プロの眼が選ぶ 名品クローゼット

しぐさ美人を作るプロ 佳乃(Kano)さんが商品の魅力をご紹介! 「すっぽりシンプル」

美しいしぐさを教えるプロ

佳乃(Kano)さん しぐさ美人きれい塾主宰 しぐさ美人メソッド 準師範・エキスパートコーチ 日本所作協会 インストラクター

着物の究極の美は美しい振る舞いにあると感じ、SMBしぐさ美人メソッド 「公認指導講師・準師範・エキスパートコーチ」、日本所作協会「インストラクター」を取得。一般社団法人伝統色彩士協会の和のパーソナルカラーを学び「伝統色彩士認定講師」を取得。他装の着付け師2級。「しぐさ美人きれい塾」を主宰。美しくありながらラクである着物での身体の使い方、身のこなし方のお稽古やパーソナルレッスンを中心に、着物の撮影会や着付け教室などでイベントを開催。

浴衣を着るときは、”ショーツにも気配りを。”

浴衣姿の美しさは、姿勢と手のしぐさ、歩き方。

浴衣姿を美しく見せるには、頭から足までをすっと1本の軸のようにまっすぐにすること。おなかを引きしめ、肩甲骨を下げて頭は重さを感じない位置に保ちます。手の指は揃えてしぐさはゆっくりと。歩くときは小股を意識します。

歩くときは、自分の身体の動きに感覚と意識を集中して。

内ももに薄紙をはさむ感覚で、帯部分の大腰筋から脚を動かす意識で骨盤を引き上げ、小股で歩きます。慣れるまでは自分の身体の動きを感じながら歩いてください。意識が集中できる、はいていることを忘れるようなショーツがおすすめです。

目立つ後ろ姿。ひびきやすい浴衣は肌着にも要注意。

浴衣は後ろ姿、特におしり部分が目立ちます。おしりから足への裾つぼまりの美しい流れを出すためには、おなかをキュッと引きしめおしりが丸く出ないようにします。ショーツのラインも目立ちやすいので、肌着に気を配ることも大切です。

画像は限定色 クリーム

画像は限定色 クリーム

佳乃さんが着目した3つのポイント

Point1

はいているのを忘れてしまう気持ち良さですね。

締めつけ感が全然なく、はいていて気持ちがいい、というのが一番の魅力ですね。歩いても座ってもくい込んだりズレたりがなく、ウエストや足ぐり部分も肌あたりが良く、ゴム跡がついて肌への刺激になることがありません。このショーツを使ったら、もう他のショーツには戻れませんね。

立っても、座ってもズレたりしない

Point2

なめらかですべりのいい感覚がすごく好きです。

素材自体がなめらかで、着物用の肌着との摩擦がないするりとした感触がすごく好きです。綿なのにふんわりとやわらかな肌触りの心地よさは、このショーツならではの魅力ですね。また吸汗性も良く毎日気持ち良く過ごせます。

肌触りが気持ちいい!

Point3

淡い色生地の浴衣でも表にひびかないのもうれしい。

夏の着物や浴衣は薄手の素材なので、とくに肌着には気を使います。このショーツは、ウエストや足口はもちろん、縫い目もごろつきにくく着物にひびきません。年間を通して肌着に気を使わずに好きな着物を着られるのがうれしいですね。

極薄のオリジナルゴム

過去の記事