プロの眼が選ぶ 名品クローゼット

掃除のプロ 樽川めぐみさんが商品の魅力をご紹介!すっぽりシンプル

ハウスクリーニングのプロ

樽川 めぐみさん お掃除アドバイザー 株式会社横浜GLITTER「キラッとハウス」専務取締役

アメリカまで清掃の資格を取りに行くくらいの清掃オタク。「キラッとハウス」の「めぐみ専務」としてSNS上の認知度も高くファンも多い。清掃業、清掃部門に携わる企業に向けて、オンラインサロンの運営や講座、コンサルティングも実施している。清掃の認知拡大を目指して活躍中。

この“ショーツの心地よさ”は、もう手離せませんね。

掃除は立ったりしゃがんだり、動きが多い仕事です。

掃除の仕事は動きが多く、機材を使って床を洗った後、しゃがんで隅を掃除したり、一日中こまごまとずっと動いています。仕事中にショーツがくい込んだりズレたりすると、気になって集中できないので、動いてもズレないこの「すっぽりシンプル」が気に入っています。

気分が大きく変わるのでショーツ選びにはこだわります。

仕事のときはストレスフリーの快適ショーツを。おしゃれ気分を楽しみたいときは可愛いデザインを、と使い分けていますが、この「すっぽりシンプル」は肌にやわらかくなめらかな感触が好きで、毎日つい選んでしまいますね。心地よいので仕事中も気持ちが上がります。

質問1

毎日のお仕事でのこだわりはどんなことでしょうか?

幅広い知識と技術力で、とことんきれいに。

“落とせない汚れはない”というのが私たちの会社のポリシーですが、それだけに掃除には細かい部分まで気を使います。強い洗剤を使いながらも床材などの素材を傷めずにきれいにしていくためには、技術力だけでなく経験も含めたさまざまな知識を活用し、細心の注意を払いながら、集中力をもって作業をしていくことが必要なのです。そんなときは、この「すっぽりシンプル」のように身に着けていてもまったく違和感のないショーツが心強い味方です。ショーツは地味な存在ですが、いい仕事をするためには重要なアイテムだと思いますね。

質問2

このお仕事をしていてうれしいと思われることは何でしょうか?

お客様からありがとうと感謝されたときですね。

掃除をする場所でいちばん難しいといわれているのは浴室です。浴室はいろいろな汚れが混じり合っているため幅広い知識と高い技術力が必要となり、浴室の掃除で職人の腕がわかるといわれているほどです。そんな浴室の掃除終了後にお客様に感謝されたときは、本当にうれしいですね。この仕事を続けてきて良かったなと心から思います。また一般家庭のハウスクリーニングの場合、お客様の前でお掃除をすることもあるため、掃除道具に気を配ることはもちろんですが、自分の見た目にも気を配ります。この「すっぽりシンプル」はラインがひびかないので、見られていても安心して作業ができます。

質問3

今後のビジョンなどについてお聞かせください。

職人技を伝えながら、ハウスクリーニングの魅力をもっと多くの方に。

掃除の世界にはすぐれた技術を持っている方が多いのですが、その技術を学べる場所がありません。このままではその貴重な技術を伝えられない心配と、職人が学べる場所をつくるということでセミナー事業を始めました。ハウスクリーニングはまだまだ始まったばかりのサービスですが、この魅力をもっと多くの方に体験していただき、毎日の生活の中に取り入れてほしいと掃除の仕事を続けています。

過去の記事