8月のご自愛のツボ8月のご自愛のツボ

これって夏バテ?これって夏バテ?

夏バテかなぁ、と思ったらお試しください。

夏バテかなぁ、と思ったらお試しください。

その夏バテ、「冷え」が原因ではありませんか?その夏バテ、「冷え」が原因ではありませんか?

年々厳しさを増す日本の夏。
最高気温が40℃を超える地域も珍しくありません。

だから、夏バテの原因は「暑さ」と思っていませんか?
実は現代型の夏バテは
「冷え」に原因があることも多いのです。

冬とは違う冷え対策で、夏バテを撃退しましょう。

夏バテになりやすい4つのタイプとは?夏バテになりやすい4つのタイプとは?

真夏の炎天下の屋外とエアコンの効いた屋内では、温度差が15℃以上になることもあります。
そんな気温差の激しい室内と屋外を行き来することで、体力は消耗し、自律神経は乱れがちに。冷たい飲み物・食べ物ばかり摂っていると、胃腸が冷えて機能が低下、栄養不足になることさえあります。

最近では、熱中症対策で夜エアコンをつけたまま寝ることも当たり前になりました。
しっかり睡眠をとるために有効な手段ではありますが、温度設定が低すぎれば体が冷えて肩こりや頭痛を引き起こしたりします。
夏バテの原因は一つではありませんが、「冷え」が関わっていることも多いのです。

あなたは大丈夫?夏バテになりやすい4つのタイプあなたは大丈夫?夏バテになりやすい4つのタイプ

夏バテは誰にでも起こり得るものですが、次の4つに当てはまる人は特に注意が必要です。

TYPE01冷え性タイプTYPE01冷え性タイプ

全身の血流が滞ると体のすみずみまで
栄養や酸素が行き渡らず、パワー不足に。

TYPE02寝不足タイプTYPE02寝不足タイプ

睡眠によって体力が回復できないため、
疲れが溜まりやすい。

TYPE03胃腸が弱いタイプTYPE03胃腸が弱いタイプ

胃腸の消化吸収不良で栄養不足になりやすく、
夏を乗り切るスタミナも不足しがち。

TYPE04汗をかくのがヘタなタイプTYPE04汗をかくのがヘタなタイプ

体温調節がスムーズにできず、
身体に熱がこもって疲れやすい。

夏には夏の冷え対策を!夏には夏の冷え対策を!

日常の小さな行動の積み重ねが冷えを蓄積していきます。
「夏バテしちゃった」と感じている人は、5つの小さな行動変容から始めてみましょう。

TIP01室内ではショールを常備TIP01室内ではショールを常備

汗は蒸発するときに体の熱を奪って自然に体を冷やしてくれる大事なしくみですが、そのままエアコンの効いた室内に入ると、汗による冷却とエアコンの冷気のダブル冷却で一気に冷えます。夏服には吸湿性は高くても乾きにくい木綿より、乾きやすい化繊や麻、シルク素材がおすすめです。

そして室内では、熱を放出しやすい首、二の腕の後方、ひざなどはあまり露出させないようにしたいもの。
大振りのショールは必携です。必要に応じて二の腕や首を覆ったり、ひざ掛けにしてひざの裏側まで包み込むと脚の温かさがアップします。

TIP02こまめに体を動かす習慣をTIP02こまめに体を動かす習慣を

夏バテの原因が「冷え」にある人の共通項は、血流の悪さです。血のめぐりがよくなると身体の冷えが改善されるため、身体のすみずみまで栄養が行きわたりやすくなり、自然と自律神経が整い、ストレスにも強くなります。

「1時間に一度は休憩して階段の上り下りをする」「トイレに行く度にストレッチする」などルールを決めて積極的に身体を動かしましょう。

TIP03温かいものを一品プラスTIP03温かいものを一品プラス

朝はパンにフルーツにアイスコーヒー、ランチは冷やし中華やざるそば、夜はビールを飲みながら冷奴とお刺身……。
気がつけば冷たいものばかり食べていませんか?これではまるで胃に保冷剤を入れているようなもの。体が冷えるのも当然です。

食事の際には温かい汁物や加熱した料理を、飲み物はホットにするなど、温かい一品をプラスしましょう。
にんにくやショウガには冷え性改善の効果が期待できるので、汁物にすりおろして加えるのもいいでしょう。

TIP04スタミナ食は逆効果!?TIP04スタミナ食は逆効果!?

夏になると、「バテないようにスタミナつけなきゃ!」と、脂たっぷりの肉やうなぎなどを積極的に食べる人もいます。
でも、胃腸が弱っているときには負担がかかりすぎて逆効果に。さらに、スタミナばかり重視してビタミンやミネラルを多く含む野菜が不足すると、せっかく摂った栄養をエネルギーにうまく変換できません。むしろビタミンやミネラルが摂取できるトマト、オクラ、ピーマンなどの夏野菜を積極的に摂りましょう。

食欲がない時は、ショウガやシソ、ミョウガなどさわやかな香味野菜や、クエン酸が含まれるレモン、梅干し、黒酢などを上手に利用して食欲増進を。サプリメントも併用しながら栄養バランスを整えましょう。

TIP05湯船に浸かるTIP05湯船に浸かる

人は日中の行動で体温がきちんと上がり、夕方以降に活動が減って体温が下がる時に眠気が現れます。
ところが、日中は運動不足で十分に熱が上がらず、極端な薄着や食生活で冷えをため込んでいる体は、夜になってからの体温低下の差が乏しく、眠りにつきにくくなります。

入浴せずにシャワーだけというのも体温の上昇は乏しいもの。夜、ベッドに入る2時間ほど前に入浴で少しだけ体温を上げましょう。その熱が冷めるときに寝入ると、いい眠りが訪れますよ。

監修・福田千晶(ふくだちあき)さん

医学博士・健康科学アドバイザー。1988年、慶應義塾大学医学部卒業。東京慈恵会医科大学リハビリテーション医学科の医師を経て、健康科学アドバイザーとして活動。執筆や講演、メディア出演を行っている。著書に、『そもそも血糖値ってなんですか?』(主婦の友社)『夏に負けない身体をつくる ホントはコワイ夏バテ51の対策』(日東書院本社)ほか多数。

今月のおすすめ今月のおすすめ

本格的にバテる前に、手軽な食養生も取り入れてみては?黒酢やにんにくのパワーで、内側から元気をサポート!本格的にバテる前に、手軽な食養生も取り入れてみては?黒酢やにんにくのパワーで、内側から元気をサポート!

クエン酸やアミノ酸がおいしく摂れる! 黒酢に黒麹もろみ酢と完熟梅酢をブレンド。毎日の健康づくりに! 「毎日飲む 健康黒酢」 *商品詳細ページでカンタン活用レシピも掲載中。クエン酸やアミノ酸がおいしく摂れる! 黒酢に黒麹もろみ酢と完熟梅酢をブレンド。毎日の健康づくりに! 「毎日飲む 健康黒酢」 *商品詳細ページでカンタン活用レシピも掲載中。

1日の目安24ml程度希釈タイプ(3倍~)1日の目安24ml程度希釈タイプ(3倍~)

[約30日分/720ml×1本]

2,300(税込)

お客様の評価は4.6!*2021年6月現在 にんにくの元気パワーを生み出す酵素が生きたまま腸まで届く! 「酵素にんにく卵黄」お客様の評価は4.6!*2021年6月現在 にんにくの元気パワーを生み出す酵素が生きたまま腸まで届く! 「酵素にんにく卵黄」

1日の目安2粒1日の目安2粒

[約30日分/60粒]

1,680(税込)