ビタミンCを摂るとコラーゲンが増える?

コラーゲンは、ビタミンCがなくては正常なものを作り出すことができないと言われています。両者の関係について知るとともに、上手に摂取する方法にはどういったものがあるかをご紹介します。

ビタミンCを同時に摂るとコラーゲンが増える

コラーゲンの合成には、ビタミンCが欠かせないとされています。コラーゲンはまず、プロコラーゲンという形になりますが、この状態では未熟なままです。そこにビタミンCが加わることで、強い三重のらせん構造を作り上げ、働きを高めるのです。また、ビタミンCは、強いコラーゲンを作り出し、その生成量を増やす働きを持っています。これが、ビタミンCと同時に摂取することが重要と考えられている理由です。

コラーゲンは、ビタミンCが欠乏すると十分に生成されず、肌の弾力やハリがなくなり、膝の関節なども弱くなってしまいます。そのため、コラーゲンを体内で生成しようと考えているのであれば、必ずビタミンCも一緒に摂るようにしましょう。

ビタミンCの効果とは?

コラーゲンの合成に必要なビタミンCは、美肌のために重要な働きをすると考えられています。ビタミンCの働きと効果には、次のようなものがあります。

・アンチエイジング効果
ビタミンCには抗酸化作用があり、細胞の老化を食い止める働きを持ちます。紫外線やストレスによって酸化するのを防いで、肌荒れを予防してくれます。

・免疫力をアップさせる
風邪をひいた時にはビタミンCを摂るといいと言われています。それは、ビタミンCに免疫力を高める働きがあるからです。体内の免疫機能だけでなく、肌の免疫機能も高めてくれるので、健康で強い肌を作るために必要とされる栄養素なのです。

・抗ストレス効果
ビタミンCは、抗ストレスホルモンの合成をサポートする働きを持ちます。そのため、ビタミンCが不足するとストレスを感じやすくなるということもあります。

このように肌や体にとっても重要な働きをするビタミンCは、美肌作りには欠かせない栄養素なのです。

コラーゲンを増やすビタミンCの効果的な摂取方法

細胞の生まれ変わりを促す成長ホルモンが出るのは、睡眠直後だそうです。このことから、ビタミンCとコラーゲンを摂取するのは、眠りにつく1〜2時間前がいいとされています。

コラーゲンサプリメントやコラーゲンゼリー、パウダーなどを飲む際も、キウイやグレープフルーツ、キャベツやブロッコリーなどのビタミンCを多く含む果物や野菜などと一緒に摂ることをオススメします。ビタミンCは熱に弱いという性質があるので、生で食べるといいでしょう。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

このコラムを読んだ人は以下のコラムも読んでいます。

ファンケル特集コラム