パソコンやスマホを見続けたり、趣味の読書や手芸など細かな作業をしたりすることで遠くを見ることが少なくなり、目は過酷な状況に。放っておくと、目の老化はどんどん進んでしまいます。
お肌や髪の毛だけでなく、エイジングケアが必要な ず、目もしっかりケアしてあげましょう。

目のしくみ

近くのものを見る場合:毛様体が緊張して水晶体が厚くなり、近くにピントが合う。 遠くのものを見る場合:毛様体は弛緩して水晶体は薄くなり、遠くにピントが合う。

目の老化が進むと、水晶体の弾力性が失われ、近くにピントを合わせづらくなる。また長時間近くのものを見すぎると、毛様体が緊張しっぱなしになり目に疲労が蓄積。老化が進む原因に。

目がしょぼしょぼする、いつもよりまぶしい、肩コリ、目や頭が重い、首筋が痛むなど目の不調が体の不調につながることも!!

今すぐにできる瞳ケアって?

普段の生活の中でできる瞳ケアをご紹介。目の老化は避けられませんが、早いうちから対策することで進行を緩やかにすることができます。

1 こまめに遠くを見る

10分に1回、1~2秒でいいので遠くを見るように意識しましょう。遠くといってもぎりぎりピントが合う距離でOK。ピントの距離を変えることで、ピント調節に大切な毛様体を動かし、目に疲労が蓄積するのを防ぎます。

2 1日の終わりに目を温めていたわる

40℃程度の少し熱めのお湯に浸して絞ったタオル、もしくはレンジで温めた濡れタオルをまぶたのうえに乗せてリラックス。血行を良くし、目の疲労回復に。

3 目をサポートする栄養素を摂る

黄斑部に存在する「ルテイン」のほか「アスタキサンチン」も積極的に摂りたい栄養素。「ベータカロテン」、「DHA」、「アントシアニン」なども一緒に摂って健やかな目を目指しましょう。

ルテインを多く含む食材:ほうれん草、とうもろこし、ブロッコリー、ケールなど アスタキサンチンを多く含む食材:さけ、えび、かになど ベータカロテンを多く含む食材:にんじん、ほうれん草、かぼちゃなど DHAを多く含む食材:いわし、サバ、まぐろなど アントシアニンを多く含む食材:ブルーベリー、黒大豆、赤ワインなど

人生100年時代。40歳前後で目の不調を感じたら、その後も60年くらいは上手につきあっていかないといけないのね…。
目の老化は誰もが避けられないことだけど、いつまでも美しいものを見て美しいと感じたり、新しい出会いや発見にワクワクできる私でいられるよう、早めにきちんと対策しなくちゃ!

参考:梶田眼科HP「コロナIT眼症候群」(http://www.kajitaganka.jp/coronaAstenopia.html)、『眼科医がすすめる目の不調を感じたら毎日食べたい料理』平松 類監修(KADOKAWA)ほか

「手元のピント調節力」と「ぼやけの緩和」に

えんきん

2,160円(税込)~

  • ※1:「手元のピント調節」機能
  • ※2:「ぼやけの緩和/黄斑部の色素をふやす」機能は、機能性関与成分に関する成分研究評価です。

他の記事を読む

  • 今すぐ始める代謝UP新習慣
  • 「プラズマ乳酸菌」のメカニズムに注目!!
  • 40代からの瞳ケア
  • 元気な体づくりは「血圧」「肥満」の見直しから