プロの眼が選ぶ 名品クローゼット

写真撮影のプロ椎名トモミさんが商品の魅力をご紹介! すっぽりレース

写真撮影のプロ

椎名トモミさん 写真家 写真講師

家族写真の出張撮影、料理写真、商品撮影のほか、ママのためのフォトレッスン教室を開催。初心者向けのレッスンの参加者は7年間で延べ3000名を超え、2018年には日本実業出版社より『このとおりにやれば必ずキレイに写せる子ども写真の撮り方』を上梓。2020年3月には台湾で翻訳版も発売された。国内最大のカメラ関連展示会では講座やカメラ初心者向けのイベントで「ケーキを美味しく撮る」などの講師を担当し、合計5本のセミナーに登壇。

動きが激しい子どもの撮影時も“ショーツがズレません。”

撮影って想像以上にアクティブに動くんです。

子どもの撮影はかがんだり地べたに座ったり、不規則な動きが多く、撮影のときは動きやすい服を着ます。撮影のときは子どもを撮ることだけに専念しているので、着ている服などに気を取られないようにしています。

ショーツのラインが出ないので注目をあつめても安心。

私は写真の撮り方のセミナーでステージに登壇する機会も多いです。仕事のときはいつもパンツスタイルなので、多くの人の前に立つときに、ショーツのラインが表にひびいていないかなどを気にしなくていいのもうれしいです。

汗かきなので綿が好き、肌触りの良さも魅力です。

外での撮影も多く、もともと汗かきなのでなるべく綿のショーツを選んでいます。綿素材のショーツは肌触りが固い感じがするものも多いですが、このすっぽりレースは肌触りが柔らかく気持ちがいいです。もう手離せませんね。

椎名さんが着目した3つのポイント

Point1

締めつけ感がなく動きにフィットする立体裁断。

このショーツは、身に着けていることを忘れるような心地よさがありますね。おしりの部分がしっかりと包まれているのに、肌にフィットしすぎる感じでもなく、立ったり座ったりしてもおしりに添ってショーツが自在に動きます。ズレて足やおしりにくい込むこともなく、立体裁断のすごさを実感しますね。

脚を上げてもくい込まない しゃがんでもズレたりしない

Point2

表にひびきにくく、なめらかなストレッチレース。気持ちも上がります。

後ろの足口部分のレースのおかげで、表にひびきにくいのもうれしいポイントです。肌触りもなめらかで、このやさしい感触はレースでは珍しいキュプラという素材を使っているからだそう。仕事のときはもちろん、お友達と食事に出かけるときなど気分が華やかに盛り上がりますね。

ひびきにくい 植物由来のキュブラを編み込んだ日本製の「なめらかタッチレース」

Point3

毎日はくものだから、オーガニックコットンが気持ちいい。

このすっぽりレースは素材が肌に擦れたりすることもなく、はいていて違和感や肌ストレスが全然ありません。オーガニックコットンのやさしさに包まれる感覚が、ほかのショーツにはない魅力です。転写プリントや平らな縫製などの心配りもうれしいですね。

過去の記事